キャンパブのバックや時給保証はいくら?週末が稼げるのかな?

このサイトでも何度か取り上げている名古屋のピンサロ、キャンパブですが、今回は改めてキャンパブ嬢の仕事や基本のお給料システム、キャンパブ嬢へのバックや時給保証など、また平日と週末での稼ぎの違いなど含めてもう少し掘り下げてご案内していきます。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

キャンパブでのお客の支払いシステムは?


基本的にお客が遊ぶサービスの料金は前払いです。
コース料金は時間によって加算されています。
また1日のうちの時間帯にもよって料金は違ってきます。
昼の時間帯は夜よりも安い料金で設定されています。
お客が払うのは入場料(名古屋は基本的に入場料を取るお店が多いですが取らないお店もあります。)+コース料金(安いところは30分3,980円~)+指名料+延長があれば延長料金となります。
またお店によっては入場料・写真指名料込みトータルで40分5,000円くらいからのところもあります。
その他にはオプションでローター・コスプレ・オナホスマタなどがつくところもあります。

キャンパブのサービスコース内容は?

キャンパブは飲食店営業ですから、通常はコースにドリンクと軽いおつまみのようなものが付いた料金で、基本的にはキャンパブ嬢による手コキかフェラチオでイッて射精までが基本サービスコースとなっています。
キャンパブ嬢の接客はマンツーマンで一人の嬢が時間内ずっとつくか、あるいは複数女性が入れかわりで一人のお客つく花びら回転があります。
時間はだいたい30分からで、例えば花びら回転の場合は2人だと15分づつ、3人だと10分づつキャンパブ嬢が替わって接客をしますが、花びら回転で普通はお客は嬢を指名できません。
お客が一人の嬢を気に入った場合は場内指名ということになります。

キャンパブの営業時間や営業形態は?

キャンパブは酒類提供飲食店として届け出で営業しているところが多いので深夜過ぎの営業はできませんから、営業時間は午前からのところもありますが、だいたい正午から24時までのお店がほとんどです。
現在名古屋地区でキャンパブは50店舗ほどあります。
若い嬢専門のお店もたくさんありますが、人妻・熟女在籍のキャンパブも何店舗かあります。

通常店内はブース形式でソファ席がカーテンや低めの壁で仕切られています。
薄暗いピンクの照明を灯しているお店が多く、ユーロビートタイプの音楽がうるさいくらいの大音量で流されています。
普通は男性スタッフが終始店内を歩き回っています。
キャンパブ嬢が裸になるか、キャンパブ嬢にタッチはOKか、お客がコンドーム着用かどうかなどすべてお店によって規則やレギュレーションが違います。

キャンパブ嬢の給与体系は?


キャンパブの給与体系は基本は時給になります。
時給の基本給に接客バックや指名バックがプラスになります。
この基本時給は保証されていますので、接客をしていない待機時間でも店で稼働している場合は時給として計算されます。
お給料は基本的には日払いのお店が多いですが、その日でなくても翌日に前日分が支払われるケースもあります。
あとは店によってはイソジンやお絞り代などの名目で雑費として1日1,000円くらいをお給料から差し引くケースもあります。
これもやはり店ごとに違います。

キャンパブは平日と週末どちらが忙しい?

キャンパブというより一般的ピンサロで繁華街にあるお店を基本にしての曜日別来客をご案内していきましょう。

月曜日は出張が多いサラリーマンだと月曜からのことがあるのと、休み明けはピンサロ行きは控える勤め人がいるので比較的暇なお店が多いです。
火曜日は週初めで遊び始める人が出る日で来客はそこそこです。
水曜日は週中なので中休みの日、木曜日は比較的レギュラーの指名客が多い日でレギュラーを持っていない嬢は暇な曜日といえます。
プレミアムフライデーもできたくらいなので、金曜日は狙い目の日です。
仕事も休みになる前日の金曜日はピンサロで抜いて帰ろうというお客も多いようです。
土曜日は家族持ちは家庭サービスの日なので家庭人は来ないですけれど、ピンサロ常連の一人者は仕事以外の仲間と連れ立って来る日でもあります。
日曜日は昼間何となくという感じでフラッとやってくるお客が多い日、夜はあまり望めません。

キャバクラやセクキャバって何?

同じ店舗型で女性が接客をするお店でキャバクラとセクキャバがありますが、キャンパブと比較をする前にどんなお店なのかみてみましょう。
(以下一部Wikipediaより抜粋)
*キャバクラはフランス語のキャバレーと英語のクラブを合成した和製外来語です。
キャバレーの時間制料金とクラブの高級感を備えたお店でホステスがお客と会話を交わしながらお酒を提供してもてなすスタイル。
1980年代半ばに現れた業態で法律上はピンサロと同じ風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律第2条の「接待飲食営業」に分類されています。
キャバクラ嬢はお客の隣に座って接待をするけれど、性的な愛撫などは禁止されています。

*セクキャバは基本キャバクラのシステムに準じているけれど、お客がキャバ嬢の身体を触ることが許されています。
セクキャバ関連店舗では「お触りキャバクラ」「ランジェリーパブ」「おっぱいパブ」「抜きキャバ」などがあります。

キャンパブとキャバクラとの違いは?


前述したようにキャバクラでは性的サービスは一切ありません。
キャバレーではお酒を飲みながらショーや会話でお客をもてなします。
ただしセクキャバはお客がキャバ嬢の身体を触ることはOKですが「抜きキャバ」以外は射精させるサービスはありません。
キャンパブとキャバクラそれぞれで働く嬢たちの稼ぎも違いがあります。
キャンパブの方が性的サービス込みなので当然お給料は高くなります。
キャバクラの給与システムは基本給の他に同伴やドリンクバックなどかなり複雑で支払いも日払いではなく週給や月給制です。

キャンパブ嬢の仕事

キャンパブはお客が払うサービス料金がそれほど高くなくて気軽に遊べるので、立地等が良ければある程度のお客は入ってきます。
確かに次々にお客が入店すれば回転率も良くなりキャンパブ嬢もどんどん稼げます。
ただし1日に何人もの男性のアソコを咥えフェラチオしてイカせるのはそうそう楽な仕事ではありません。
フェラチオして1分でお客がイッテくれたら言うことなしですが、男性によっては射精までに時間がかかるお客もいるので、仕事はそれなりにキツイものがあります。
キャンパブで難しくなく仕事をして稼いでいくには、それなりのテクニックが必要になってきます。
手コキと口を上手く使いこなしながら(ツボを抑えながら上手に男性を刺激していけば、早くイカせることは可能です。)それが上手にできて、次々に(たとえ機械的にしていてもお客にそう思わせないようにするのもテクニックです。)お客をこなしていくことができれば、それほど難しい仕事ではありません。

多少のテクニックがあれば問題なく働ける

性をなりわいとしている風俗関連の仕事はやはり一般職に比べたらより稼げます。
どんなジャンルであれ風俗であれば、女性は自分の性を武器に身体を張っての仕事になりますから、それなりの報酬があって当然ともいえます。
風俗の仕事もいろいろありますからそれぞれ自分にあった仕事を選ぶことが一番のポイントです。
そんな観点から見るとピンサロの仕事は手コキやフェラチオをそれなりのテクニックを持って機械的にこなしていくことができる人には向いているといえるでしょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

ピンサロ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました