金津園の雑費は1本いくら引かれる?他にも税金とか取られるの?

風俗店で働いている嬢からしたら雑費は憎い存在でしょう。
せっかく稼いだお金から仕事数×千円だったり、1日3千円といった額が雑費として引かれていくからです。
金津園の雑費を始めとした引かれもの事情はどうなっているのでしょうか。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

雑費の額

お店による

風俗で1度でも働いたことがある人は分かると思いますが、稼いだお金から必ず雑費を引かれ、残ったとして嬢の給料となるのです。
稼いだお金を丸々貰えたらこんなに稼げていたのに、と嘆いた人は多いと思います。お金が手取り

雑費がいくら引かれるのかはお店によって違っていて、高いところもあれば安いところもあります。
また、つい最近出来たような風俗店になると、雑費自体無いお店まで登場してきました。
これは多くの風俗嬢にとっては朗報ではないでしょうか。
雑費が無ければ稼いだお金が丸々自分のものになりますからね。
実は、雑費が無い風俗店にはちょっとしたカラクリがあることが多く、バックが安く設定されていたりするのです。
すでに雑費の分のお金をバックから引いているため、雑費無しと出来るのでしょう。

雑費は無いけどバックは低い、雑費があるけどバックは普通、いったいどちらがいいのでしょうか。
結局手取りは変わらないので、それぞれの気持ちによって受け取り方は変わってきそうです。

雑費として具体的に引かれる額

雑費として引かへれる額はだいたいどこも同じで、1番多いのは仕事1本につき千円になります。
これは高級店、中級店、大衆店、激安店共に変わらず、千円が基本となるお店が多いようです。

他にあるのは、1日出勤するだけで3千円というお店もあります。
1日に何本も仕事に着けるならそれでも稼げますが、バックが安い大衆店や激安店のショートコースの仕事がたった1本のみの日は悲惨でしょう。
バックを1本1万円と仮定し、雑費を引かれてしまうと7千円しか残らず、ヘルス並みの手取りになってしまいます。
これではまったく稼げません。

ショートやロング、というコースの違いによって雑費の額が変わるお店もあり、写真指名や本指名、フリーでも変わる場合があるそうです。
さらに、仕事をこなせばこなすほど雑費の額が増えていくような悪質なお店まであるのです。
お店の利益は欲しいけど、嬢には稼ぎを渡したくない、という考えから考案されたのだと思います。
仕事をすればするほど稼げないようにするのはお店としてどうかしています。
嬢のやる気は長続きせず、稼げる嬢はもっと待遇が良いお店に移籍してしまう可能性が高いでしょう。

金津園には雑費だけではなく粗品代というものを手取りから引くお店もあり、これは約千円ほどだそうです。
粗品代は読んで字の如く粗品を購入するためのお金で、主にお店からお客さんに物を購入する時に使われるものになります。
正直、お店の売り上げから捻出するべきものだと思います。

雑費以外に引かれるもの

ボーナス

最近ではボーナスを無くしているお店も出てきましたが、金津園には昔から経営しているお店が多いため、おそらく金津園内のだいたいのお店はきちんとボーナスを引いていると思われます。

ボーナスは嬢が貰えるお金ではなく、お店で様々な雑用をしているボーイに渡すためのお金で、嬢からボーイに渡すことからボーナスという名前になっているそうです。

ボーナスで支払う額もお店によって違いがあり、いつ徴収されるかもお店によって変わってきます。
毎月千円で集めているところもあれば、半年に1回、1年に1回のところもあるのです。
元々バックが安い激安や大衆ではどうなっているのか知りませんが、高級店だとかなりの額をボーナスとして引かれるとのこと。
ボーイのために万単位で引かれることが多いそうです。

税金

税金は国や県に収めるお金ではなく、ただ単にお店に払うためのお金のことを言います。
雑用やボーナスとはまた別に引かれるもので、用途は不明です。
お店の経営のために使われるかもしれませんし、備品の購入で雑費が足りなかったりした時に使われるのかもしれません。

引かれる額は確かめておくこと

今まで紹介した雑費、ボーナス、税金と、とにかく手取りからはちまちまと引かれています。
平均的な額を引かれていれば問題ありませんが、悪質なお店によっては信じられない額の雑費や税金を差し引くことがあるのです。
そして、手取りがバックの半分に、みたいなことになってしまいます。
そうならないためにも、何がいくら引かれているのかをきちんと把握し、何に使われているのかも知っておいた方が良いと思います。

業界が初めての新人嬢は、特に注意です。
何も分かっていないことをいいことに大きい額を雑費として引かれていたりするからです。
周囲の嬢に雑費はいくら引かれるのかなど、引かれものについて聞いておいた方がいいでしょう。
頑張って働いた分のお金はきちんと貰うべきです。

なぜ払う必要があるのか

雑費やお茶代

お茶代はお客さんが飲むためのドリンク代で、それはどこも嬢が負担しています。
雑費に含まれていることもあるようです。
雑費の用途は、嬢が仕事するために必要な備品の購入で、コンドームやローションなどになります。

お店で働いている嬢が仕事で使うからお店で買えばいいのに、と疑問に思う人がいるでしょう。
実際はそうするべきなのですが、ソープを経営していくための法律がそうさせてはくれないのです。
ソープは本番が出来る風俗として国から合法的に認められていて、そこにはあるカラクリがあります。
それは、働いているソープ嬢はお店から雇われてお客さんと性的サービスを提供しているのではなく、お客さんと嬢との自由恋愛としてソープでの本番が認められているのです。
自由恋愛だから本番をするのは違法ではない、愛し合っている2人であれば当然の行為だ、というわけです。
上手い抜け道だと思います。

あくまでも自由恋愛として性的サービスを提供しているので、嬢のお金で本番行為に必要な物を買わなければいけないのです。
もし売り上げでお店が本番行為に必要な備品を購入してしまい、それを嬢が使用してしまうと、お店から強制されて本番行為をした、という風になってしまうのです。
自由恋愛が成り立たなくなるため犯罪となってしまいます。

ボーナスと税金

ボーナスと税金は雑費より簡単に説明が可能で、法律やら何やらはまったく関係ありません。
この2つはただ単にソープの昔からの名残りで、ソープが出来た時からボーナスと税金を徴収しているために今も変わらず徴収しているのです。

常日頃お店の雑用をこなしているボーイがいないと風俗は成り立ちません。
日頃の感謝を込めてボーナスを払うくらいはしてもいいと思います。

税金は、税金という名目で自分の私腹を肥やしている経営者がいそうなため何とも言えません。
昔からの伝統と言えば聞こえはいいですが、嬢からしたらよく分からないですよね。

まとめ

金津園の雑費を含む引かれもの事情について説明してきました。
引かれるものは結局お店によってまったく額が違うので、引かれ過ぎではないかと疑問に思ったら同僚に確認してみましょう。
特に、新人嬢は要注意です。

雑費以外にもボーナス、税金といったものがあります。
大衆や激安というバックが安いソープ店で働いている嬢からしたら、手取りが少なくなる原因なので辞めて欲しいと思っている人がほとんどでしょう。
雑費はお店によって様々です。
少しでも雑費が安いお店に移籍するのも手だと思います。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

大手・グループ風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました