デリヘルは全額日払い可能だけどニュークラブは無理なの?意味不明

風俗店ではその日稼いだお金が全額日払いになっている所が多いですよね。
日々の生活に困っている女の子もたくさんいるので、その日のうちにお金をもらえるシステムはとても助かるものです。
風俗店だけでなく、キャバクラやガールズバーでも日払い制にしているお店が増えてきました。

しかし、ニュークラブの場合には日払いが不可能になっている場合がほとんどです。
働く際には、日払いかどうかを一つの基準にしている女の子も多いと思います。
ニュークラブで働こうか考えていたのに日払いが無理なんて・・・。
なぜそうなっているのか、ニュークラブの仕組みを深掘り調査です。

お店の種類多過ぎ!ニュークラブってまず何なの?

最近ではソープランド、デリヘル、ホテヘル、SMクラブ、手コキ店、性感マッサージ・・・などなど様々な風俗店が出てきたかと思えば、水商売のほうも多種多様になっています。
スナックやキャバクラ、クラブがよく知られているものですが、近頃は繁華街に行くとカールズバーやニュークラブといったものを見かけるようになりました。
興味はあっても、どんな感じなのかよくわからなければなかなか面接に行く勇気も出ないですよね。
そもそも、ニュークラブってどんなお店なんでしょうか?
ニュークラブは名前にクラブとありますが、内容はキャバクラに近いものがあります。
クラブは時間制が無く、お客さんが支払うお金もその人によって違っていますが、ニュークラブではキャバクラのように時間制が設けられており、料金も一定に決まっています。
こちらのほうが明朗会計で、一見さんにも入りやすいようになっています。
クラブになると常連さんからの紹介などがなければ入れない所もありますしね。

それではキャバクラとニュークラブの違いは?というと、ニュークラブのほうがランクが上だということです。
お客さんとお酒を飲むというのは全く同じですが、女の子のレベルがかなり高めになっています。
違っているのは正直これくらいなのですが、これをもってニュークラブを高級キャバクラと考えている人も多いようですね。
働いている女の子にもその自覚があります。
男心をくすぐる仕草や表情は働いてから修行することになりますが、ルックスや顔のメイク、ヘアメイクに関してはアイドルや芸能人並みでないと面接で落とされてしまうようです。
年齢も20代半ばくらいを限度にしています。

ここで気になるのが給料です。
これはデリヘルなどの風俗店よりもけっこう幅があります。
時給も、どれだけ指名を取ったか、同伴したかにかなり左右されます。
お店のランクによっても大きな差が出ています。
ですので、これが相場だよとはっきり言うことができません。
時給に加え、これまた人気具合を加味したバックが給料として支払われます。

ニュークラブだと、料金が高めに設定されているので、キャバクラよりは多くなります。
しかし、ドレス代やヘアメイク代などをある程度お店側の負担にしている所では、指名が取れない女の子は割と簡単にクビにされてしまうようです。

チップも大切な収入です。
悪いお店でなければ、チップは申告しなくても良く、すべて自分の収入になります。
デリヘルで言うオプションのようなものでしょうか。

ボトルをたくさん開けてくれるお客さんや、チップをはずんでくれるお客さんは太客と呼ばれ、常に女の子同士での熾烈な指名の奪い合いになっています。
表向きは女の子同士で仲が良かったり、華やかな雰囲気で着飾っていますが、そのうらではやはりドラマのような展開。
蹴落とし蹴落とされのドロドロの世界が広がっていることが多いです。
完全に体育会系です。
そういうのが苦手な方には、かなり辛い仕事となっています。

ニュークラブでの収入は大きく分けると3つで、時給バックチップです。
これを合わせたものが給料ですが、ここからドレス代、ヘアメイク代、送迎代、その他雑費などが引かれます。
ニュークラブではノルマを課しているお店も多く、達成できなければ罰金を取られるシステムになっています。
普通に働いていては稼げない高めのお給料をもらえるとはいえ、こうした引かれるものの金額がバカにならず、多くの女の子を悩ませています。

送迎代は1回につき500円~1,000円程度なのでそれほどの負担にはなりませんが、ドレスやヘアメイク、靴などはモノによっては万を超えることがあります。
それが一回きりの出費ではないので、かさむとかなり大変です。
ニュークラブでもバンス(給料の前借)ができるお店が多いですが、ノルマと罰金の恐怖に追われながら借金の返済を考える・・・となると精神的にきつくなってしまいます。

出勤はどのようになっているのでしょうか。
求人広告を見ても、実際に入ってみてもそうですが、名目上は自由出勤となっているお店が多いかと思います。
しかし、ある程度指名客が付いてくるようになると、お客さんの都合に合わせなければならず、なかなか自分のペースで!というのはできなくなってきます。
油断していると他の女の子にお客さんを取られかねません。
また、自由出勤とは言いながらお店からもけっこうプレッシャーをかけてきます。
自由出勤なのは慣れるまでの最初のうちだけ!その後は大変になってきそう、という意識を持っておきましょう。

ニュークラブ!全額日払いがなぜできないの?

ニュークラブがどんな所かについて話しが長くなってしまいました。
ここで、どうしてニュークラブでは全額日払いが無理なのかというテーマに戻ります。

見てきたように、ニュークラブではデリヘルなどの風俗店と比べて給料の仕組みが複雑になっています。
デリヘルでは時間分の基本料金と指名代、オプション代など、固定されたものを計算すればよく、罰金なども基本的に無いため、全額日払いにすることはそう難しくはありません。

一方、ニュークラブのほうは指名や同伴の数によって時給やバックが変動するポイントスライド制というものを採用している所が多数あります。
この制度は、指名や同伴の数や時間ごとに女の子にポイントを振り分け、それに応じた給料にするというシステムです。
例えば、10ポイント稼げば時給3,000円、20ポイント稼げば時給5,000円、といった感じです。
これの計算がなかなか大変になるので、多くのニュークラブでは全額日払い制を採用していません。

どうしてもその日のうちに・・・と頼み込めば、計算の簡単な一部だけを確定して支払ってくれるかもしれませんが、1人だけを特別扱いはできませんし、それによって後々の計算に不具合が生じる可能性もありますので、おそらくは応じてくれないのではと思います。
まとめると、女の子によって給料が違い、その上計算が複雑なポイントスライド制の導入のため、原則として全額日払いはできないということのようですね。

最近では、求人情報などを見ると全額日払い可能を掲げるキャバクラが登場しています。
高級店だと、なにやらすごい便利な計算機を使って本当に日払いしてくれるお店もありますが、実は全額日払いというのは嘘で、女の子を釣るための口実にしている店もあります。
結局、“全額日払いは可能だが条件がある。
”などと難しい条件を言ってやってくれないお店が多いとのことです。
言葉のアヤを巧みに利用したずるい求人ですね。

という訳で、キャバクラやニュークラブでの給料の支払いが月1や月2になるのは昔からの流れで仕方のないことで、ここから日払い制に変えるのは現時点では難しそうです。
こうしたお店で働く際は、風俗と違い、給料は月払いであると念頭に入れておくことをオススメします。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

キャバクラ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました