熟女系パブの時給相場はいくら?スナックより良い?

女性の高収入バイト」のようなうたい文句で水商売系の仕事が紹介されているサイトや媒体が増えた昨今ですが、ひと口に「高収入」と言っても仕事の中身や給与は業種で違います。
従ってこういった業界未経験の場合、きちんと仕事内容や給与の相場を知ってから面接に行くことがおすすめです。
クラブ、バー、スナック、パブなどはお客さんに主にお酒を提供する店ですが、それらの中でも営業形態は微妙に違いますので、当然ながら給与や時給相場にも差があります。

水商売の種類について

女性が手っ取り早く高収入が稼げる場所として紹介される水商売には、風俗関係やホステス・ラウンジレディ関係があります。
これらは大きく分けると性的サービスを提供しているかしていないかで、性的サービスを提供する風俗関係の方が時給の相場はホステスに比べて高いです。
風俗にもいろんな種類がありますが、例えば大衆店のデリバリーヘルスの場合、60分でお客さんのサービスを行うと1回につき7,000円前後の報酬がもらえる店が一般的と言われています。

これに加えて本指名ですとそれ相応の額が加算されたり、時間も60分でなくそれより長くなるとさらに収入はアップしたりします。
ただし、5時間勤務しても接客が1人だった場合はその日は7,000円で終了のため、時給に割り返すと1,500円というふうな感じにもなってしまうわけです。
従って風俗店の場合は多く接客すればその分高収入になるということですので、リピートの指名客を作っていくことが必要になります。
一方、ホステス関係の場合は時給で、働いた時間分の給与がもらえます。

例えば時給2,500円で4時間働けば10,000円になりますので、この場合は5時間勤務して接客一人で7,000円の給料だったデリヘル嬢よりも収入は多くなります。
ただし、ホステスの4時間はずっと仕事をしっぱなし、デリヘル嬢は5時間勤務のうち1時間だけ働いて後の4時間は待機のみ、ということを考えますと、効率の良さは断然風俗嬢の方がいいと言えます。

ホステス系の店の微妙な違いについて

夜の街で男性がお酒を楽しむ場所としてはクラブ、バー、キャバクラ、スナック、パブなどがあります。
これらはいずれもお酒や軽食を楽しめる場所であるわけですが、それぞれの店のサービスや中身は微妙に違います。

これらの中で最も高級なのはクラブです。
クラブは会員制の店も多く、利用者も会社の役員や社長クラスであることが多いため、そこで働く女性には品格とともに経済の動向や社会の動向を知っておくという知識が求められます。
クラブは高級でチャージ料なども加わり、値段も高いです。
従って働くホステスの時給も高く、相場は5,000円程度と言われていますが、普段から新聞やニュースに目を通しておくなど、お客さんの話についていけるように準備しておかねばならないという苦労があります。
クラブのサービス内容としてはカウンター越しでなく、ボックス席でホステスが横に座ってくれてお酒を提供してくれたりしながら会話を楽しみます。

これに対し、バーはホステスはいません。
カウンターでマスターからお酒を注文し、一人で来店してじっくりお酒を楽しめるタイプの店で、基本的に店員との会話はありません。
お客さん側からマスターに話しかけた際に少し会話をする程度です。
バーはテレビのドラマなどでもよく登場しますので、イメージすれば分かりやすいです。

また、キャバクラはクラブの小型版といったイメージですが、会員制などの高級な店はほとんどなく、一般的なサラリーマンでも気軽に利用出来るようになっています。
料金は時間制のセット料金になっている店が多いです。
時給はおおむね3,000円前後とクラブよりは安いですが、クラブほどの高い品格や知識は必要なく、一般的な接客レベルがあれば十分ということも出来ます。
クラブ、バー、キャバクラ以外ではスナックやパブがあります。

スナックやパブはクラブ、キャバクラよりもさらに時給は安く、2,000円から2,500円程度と言われていますが、スナックの規模によっては1,000円台のところもあります。
ただし、水商売初心者でも案外すんなりと抵抗なく接客が出来るのがスナックやパブで、仕事の時の服装も特に指定はなく、普段着で働くことも可能です。

スナックやパブは大衆向き

スナックはカウンター越しにママがいて、お酒を飲みながらママといろんな話をするタイプのお店です。
お店のホステスの人数は少なめで、田舎に行けばママ1人でやっている店も少なくありません。
スナックではクラブやキャバクラのように女性がお客さんの隣に来てサービスをするようなことはありません。
お客と従業員が接近する場合はカラオケのデュエットをするような場合に限られます。

また、パブはスナックの少々拡大版といった感じで、女の子の人数がスナックに比べて多いというふうにイメージしておけばいいでしょう。
韓国パブ」「中国人パブ」といった店もあり、こういった店では女の子によるミニのショーが行われることもあります。
お客さんは主に普通の大衆客ですので堅苦しいイメージはなく、ざっくばらんに楽しめるといった感じがパブです。

もちろん、熟女でもパブで働くことが出来、時給相場はスナックと同じく2,000円前後と言われています。
この時給の額に関しては、同じ水商売の風俗嬢に比べれば3分の1から4分の1程度ですが、逆にコンビニのアルバイトの額と比較すると倍以上であるわけで、そういった観点から考えれば給与面の魅力は高いと言えるでしょう。

また、同じホステス業のキャバクラと比較した場合、キャバクラは同伴出勤や休日にお客さんからお誘いがあれば行かねばならないなどの苦労もありますし、指名の本数も厳しく査定されます。
しかしパブには指名などはありませんのでその点は精神的に楽に働けると言えます。
要するにパブで求められることは来店したお客さんを楽しませる明るさや話術さえあれば何とかなるということなのです。

また、お酒が入るとホステスのお尻を触ってくるようなお客さんも中にはいますが、こういったことは笑顔でかわすようにすることがベターです。
目くじらを立ててお客さんに怒ったりすれば仕事がやりづらくなります。

尚、スナックやパブは当然ながら風俗店ではないのでお客さんがホステスのお尻や胸を触ることは禁止になっています。
ただし、お酒が入っているということで各店のママの裁量により、ある程度の行為までは許容している店もあるのが実態です。
稀に度を越えるお客さんの行為があった場合はママが間に入ってくれますので、働く場合には必要以上に大きな心配を持つ必要はありません。

まとめ

女性がすぐに高収入が稼げるということで水商売系の仕事は日々いろんな媒体で紹介されるようになりましたが、収入が高いということはその分精神的・体力的にも普通のパートなどに比べてきついということは覚悟しておかねばなりません。

また、ホステスとして働く場合、段階的に最初は精神的な負担の軽めなスナックやパブで働くことも悪くありません。
パブ→キャバクラ→クラブというふうに給料が高くなるにつれて求められる資質や接客レベルも高くなっていきます。

自分でも何とか働けそうな業界だと分かった場合にはより高い時給を求めて働く店を変えることもベターです。
店によって給与体系は微妙に違う業界ですので、分からないことは面接の際に納得のいくように聞いておくこともおすすめです。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

キャバクラ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました