デブスですが名古屋なら箱ヘルとデリどっちが稼げる?

名古屋で稼ぐなら箱ヘルとデリどちらがいいでしょうか。
容姿に自信がないのなら、箱ヘルがいいと思われます。
デリはネット指名がよくないと回りません。
写真がよくないとデリで指名はなかなか入らないでしょう。
それに移動時間があり、ロングコースが多いと1日の本数は限られてきます。
デリのメリットは裏引きすれば稼げるかもということと、深夜まで働けることです。
裏引きはいろいろ問題がありますのでお勧めしません、それに、名古屋のデリは本番する気がなくても本強してくる客がいるのです。
バック率はデリのほうがいいですが、指名が入らなければ結局は稼げません。
つまりデリは容姿に関係なくガッツリ稼ぐにはむいてないのです。
容姿に自信がなく、箱ヘルとデリを比べるなら箱ヘルのほうが稼げるのです。

容姿に自信がないのなら箱ヘルです

というわけで名古屋でガッツリ稼ぐなら箱ヘルがおすすめです。
容姿に自信がないのなら、ネット指名やパネル指名は望めません。
ですが、頑張っていれば店からフリー客をつけてくれます。
そこでがっつりハードサービスをすれば、指名が付くでしょう。
箱ヘルはデリに比べてバック率が低く、夜遅くまで働けないので稼ぐには不利に見えます。
ですが、名古屋の箱ヘルは営業時間が長く、そして早番からお客さんがやってくるのです。
8時から営業している箱ヘルもあるくらいです。
そんな時間から営業してなぜお客さんがやってくるのでしょうか。
その理由は出張です。
名古屋は出張でやってくる人が大勢いるのです。
そして出張から地元に帰るついでに風俗による人が多いのです。
出張で名古屋に来るビジネスマンは30代~40代のお客さんが多くいです。
その年代のお客さんは、遊ぶことに慣れていてとても良い客層です。
なので、精神的に病むこともなく、オーラスで働くことも出来るでしょう。
だから早番でも稼げます。
名古屋では箱ヘルでも早番からフリー客がやってくるのです。
そして、箱ヘルにもいろいろジャンルがありますが、容姿に自信がないならマットヘルスがおすすめです。

箱ヘルならマットがおすすめ

名古屋の箱ヘルならマットヘルスがおすすめです。
マットヘルスなら容姿や体形に厳しい基準がありません。
それに巨乳なら武器になります。
マットをやったことがなくても、ちゃんと講習してくれるので問題ありません。
もちろん女性の講習員です。
最初はとまどうかもしれませんが、きっちりとテクニックを勉強しましょう。
そしてマットは普段使うことのない筋肉を使うので、最初は筋肉痛に苦しむかもしれません。
でも、一度マットの技術を身に着けて、筋肉がつけばマットは楽で安全な仕事です。
責めるのがほとんどなので、仕事はルーチンワークになります。
また、本強をしてくるお客さんも、こちらが攻める側なのでかわしやすいです。
マットはマット好きのお客さんが客層です。
そしてマット好きのお客さんは、容姿よりもマットのテクニックを重視します。
あまり本強をしてくる人はいません。
マットのテクニックが上手ければ、次は指名してくれるでしょう。
それに最初はイベントなどのフリー客を狙えます。
イベントなどで割引され、フリー客が多い時間帯があるのです。
イベントのフリー客でも、ハードサービスをして頑張れば指名もとれるでしょう。
高級店ならバックも高いです。
マットは90分以上のコースが多いので、そんなにガッツリ働かなくても稼げます。
容姿に自信がなくても、マットならサービス次第でガッツリ稼げるのです。
ただ、ローションが体に合わないとマットで働けません。
そうなると普通の箱ヘルになるでしょう。
箱ヘルでも出張客や普通のヘルスが好きなお客さんはやってきます。
ただ、ショートが多く回転重視で稼ぐスタイルです。
そうなると働きすぎて病みやすくなるでしょう。
デリよりは移動時間がなくて、バックが安い分回転率で稼ぐスタイルです。
本強してくるお客さんもいます。
慣れれば楽勝でかわすことができるようになりますが、箱ヘルで本番は絶対にダメです。
無理だと思ったらすぐに男性スタッフをコールして呼びましょう。

栄の酔客もねらい目

ガッツリ稼ぎたいなら栄にある箱ヘルがいいでしょう。
遅番や週末は酔っ払いがやってきます。
相手をするのはめんどくさいですが、その分競争相手は少ないです。
酔客相手にサービスをやりたがらない嬢が多いので、よく回るのです。
酔客は触感がにぶってますが、ガンガン動いて速攻で射精させれば問題ありません。
本強したりしてきますが、慣れればあっさりかわせるようになります。
ガッツリ稼ぐには、競争相手のいない仕事で働いたほうが稼げます。
競争相手がいない仕事というのは、人があまりやりたがらない仕事です。
酔客はたしかに乱暴でめんどくさいです。
だから、多くの嬢は繁華街の遅番はあまりやりたがりません。
競争相手が少ないのです。
その分、ガッツリと稼ぐことができるのです。
酔客の相手も、風俗も結局は慣れです。
どうしようもなくなったら男性従業員をコールすればいいのです。
たいしたことではありません。
それよりも、繁華街で酒を飲んで酔っ払ったら、男性は性欲を満たそうとします。
その欲望は女性からは想像もつかない巨大なものです。
繁華街の箱ヘルの遅番というのは、そのような巨大な市場を相手にしているのです。
そして競争相手も少ないので、お金を稼ぐのに必要な条件がすべて整っているといっていいでしょう。
酔客相手のプロフェッショナルになるつもりで、このでっかい稼ぎをゲットしましょう。

まとめ

ガッツリ稼ぐには、だれかからガッツリお金をもらわなくてはいけません。
つまり「お金を払ってもいいよ」という人にいっぱい出会うことです。
そのためには、1本の単価をあげることよりも、安くてもいいから何本も働きましょう。
どんなに高級店で働いても、バックがすごく良くても、1本も仕事がなかったら稼ぎはゼロです。
容姿に自信がないのなら、指名も入りにくいです。
出会ったフリー客、1本1本を大切にしましょう。
そして名古屋でフリー客に沢山出会うには、デリよりも箱ヘルのほうが確率が高いです。
名古屋には出張でやってくるビジネスマンが大勢いますので、彼ら相手に沢山仕事をこなしましょう。
栄などの繁華街での遅番もねらい目です。
箱ヘルなので24時までしか働けませんが、フリー客はたくさんやってきます。
酔客を敬遠する嬢もいるので、競争相手も少ないです。
ガンガン時短してでも、酔客を沢山回してガッツリ稼ぎましょう。
容姿に自信がなくてもガッツリ稼ぎたいなら、人のやりたがらないことをやらなくてはいけません。
朝起きて早番に入るのも競争相手が少ないのでおすすめです。
人にはないテクニックを身につけるのもいいでしょう。
それにはマットヘルスがおすすめです。
テクニックが求められる分、容姿や体形の基準は甘いです。
マットのテクニックを極めて、ハードサービスをすれば容姿関係なくお客さんが付きます。
名古屋にはマットヘルスの高級店があるので、そこでしっかり働くことができればガッツリ稼ぐことができるでしょう。
いずれにせよ、とびぬけた容姿がないならどちらかを選ばなくてはいけません。
1、人のやりたがらないことをやる
2、誰にもできない技を磨く
このどちらかです。
何もしないでガッツリ稼ぐことはできません。
箱ヘルとデリを選ぶように、何もしないで貧乏になるか、頑張ってガッツリ稼げるようになるかを選ばなくてはいけないのです。
そして稼げる道を選ぶのだったら、名古屋では箱ヘルのほうが稼げるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました