名古屋のデリヘルは本指名バックが高い?雑費はあるの?

風俗で名古屋はヘルス発祥の地として有名です。
風俗自体名古屋はとても盛んなところですが、風俗の中でも名古屋のデリヘルは近隣の他の地域より稼げると評判で、出稼ぎ女性も多く働いています。
本指名バックが高いといわれていますが、実際のところどうなのでしょうか?今回は名古屋デリヘルで稼ぐ場合の本指名や雑費等について検証していきます。

名古屋デリヘルの種類は


名古屋の風俗店およそ360店ほどのところ、デリヘルだけで半分を占めているくらいデリへルは盛んです。
その名古屋デリヘルをジャンル別に見ると一番多いのが人妻・熟女系57店、SM系14店、ぽっちゃり系8店、韓国アジア系11店、金髪系6店、ジャンル特定しない一般店70店、その他14店となっています。
さらに名古屋デリヘルの激安店は8店舗、高級店は6店舗あります。

名古屋デリヘルでの勤務条件は?

風俗でデリヘルが特に元気な名古屋では多くの店で常に女性は募集しています。
個々の店によって募集条件は違いますが、全体的にみると年齢は18歳から店によっては何と最高齢60歳までもが募集されています。
勤務時間もさまざまで給料もそれこそピンからキリまであります。
デリヘルでは主に女性の自由出勤制を採用しているところが多く、自分の都合のいい日に都合のいい時間で働くことも可能です。

収入と差し引かれるものは?

基本的に女性の稼ぎとして店から支払われるのがお、客が支払うサービス料金の50%~70%バックの金額とプラス指名料とオプション料になります。
この指名料とオプション料のバックは100%の店が多いですが、女性と折半や60%~のバックで支払っている店もあります。

例:60分20,000円+本指名料2,000円をお客が支払った場合、女性の手取りは60%バックの店だと12,000円+ 2,000円(本指名バック100%)で14,000円ということになります。

また女性の給料から差し引かれるものとしてはデリヘルでは女性送迎に使う車のガソリン代やドライバー費用を雑費として天引きされます。
その他厚生費として雑費とは別に徴収される場合もあります。
徴収方法は店よって異なりますが、1人接客した場合に1,000円とかあるいは接客人数に関わりなく1日1,000~3,000円の範囲でお店に払うケースとか様ざまです。

女性に課せられる罰金って?

風俗業界で遅刻や無断欠勤を繰り返す風俗嬢にたいし店側が罰金を課すという話しがありますが、10年前まではそういうこともありました。
ただ法律的には罰金とは刑事罰として、刑事事件の場合に課せられるものであり、民間の風俗店が罰金を課することはできません。
現在悪質店では働く女性に罰金を課したり、美人局まがいの脅迫でお客から罰金を取ったりということもあるようですが、通常では罰金制度は姿を消しています。

指名の種類


風俗全般で指名なくしては商売が成り立たないというくらい指名制度はなくてはならないものです。
一口に指名といってもいくつかの種類があります。
ここでは代表的な指名3点をご紹介します。

まず指名をご紹介する前に指名をせずにお店側にサービスを提供してくれる女性選びを任せるお客をフリーといいます。
指名した女性が空いていなかったり、最初から指名しない場合にこのフリーシステムが適用されます。
指名はしなくてもお客はある程度の自分の好みを店側に伝えてそれに沿って店側が女性を選ぶのが一般的です。
この場合は指名料は発生しません。

ネット指名:通常指名ともいわれますが、お店のホームページや雑誌に掲載されている女性の写真から選ぶのがネット指名で、初回指名のみで指名料は1,000~2,000円となっています。
箱を持っていないデリヘルで一番多く使用されているシステムです。

パネル指名:実際のお店やデリヘルでも受付があるところへ行ってアルバムや店のボードを見て女性を指名するシステムです。
お店のボードや受付にあるアルバムだと比較的顔出ししている風俗嬢が多いのでお客が選びやすくなっているというメリットがあります。
こちらも指名料は1,000~2,000円となっています。

本指名:以前一度以上相手をしてくれた女性を再度指名するシステムです。
お客はリピーターとして風俗嬢を指名することになります。
本指名料はネットやパネル指名料よりも1,000円くらい高くなっているのが一般的です。

スタンダードプレイとオプション


基本のサービス料金にプラスして女性が稼げるのは、指名とプレイのオプションです。
ここではデリヘルにおけるサービス料金に含まれている基本プレイと別途で追加料金が発生するオプションのプレイの数々をあげてみましょう。
店によってプレイ内容に多少の差はありますが、概ねだいたい似たようなものです。
オプションの料金は店によって様ざまです。
一般的には1,000~8,000円くらいまでで設定されています。

ディープキス:デリヘルにおける基本のプレイがこのディープキスで舌まで絡める濃厚なキスをいいます。

全身リップ:上半身から下半身つま先まで女性がお客の全身をくまなく舐めます。

玉舐め:睾丸を舐めるプレイです。

フェラチオ:ペニスを女性が舐めます。

口内発射:フェラチオから女性の口の中で射精します。

69:女性が男性器を舐め同時に男性が女性器を舐めるスタイルです。

指入れ:女性の膣に男性が指を入れるプレイです。

素股:男性器を女性の膣に挿入するかわりに女性の股の間にペニスを挟むプレイです。

ここからはオプションの別料金プレイです。

ノーパンノーブラ:女性がパンティートブラジャーを付けない状態でお客に会うことです。
スカートの下はノーパンという図が男性を刺激するのです。

パンスト破り:女性にパンティーストッキングを履かせて男性がそれをビリビリに破きます。

オナニー鑑賞:女性が指やグッズを使ってオナニーしているところを男性が鑑賞します。

アダルトグッズ:電マ・バイブ・ロータなど大人のおもちゃ類を使ってプレイします。

即尺:部屋に入った途端一番最初に女性が尺八をすることです。

ごっくん:口内発射のあとで射精された精液を女性が飲み込みます。

顔射:通常はフェラチオの後などにペニスを刺激して男性が女性の顔に向かって射精します。
「日本のBUKKAKE」は世界中で知られています。

聖水:女性が放尿する姿を鑑賞することです。
男性はその姿を間近で見たり触ったりして楽しみます。

AF:アナルファックのことです。
本番が許されていないデリヘルではアナルファックは追加料金を払えばOKなのです。
一度は男性がやってみたいと思っているプレイの一つです。

コスプレ:女性がメイドや看護婦など男性が希望する衣装を着てイメージプレイをします。

写メ撮影:ポラロイドカメラや手持ちの携帯で女性を撮影することができます。
ただし顔や局部の撮影はNGがほとんどです。

オプションで稼ぐには

一人一人皆顔や性格が違うように、セックスのプレイについてもそれぞれ好みがあります。
お客個人の好みに合ったプレイをしてそれが気に入ればお客はリピーターになります。
ですから風俗で働くにもお客それぞれの好みを把握して完全にプロフェッショナルに徹することが稼ぎにつながってくるのです。

まとめ


デリヘルに限りませんが風俗で仕事をして女性が稼ぐには固定客をつかむことがポイントになります。
固定客を持っていればそのお客がリピートするたびに指名料が入ります。
指名が増えれば増えるほど働く条件も良くなってくるのが普通です。
お客にあなたでなければダメと思わせたらシメたものです。
独自の接客とプレイに腕を磨きましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました