デブぽちゃでも採用されて稼げる栄町のソープはありますか?

体系をあらわすキーワード(男性女性ともほぼ共通)として、昔からあるのが「がりがり」、「ぽっちゃり」、「デブ」、「がっしり」、「筋肉質」などですが、芸能人の芸風や、風俗のバリエーションの多様化と共に、多くの表現がなされるようになってきました。
「マッチョ」、「細マッチョ」、「ガチムチ」などが該当しますが、そんな表現の中に、「デブぽちゃ」というものがあります。
「デブ」と「ぽっちゃり」がくっついた表現であることは想像できるのですが、もともと「デブ」と「ぽっちゃり」は別々に使われてきたもののようで、「デブぽちゃ」は近年急速に浸透しつつある、体系をあらわす表現です。
風俗の世界にも「デブ専」というジャンルがあるように、「デブぽちゃ」は結構人気です。
千葉県は栄町のソープ街は、高級ソープがたくさんあるところとして有名ですが、人気の「デブぽちゃ」は、栄町でも採用されるのでしょうか。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

デブぽちゃにまつわるエピソード


8月8日は「デブの日」?

ところで「デブぽちゃ」の記念日が存在していることは、ご存知でしょうか。
(あくまでも通説ですが)1978年頃、大日本肥満連盟というよくわからない団体が、デブの人々の地位向上のために、8月8日を「デブの日」として制定したようです。
まあほとんど「身内ネタ」に近いノリではあるとは思えるものの、「大日本肥満連盟」の存在や、記念日の存在が、一昔前に既にあったという事実には、意外な感じもしないではありません。

もとは「でっぷり」だった?

さらに、「デブ」という言葉は、一般に考えられているよりも、かなり昔からある由緒ある表現だったようです。
なんでも、「でっぷり」という表現は、それこそ江戸時代あたりから存在していて、それが近年短縮されて「デブ」になった、とのことです。
今では日本国民のほとんど皆が、ごくごく一般的な日本語として、「デブ」を使用していますね。
しかしこれには異説もあり、英語の「DOUBLE CHIN(直訳すると二重あご)」がなまって「デブちん」、そしてさらに短くなって「デブ」になった、との説も存在しています。

ぽっちゃりはどうやってできた?

それでは「ぽっちゃり」のほうは、どのような歴史を持っているのでしょうか。
これは、「ぽちゃ」とか「ぽちゃぽちゃ」という、水などをあらわす(揺れる様子を指すことが多い)ような表現から来ている、という説が有力ですが、真相はわかっていません。
しかし少なくとも「デブぽちゃ」は、太っている人に対する表現として、「デブ」よりはやや穏やかな表現であることは間違いなく、特に「太った女性」に対しては、よほど罵倒する意志でもない限りは、「デブ」ではなくて「ぽっちゃり」と表現することの方が、圧倒的に多いようです。
さらに女性自身がやや太っている(と考える)場合には、十中八九「ぽっちゃり」という表現の方を選択している、というデータも存在しています。
なので、「デブ」と「ぽっちゃり」は、語源的にも意味合い的にも、本来は別物である、といえそうです。
これらがくっついてできた「デブぽちゃ」という言葉は、いわばダブルミーニングの側面を持っている、といえます。

栄町のソープにおける「デブぽちゃ」


風俗の人気嬢の体系とは?

ソープやヘルスなどのいわゆる風俗店において、ごく一般的な尺度で考えられている「スタイル抜群」というのは、やはり近年の傾向どおり、やや痩せているような体系、いわゆる「モデル体型」を指していることが現状です。
その結果、栄町のソープも含めて「高級風俗店」の場合において、「デブぽちゃ」の女性が幅を利かす、ということは、あまり一般的ではありません。
とはいえニーズが多様化し、マニアックな趣味の男性が、堂々と「デブじゃないとイケない」などと言える世の中になった今、デブぽちゃ女性にも十分チャンスはある、といえるのではないでしょうか。

デブ専はなさそう

しかし現在のところ、栄町のソープにおける、いわゆる「デブ専(太った女性しか在籍していないソープ)」はないようです。
このため、「デブぽちゃ」女性は、なんらかの付加価値(例:デブぽちゃだけど美人、年齢が若い、脚がきれい、等)をアピールする必要がありそうです(もちろん例外的なお店もあるにはあるかと思いますが、あくまでも総論としては、付加価値が必要なケースが多い、ということです)。

格安店や激安店では敷居が下がる

とはいえ「デブぽちゃ」のニーズ自体は、前述のようにニッチかそれ以上のものがあるのが昨今の動向であるので、栄町のソープにおいても、超高級店などを避けて、格安店や激安店(いわゆる「大衆店」のカテゴリーのお店)を狙っていけば、デブぽちゃにも十二分に稼ぐチャンスはある、と考えられます。

格安店や激安店が狙い目


具体的にはどんな店があてはまる?

栄町のソープといえば、超高級店から激安店まで、さまざまな価格帯のお店がひしめいています。
有名どころでは、東京・埼玉・千葉・茨城などに店舗を展開している角海老グループのお店である角海老御殿、千葉角海老や、栄町屈指の激安店との口コミをよく聞くゼロ、高級なイメージのあるSWEET MODE、その名もずばりのTHE RICHI、ほかにもエーゲ海、カントリークラブなど、価格帯にしてもウリにしている雰囲気にしても、実にバラエティに富んでいます。
デブぽちゃ狙いでいくならば、入浴料やサービス料などを目安に、激安店や格安店を中心にあたっていけば、あるいはホームページで推しているような嬢の雰囲気、タイプ分布などから類推して、「デブぽちゃが稼げるか否か」、というところは、ある程度判断できるのではないか、と思われます。

超高級店が狙っている層とは?

格安店や激安店に対して、高級店志向のお店は、どうしても「幅広く支持されている」、つまり「一般的に良し(または最上)とされている」ところをターゲットに戦略を組み立てる必要があります。
なぜならば、単価が高い分、ある程度の富裕層を狙っていく必要があり、またなるべく多くの層を取り込むような要員配置をする必要があるからです。
そういった視点から考えると、高級店は、現代において多くの人(男性も女性も)が理想に置いていそうな、「モデル体系で美人」という、ステレオタイプ的なところに念頭に置いて、採用を進めがちになります。
端的にいえば高級店は、専門店でもない限り、デブぽちゃにはやや不利なイメージが否めません。

デブぽちゃにも勝機は十分ある

結論としては、千葉は栄町のソープ街において、デブぽちゃでも採用されて稼げるお店は、「結構あるのではないか」というところです。
格安店や激安店中心のリクルートとなってくるため、高級店以上と比較すると、若干バックや条件などに物足りなさがあるかもしれませんが、それでもニッチなニーズを攻めていくのであれば、何ら問題がないのではないか、と思われます。
一般企業や芸能界、プロスポーツ業界などでもいえることなのですが、人気や世相というものは、時代と共に移り変わっていく、いわば「水物」(みずもの)」です。
かつての日本における平安時代然り、海外におけるルノアールの絵画の時代然りで、いつなんどき「デブぽちゃ」が天下をとるやもしれません。
自分自身で「デブぽちゃ」を自認している方は、ニーズが確実に存在していることを認識しつつ、ターゲットに自信をもってアピールするようなアプローチで、採用の面接に臨んでいただきたいものですね。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

デブ・ぽちゃ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました