金津園の中級店はいくら稼げる?交渉でバックが高くなるって本当?

金津園には50店舗ものソープがあり、高級店から大衆店までさまざまな形態があります。
中級店は高級店ほど高くないのでフリーのお客さんが入りやすく、大衆店ほど回転率重視ではないので肉体的にも楽です。
そして中級店や大衆店でも、サービス料金の違いをつけることによって高級店と変わらない店もあります。
稼げる金額も中級店だからといって見劣りしません。
フリーの回転率が高いので、高級店でヒマ嬢になるよりは中級店のほうが稼げる人もいます。
高級店で指名が埋まらない人なら、中級店で常連を作るほうが稼げるでしょう。
どこで働くかは大事な選択です。
自分に合っているのが高級店なのか中級店なのか、どの店が働きやすいのかなど慎重に選択する必要があります。
働く店を選択するとき、面接で必ず確認したほうがいいのがバック率です。
金津園のバック率は6~7割ほどですが、交渉によってあげることもできます。
ただ交渉すればいいというわけではありません。
交渉すべきタイミングとポイントを見極める必要があります。

バック率の交渉と店について

バック率の交渉をするとき、ただ「上げてください」といっても何もなりません。
だからといって何も言わずにいるのもよくありません。
面接や面接の電話の時、必ずバック率について確認しておきましょう。
そもそも、バック率を公表している店は少ないです。
「1日10万以上稼げます!」などの表記はあるのですが、バック率については言葉を濁しています。
具体的な割合、例えば「バック率70%!」などを表記している店はごくわずかなのです。
なぜでしょうか?
なぜなら、バック率は嬢によって変わることが多いからです。
同じ仕事をしているのに、嬢によってバック率が違うのは不公平感を招いてしまいます。
それでもソープ店は嬢によってバック率を変えざるを得ないのです。

なぜバック率は変動するの?

金津園には様々なランクのソープ店があります。
高級店から中級店、大衆店や激安店などそのバリエーションは多岐にわたっています。
中級店はその中でも高すぎず、安すぎない位置にいます。
それだけでお客さんが呼べればいいのですが、もちろん自ら経営努力をしないと生き残れません。
そこで中級店はコースによって高級店並みのサービスを受けられる価格帯を作りました。
そのような店は表向きは中級店ですが、中身は中級と高級をあわせもつ店です。
同じように大衆店が中級店並みのサービスを提供していることもあります。
お客さんにとっては、中級店でお気に入りの嬢が高級店並みのサービスをしてくれたらうれしいです。
わざわざ高級店に行くこともありません、お気に入りの嬢にちょっと上乗せしたコース料金を払えばいいのです。
ソープ店にとっても、上のランクのサービスを合わせて提供することで、常連さんを囲い込むことができます。
高いランクのサービスを選択してもらうことで売り上げも上がります。
もし、中級店で働く嬢が高級店並みのサービスを受けられるコースで本指名をとることができたら、店にとってプラスになるのです。
つまり売り上げに貢献している嬢には、それなりの報酬をあたえるべきなのです。
そうすることでやる気が上がり、店の士気もよくなります。
これは経営として当たり前のことです。
頑張っている人には、報酬を与えなくてはいけません。
その報酬がバック率の上昇なのです。
そうすることで嬢が頑張るのならば、バック率の変動は悪いことではありません。
働く側にとってもモチベーションになります。
中級店といえど、高級店並みのサービスを受けられるコースはバックがよくて稼ぐことができます。
わざわざ高級店に移ることもありません。
なので、金津園の中級店は稼ぐことができるのです。

バック率の交渉をするメリット・デメリット

バック率を明示している店はごくわずかです。
金津園なら大体60~70%ほどですが、きちんと明記することはほぼないでしょう。
なので、面接や面接の電話の時にバック率について確認しておく必要があります。
この確認を怠ると、悪質な経営者だと最低のバック率で働くことになってしまいます。
「1日10万稼げる!」
と明記してあっても内容によります。
もしNSをしてオーラスで働くのなら、1日10万なんて当たり前に稼げるからです。
大事なのはバック率です、何本働けばどれくらい稼げるのか?
そこを確かめておくのは働く側の当然の権利です。
ただ、注意しておく点があります。
なにもしないで、ただバック率が上がることはありません。
交渉すれば上がるのであれば、ただのごね得になってしまいます。
バック率を上げてもらうには、働く側も譲歩しなくてはいけないでしょう。
具体的には、中級店ならばNSをやるなどです。
金津園の中級店はNSができる嬢とできない嬢が混在している店があります。
上記の通り、中級店の中には高級店並みのサービスを提供している店がありますので、NSできる嬢は店にとって必要な戦力なのです。
そのほか交渉することのメリットとして、モチベーションをキープできるということがあります。
貯金がある程度たまれば、やる気がなくなるのは人間の習性といえるでしょう。
いくら働いてもバック率があがらないならやめてしまおうと思うはずです。
なので、バック率が上がる条件などを最初に決めておくことが大切なのです。
たとえば、S客を相手にしたり、本指名を何本とったりすればバック率があがるようにすれば、モチベーションがキープできるはずです。
バック率の交渉は最初にやっておきましょう。
ただ、やりすぎは禁物です。
バック率の交渉のデメリットとして、店から求められることが多くなります。
なにもしないでバック率が上がることはないのです。
きつい客をつけられるかもしれませんし、怠慢にたいして厳しくなるかもしれません。
特に大手グループだときっちりとした教育やサービスが求められます。
大手グループ相手にバック率の交渉を激しくすれば、求められる仕事の量や質はほかの嬢よりはるかに厳しくなるでしょう。
やりすぎは禁物です、バック率はあくまで確認と譲歩と少しの交渉で決めましょう。

まとめ

金津園には中級店といえど、高級店並みのサービスを提供する店があります。
そのような店で頑張って働き、本指名を何本もることができたら高級店並みに稼ぐことができるでしょう。
また、そのような店で働くときはバック率の交渉をやっておいたほうがいいのです。
自分がつかんだ常連さんが、高いランクのサービスを選択したら店にとってもメリットになります。
きちんと確認しましょう、なにもしなければ何も起きません。
もし、高いランクのサービスを選択されたら、バック率はいくらになるのか?
それを継続できたらバック率は上昇するのか?
NSをやればどうなのか?
きちんとこちらから質問して、交渉するべきです。
もちろん、ただやればいいというわけではありません。
バック率を上げるということは、店の取り分を少なくするということです。
なにもしないけど、お金をくださいといっても通用しないでしょう。
「もし、これだけ頑張れば、バック率はあげてくれますか?」といったような確認が大切なのです。
店にとっても嬢のモチベーションが上がり、NSやS客を受け入れてもらえれば、多少のバック率は上げたほうがいいのです。
店に入る前は、あくまで対等なのです。
そして対等だからこそ聞けるのです。
ただ、ごねるわけではありません。
ちゃんと自分のできること、ほしいバック率を言うことが大切なのです。
そうすることで、雇う側の店としても「じゃあ、これをやってくれますか?」と提示することができます。
両者の間に明確な決まり事を作ることができるのです。
これが正しい交渉です。
もし、金津園の中級店で働くつもりなら、バック率の交渉はきちんとやっておきましょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

ソープランド
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました