借金ない人が風俗で働くのって遊びの金が欲しいだけ?

風俗業界に馴染みのない人の風俗嬢に対するイメージは、借金などの理由でやむを得ず風俗で働いている、学や資格がなく風俗以外で働ける場所がなかった、ホストに貢ぐために体を売っているなど、ほとんどがいい印象ではありません。
確かに風俗で働く女性の中には、借金の末に風俗で働くことになったという方もいますし、数年前までは生活のために働く女性が多かったのも事実です。
しかし最近では主婦や学生のお小遣い稼ぎ、OLが副業など、借金がなくても働く女性は多く、働く理由は多様化してきました。
では、どんな人が風俗嬢として働いているのでしょうか。

遊ぶ金欲しさなの?風俗嬢の本性は?


実は風俗で働く女性が風俗で働く理由を統計したデータ等はなく、なぜ女性が風俗で働くのかという答えを出すことは出来ません。
風俗で働く理由は女性により全く異なりますので、どういう理由で風俗をはじめる人が多いなどデータ化することができず、結論を出すことができないのです。
特に近年では風俗で働く女性の人口も増えたため、その理由はさらに多様に複雑化しています。
「お金が必要」と一言で言っても、数十万なのか数百万なのか、あるいは数千万なのかその額も大きく異なり、理由も「借金のため」「留学のため」「お店の開業資金のため」「貯金のため」「お金のためではなく趣味の一環」など女性により全く違います。
このため、借金のない風俗嬢の働く理由が「遊ぶ金欲しさなのか」というと、それも女性によりけりとしか結論付けることができません。

ケース1:自分の目標のために

借金のない風俗嬢の働く理由に結論を出すことはできないものの、いくつかの傾向はあります。

大抵の女性には、一般的な仕事ではなく風俗で働くためには何かしらの目標があります。
その目標の明確さに差はあるものの、夢を実現させるためには時給900円前後の仕事や月収20万円程度の収入では足りないから高収入を得られる風俗を選択するのです。

例えば大学在学中の女性が1年以内に海外留学費用として100万円貯金したいと考えた場合、学業を両立しながら週3日程度1日5時間、時給1,000円のアルバイトをしたとします。単純計算で月に稼げる費用はせいぜい6万円です。
これを12か月続けたとすると72万円稼げることになりますが、目標金額には届きません。
その上、友達と遊びに行くお金や携帯代、その他授業や生活に必要な費用が掛かることを考えると稼いだ72万円すべてを留学費用にあてることは難しいでしょう。

また、OLとして手取り20万円で働く女性が5年以内に割烹料理店を開店させたく、その開業資金として1,000万円の貯金を目標にしている場合。
単純計算だと5年で1,200万円の手取りの収入があるので目標額に到達します。
しかし、家賃や光熱費、生活費や交際費など当然出ていくお金もあるはずです。

都心で家賃が安い場所でも月6万程はかかります。
光熱費が1万円、食費等の生活費が3万円かかった場合、これだけで月に10万円の支出です。
目標額には足りないものの、収支を鑑みても一見5年で600万円貯めることができるように思われます。
ですが社会人になると友人の結婚式や出産、親戚や知人の不幸など、冠婚葬祭による突然の収支が必要になる機会がグンと上がります。

その他、整形のため、旅行のため、欲しいものを買うため等、目標額や夢のスケールはさまざまであるものの、「いつまで」に「何が」したくて「いくら」欲しいと明確な目標がある人ほど、風俗など高収入を得られる仕事を選択する傾向があります。

ケース2:生活の足しにするため

昼間の時間を有効活用して主婦がパート代わりに風俗で働く、ということも増えてきました。
家族に万が一のことがあった場合の保険、子供の将来や老後のための貯蓄など、結婚生活にはお金は入用で、貯金はあるに越したことはありません。
時給数百円のパートでコツコツ稼ぐよりも風俗で大きく稼ぎたいと考える方や、独身時に風俗経験があり、風俗に抵抗がなく稼げることを知っているという主婦の方もいます。
また一人暮らしの女性が生活の足しにするための副業として風俗を選択するということもあります。
一人暮らしは想像以上にお金がかかります。
毎月の収入と収支がほぼイコールで貯金ができないという方も少なくありません。
このようなことに悩んでいる女性が突然の支出や結婚資金に備えて風俗で働いているケースも多いです。

ケース3:貢ぐために

実際風俗嬢の中には、彼氏あるいは好きな人がホストで、その男性のお店で飲食を楽しんだりデート費用のために稼ぎに来ているという女性はいます。
あるホスト店では客層のほとんどが風俗嬢というお店もあるほどで、ホストクラブに熱中してしまって風俗を辞められなくなっている女性も存在します。
相手がホストでなくても、彼氏の好きなものを買ってあげるため、旦那に生活費を渡すため、と貢ぐ相手や理由も様々です。
風俗業界に馴染みのない人の持っているネガティブなイメージと重なりますが、中にはイメージ通りの風俗嬢もいます。

ケース4:病んでしまったため

風俗の仕事をして病んでしまった、という話はよく耳にしますが、病んでしまったから風俗で働く、というのはなかなかイメージがつかないのではないでしょうか。

しかし、普通に就職して一生懸命働いていたのにイジメやパワハラなどが原因で仕事を続けることができなくなった、または辛い就職活動に耐えられなくなったという理由で、とりあえず食いつなぐために風俗で働きだしたという方も多いです。

このような理由で病んでしまった人は、自分を卑下する傾向があります。
しかし風俗で働きだしたことでお店のスタッフから優しくされたり、お客様からお礼を言われたり喜んでもらえることで、「自分を必要としてくれる人がいる」と感じるようになり、リピートをしてもらえるようになってくると尚更その意識が高まります。
他にも、何らかの理由で不眠症になってしまい、眠れないなら働こうと気を紛らわすために始めたという女性もいます。
お金のためではなく、風俗で働くことで自分の存在価値を見出したり、前向きになれる人もいるのです。

ケース5:シングルマザーが子育てのため

日本では結婚したカップルの3組に1組が離婚すると言われています。
離婚して親権を女性側が取った場合、元旦那からは養育費が毎月支払われることが一般的です。
しかし、元旦那が定職についていなかったり借金をしているなど、何らかの理由で養育費をきちんと支払ってくれず、自分の収入だけで子供を育てなければならないという女性もいます。
仕事さえ見つかればパートや正社員として働くことは可能ですが、女性一人が働く程度の収入で1人の子供を養っていくことは厳しく、子供が数名いるという場合にはその負担はさらに大きくなります。

また、こどもが急に体調を崩し急遽休んだり早退しなくてはならないような状況になってしまうことも少なくありません。
理解のある職場ならいいのですが、残念ながら子育てに理解のある職場ばかりではなく、そのことが原因でクビになってしまったり、中にはシングルマザーでなくても子供がいるというだけで女性を雇ってくれないような職場も少なくありません。

子育てのためにやむを得ず、シフトに融通が利き高収入を得られる風俗を選択したという女性も多く存在します。

まとめ


今回は風俗で働く女性が風俗を選んだ理由について、いくつか例を挙げてみました。
風俗経験のある女性なら、これらの例に対して共感できるという人もいれば自分は全く異なる理由だという方もいるでしょう。
働く理由は女性によって様々ですので、風俗嬢の働く理由が気になる場合、気になる女性ご本人に尋ねてみるしか正解はありません。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました