川崎のソープを辞めた、移店した理由教えて!出戻りする人多い?

神奈川県・川崎といえば東京の吉原に次ぐ日本最大級のソープ街です。
吉原と同様、江戸時代から色街として栄えてきた文化は現代も変わらず、50軒を超えるソープが並んでいます。

お店が高級店から大衆店まで多種多様であるとなれば、そこで働く女の子も様々。
それぞれの女の子が容姿、年齢、スタイルなど自分の個性やキャラクターを活かしながら、日々ソープで働いています。
それだけ多くのお店、そして働く女の子がいれば当然稼げる子と稼げない子、そして同じお店で長く続ける子とすぐ辞める子が出てきます。

それでは辞める子というのは、どんな理由で辞めてしまうのでしょうか?また、一度辞めた後にまた戻ってくる子もいるのでしょうか?川崎のソープで働くことを検討している人や現在働いている人、または過去に働いていて出戻りを考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「稼げない」はどこのソープでも辞める理由NO.1


川崎に限らず、女の子がソープで働くことを選ぶ一番の理由は、「稼ぎたいから」が圧倒的でしょう。
他の風俗よりも求められるサービス内容が多いので、給料水準が高いのは自然なことです。

そしてそれを逆に言えば、期待していたほど稼げなければ、それは辞める理由に即つながるということです。
これは高級店でも大衆店でも同様です。

目標額や目的は人それぞれとは言え、ソープで働いているのは何らかの理由でお金を必要として働いている女の子がほとんどです。
ただヒマな時間にバイトをしたいと言うだけであれば、もっと楽にできる仕事はいくらでもありますからね。

中には最低保証を付けてくれるお店もありますが、通常はどこのお店も歩合制です。
そのためお客さんが全く付かずお茶を引けば、何時間待機していてもお給料はゼロです。
特にすぐにお金が必要な子や、具体的にいつまでにいくら必要という目標がある子にとっては、このような状況が続けば辞めてしまうのは当然とも言えるでしょう。

しかしひと言で稼げないと言っても、お店側に原因がある場合もあれば女の子側に原因がある場合もあります。
それはどういうことでしょうか?

フリー客が少なければどんなに美人でも稼ぎづらい


言うまでもなく、お店に来店するお客さんの数は女の子の給料にそのまま反映されます。
お客さんの利用料金の一部がバックとして女の子に支払われる訳ですから、当然お客さんが絶えない人気店の方がプラスです。

しかしここで注目すべきなのは、フリー客の数です。
特に常連のお客さんは毎回お気に入りの女の子を指名する場合が多いため、いくら全体のお客さんの数が多くても特定の女の子を指名するお客さんばかりでは、他の女の子にはメリットがありません。

もちろんそのような指名客を多く取って、人気上位の女の子にもなれば1日5万、10万、あるいはそれ以上稼げるのがソープです。
しかし指名客がいない新人の時はフリー客に頼らざるを得ないので、元々フリー客が少ないお店だとどうしても稼ぎが悪くなってしまいます。

いくら容姿やスタイルが良くてもお店全体のフリー客が少なければ、指名客を多く取るのも難しいですよね。
これは辞めた女の子から挙げられる理由の中でも、最も多い理由の一つです。

フリー客がいても指名が取れない場合は女の子側に原因が


逆にフリー客が多く最初はそこそこ稼げても徐々に稼ぎが減っていく場合は、女の子が充分指名を取れていないことが考えられます。

通常多くのお店では新しい女の子が入ると新人として紹介をしたり、優先的にお客さんを回してくれたりします。
仮に10人フリー客を担当してそのうち半分が本指名として返ってくるとすれば、単純計算で20人担当すれば10人、30人で15人です。
これが10人担当して1人しか本指名で返ってこないとすると、20人で2人、30人で3人とその差は歴然です。

常にフリー客がひっきりなしに来るような大繁盛店ならまだしも、普通のお店では新しい女の子が入るにつれ次第に埋もれていってしまうでしょう。

もちろんどのお店でも、面接時には容姿、雰囲気、マナーなどを見て、お店のコンセプトにマッチする「稼げそうな」女の子を採用します。
それでも指名が取れないとなると、接客マナーやキャラクターに原因があるのかもしれません。
すぐに修正できることならまだしも、お店のコンセプトと自分のキャラクターがそもそも合ってないとしたら、お店を変える方が賢明と言えるでしょう。

体力面、精神面での負担が大きい


数ある風俗バイトの中でも、ソープは特に体力仕事です。
ソープの仕事が初めての子や、30代以上の体力が落ち気味になる年代の女性は、体力面での負担から辞めるケースも多く見られます。

それに加えて、精神的な疲れも影響します。
特に高級店ではその傾向が顕著で、高級店=仕事や接客をきちんとこなさないといけない、というプレッシャーがストレスになりがちです。

また同じストレスの原因としてよく聞かれるのが、お店の他の女の子や一部のお客さんと合わないといった事です。
本人の性格や仕事ぶりに特に問題がなく単に相性が良くないような場合は、すっぱりと辞めて他のお店に移ってしまった方が早いかもしれません。

それよりも根本的に体力面や精神面での負担が大きいという理由で辞めた子は、ソープや風俗の仕事そのものから離れる場合が多いですね。
金銭的や一部の人との人間関係が理由であれば、他のお店でも働いてみようという選択肢がまず思い浮かぶでしょう。
しかしソープの仕事そのものが身体や心にハードだと感じたなら、一般職や風俗の中でももう少しソフトなキャバクラやデリヘルなどに移ろうというのは、自然な考えだと言えます。

出戻りには寛容なお店が多い!


では一度辞めたお店に出戻りすることは可能なのでしょうか?
結論から言うと、川崎のソープは全体的に出戻りに対して寛容なお店が多く、出戻りする女の子は多いです。
きちんと辞めた子であればまず問題なく歓迎してくれますし、いわゆる飛んだ子であっても誠意をもって働きたいことを伝えれば、受け入れてくれるお店が多いようです。

辞める理由、そして再び出戻りしたい理由は人それぞれでしょう。
一度他のお店や業種で働いてみて改めて元のお店の良さが分かったということもあるでしょうし、出戻り自体は気まずいことでも恥ずかしいことでもありません。
しかしできればいつでも気持ちよく出戻りができるよう、お店を辞める時には常に社会人としてのマナーを心がけてきちんと挨拶はするようにしましょう。

辞めるのは簡単ですし、その時は出戻りなんて全く考えていないことがほとんどでしょう。
しかし、良い印象を残して去れば、急にお金が必要になったりした場合でも気軽に出戻りできますよね。

まとめ

日本最大級のソープ街川崎では、お客さんも働く女の子も目まぐるしく出入りします。
他のお店に移って2倍以上稼げるようになったという子もいれば、結局元のお店の方が良く出戻りする子もいます。

しかし理由も考えずに飛んだりするよりは、まず冷静に稼げない原因や負担に感じることをよく考えてみるといいでしょう。

もし自分のマナーや接客態度に問題があるとすれば、お店を移ったところで結果は変わらないでしょう。
逆にお店のコンセプトが自分の個性と合っていないだけなら、お店を変えることで劇的に環境が良くなることもあります。
よりストレスなく自然体で働け、それでいてお客さんからの評判が良くなり指名が増えるといった具合です。

出戻りは基本的に難しいことではないので、他に良いお店が見つかったり一度休みたいと思ったりした場合は、あまり気負わず辞めるのも良い選択肢です。
お互いに好印象を持ったまま辞めれば、もしまた出戻りしたいと思ってもためらいなく連絡を取ることができるでしょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

ソープランド
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました