鶯谷は風俗客が多くいるけど嬢と店舗が多すぎて稼ぎづらい

多くの人にとって風俗で働く大きな目的は、短時間で高収入を得ることにあるはずです。
しかし、風俗街には稼ぎやすい地域と稼ぎづらい地域が存在しています。
知識がないまま誤った街を選択して働き始めると、安売りされてしっかりした収入を手にできません。

そこで風俗街の選択は大切なものとなっていますが、実は、鶯谷は稼ぎづらい傾向にあります。
ここでは、そんな鶯谷の稼ぎづらい理由と特徴についてご紹介したいとおもいます。

鶯谷に大きな影響を与えたデッドボール

効果
鶯谷が稼ぎづらい街となった大きな理由の1つに、デッドボールというお店の存在があります。
デッドボールは日本最低レベルを宣伝する特殊なお店です。
このデッドボールが鶯谷に出来たことにより、鶯谷全体がデッドボールのレベルに引きずられることとなったのです。

最低ランクを自称するデッドボール

デッドボールは2009年に鶯谷に誕生した格安デリヘル店です。
通常の風俗店では美しい女性と遊べることを宣伝材料としますが、デッドボールは「日本一の最低レベル」を自称し、酷いランクの女性が揃っていることを敢えて宣伝しています。
デッドボールは女性のレベルが低いのが特徴である一方、プレイ料金も低額に抑えられており、格安デリヘルの中でも最低水準のレベルになっています。
女性のレベルの低さを敢えて強調するデッドボールは、週刊誌における風俗記事の格好のネタになり、風俗に関心を持つ男性に知られるようになりました。

デッドボールの影響で、鶯谷の女性のレベルは低下した

最低レベルを自称するデッドボールの採用基準は独特です。
女性であれば誰でも採用することを公言し、通常のお店では採用されないブスやデブなどの女性も採用しているのです。
デッドボールの誕生で、様々な問題を抱える女性が鶯谷に集まるようになりました。
100キロを超えるような体重の女性や60歳を超えるような高齢の女性がデッドボールには所属しており、中には、家がない女性が店内の待合室に住み込んでいるような場合すら確認されています。
このような華やかさとは無縁の女性たちがデッドボールに集まることで鶯谷の風俗嬢の平均点を下げてしまい、鶯谷の女性のレベルが低下してしまったのです。

誰でも女性でよければ良いという貧乏客が鶯谷に集まった

最低レベルの女性を集めたデッドボールのサービス料も業界最低レベルに留まっています。
標準的なデリヘルの半額以下で遊べるデッドボールの誕生で、従来、風俗では遊ぶことが出来ない低所得者の貧乏客が鶯谷を訪れるようになってしまいました。
一般に、所得が低くなれば低くなるほど、人格や品位に問題を抱える人が多くなりますが、鶯谷は最低レベルの女性が集まるだけではなく、その女性を求めて最低レベルの男性が集まる街となってしまったのです。
デッドボールという格安デリヘルの誕生で貧乏客が鶯谷に集結した結果、鶯谷は稼ぎづらい街となってしまいました。

格安デリヘルが競合するようになった鶯谷

格安
デッドボールの誕生は、鶯谷に大きな変化をもたらしましたが、さらに、大きな影響を与えたのはデッドボールを追随するお店が鶯谷に多く生まれたことです。
鶯谷には格安デリヘルなどの格安風俗店が多数展開し、稼げない街となってしまいました。

鶯谷では格安店が競合するようになった

デッドボールは当初、成功するとは思われていませんでした。
しかし、マス・メディアの注目を浴びてデッドボールの知名度は上がり、オープンから5年以上が経過しても一定の成果を上げ続けています。
そんなデッドボールを真似る店舗が鶯谷に誕生するようになったのです。
その結果、吉原や歌舞伎町、大塚などの風俗店に在籍できない女性が鶯谷に流れてくるようになりました。
安いバック額でも構わないから働きたいという女性が鶯谷に集い、鶯谷は風俗嬢が多い街となったのです。
1つの地域に在籍する風俗嬢が多くなればなるほど、待機時間が長くなり、お茶をひく可能性も高まります。
風俗ではお客が取れなければ1円の稼ぎにもなりません。
格安の店舗が多い鶯谷では採用はされやすいものの、ライバルが多く、稼ぎづらくなっているのです。

価格競争が熾烈になった鶯谷

格安風俗店が多くなった鶯谷では、競争が熾烈なものとなっています。
風俗では、サービス料金とサービス内容の二つの面から競争が行われますが、鶯谷ではその両面における競争が激しくなったのです。
デッドボールは女性を安売りしているお店ですが、その水準が鶯谷における基準となってしまったのです。
他の競合店もなるべく安い価格で多くのお客様を呼び寄せようと、女性を安売りするようになってしまいました。
鶯谷で働く女性も、鶯谷以外では行き場がないため、不当に思われるお店の要求にも応じるようになり、鶯谷全体が安い地区となってしまったのです。

過剰サービスが当たり前となった鶯谷

鶯谷における競争はサービス価格に留まりません。
サービス内容にまで、競争は及んでいます。

デリヘルではどのお店でも本番行為は禁止しています。
もちろん、デッドボールでも禁止です。
しかし、本番をするか、しないかは結局、女性の選択に委ねられており、本番をしてしまう女性たちが表れてしまっているのです。

特に、鶯谷で働く女性たちは、容姿や体型、年齢に問題を抱えている場合が多く、普通のプレイをこなしているだけでは指名客、リピート客を獲得できません。
どうしても稼ぐ必要がある女性たちは、指名を獲得するために積極的に本番するようになってしまいました。
また、一度味を占めてしまった男性客は、次回からは当然のように本番を求めるようになってしまいます。

そこで、鶯谷では本番ができるのが普通のようになってしまい、普通のデリヘルに所属したつもりであっても本番を男性客から求められることも多いため、鶯谷で働く場合には注意が必要です。

稼ぐのが難しい鶯谷

難しい
風俗で働く最大のメリットは短期間で高収入が得られることです。
しかし、鶯谷で働いた場合、努力しても高収入を得られるのは難しくなっています。

東京には他にも稼げる街がたくさんあります。
可能であるならライバルが少なく、客層が良い街を選択したほうが稼ぎやすいのです。

悪循環に陥った鶯谷

デッドボールの誕生以降、鶯谷にはレベルの低い風俗嬢が多く集まり、そのような風俗嬢を目当てとしたレベルの低い男性客が集まるようになってしまいました。
まさに、貧乏客と風俗嬢がレベルの低さを競い合うような夢のない、悪循環に陥ってしまっているのです。
東京における最もレベルの低い風俗街が鶯谷とさえ言えるのです。
鶯谷はもはや風俗嬢にとって稼ぎやすい街とは言えなくなっているのです。

鶯谷では努力に応じた稼ぎが得づらい

風俗で働く最大のメリットは短期間に驚くほどの高収入が手にできる点にあります。
数日で一般人の月給に相当する金額が稼げるという所に風俗で働く醍醐味があるはずです。
しかし、風俗嬢が安売り合戦をする状況にある鶯谷では、そのメリットが活かせません。
女性の能力や器量が正当に評価されない可能性が高く、働きや努力に応じた報酬が手にできない可能性が高いのです。
もちろん、大塚などのデリヘルに所属できず、どうしても風俗の仕事で稼ぎたいという場合、鶯谷は選択肢となります。
容姿や体型、年齢に対して最も許容な街が鶯谷であるため、行き場のない女性でも受け入れてもらえる可能性が高くなっています。

しかし、多くの男性客を引ける容姿、器量の持ち主であるなら鶯谷は避けるべきです。
他の街で働いたほうが、遥かに多くの収入を稼げるに違いないからです。

まとめ


デッドボールという格安デリヘル店が誕生したことから鶯谷の状況は変わりました。
どのような女性でも採用してしまうデッドボールを目的とした貧乏客が鶯谷を訪れるようになって、低価格、過剰サービスのお店が増加し、レベルの低い風俗嬢が溢れる街となってしまったのです。
安売り合戦が繰り広げられている鶯谷では、思うように稼げない可能性が高くなっています。
可能であるなら、大塚や渋谷などのお店に所属したほうが稼ぎやすいのです。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

デリヘル・ホテヘル
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました