鶯谷の本デリで働いたら日給いくら稼げますか?

鶯谷は、今や都内有数のデリヘルのメッカ、といわれています。

ここ最近鶯谷に波が来ている正確な理由は定かではありませんが、都内でいうと渋谷の円山町や池袋北口、新宿歌舞伎町界隈などと並んで、ラブホテルが密集していることや、戦後の昔からいわゆる「連れ込み宿」なるものが地域的に多めに見られてきた土地柄であること、大都市と比較すると落ち着いた地域(よく言えば「大人の街」、悪く言うと「高齢者の街」)であることも、関係しているのかもしれません。

デリヘルが密集すると、そこには当然市場の原理で競争が生まれ、サービスの質や価格設定などがシビアになり、「デリヘル激戦区」の様相を呈してきています。
「鶯谷DC」というキーワードがさかんに取り沙汰されているように、近年は、いわゆる「本デリ」なるものも、多くなってきているようです。
結構過激なサービスともいえる「本デリシステム」ですが、働く女性目線で見た場合に、いったいどれくらい稼げるものなのか、他の地域との比較において、鶯谷の本デリはどうなのか、リサーチしてみました。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

本デリの存在の実態

自由恋愛
自由恋愛が大前提

「本デリ」とは、「本番デリバリーヘルス」の略になりますが、デリヘルは原則として本番はNG、というのが建前です。
しかしそこは「自由恋愛」という名のもとに、さまざまな交渉がおこなわれているのはもはや公然の秘密であり、働き手もお客さんも、そのあたりを考慮して遊ぶ(女性目線では「働く」)、ということになります。
ルールとしてはこのとおりなのですが、やはりそこは需要と供給の関係、お互い納得づくであれば、本デリとして成り立ってしまう、というものです。

近隣の吉原の相場はどれくらい?

ソープもまた、実態とは裏腹に、自由恋愛を名目に、本番がおこなわれていることで知られています。
そこで、鶯谷と同じ台東区で、近隣のソ-プ街である吉原の相場を見ていきましょう。
吉原は、ネームバリューもさることながら、神奈川随一の大きなソープ街を擁する川崎や、ソープが点在している新宿などと比較すると、高級店がたくさんある、といわれています(ソープには、高級店、中級店、大衆店といった分類が、今も存在しています)。
そんな吉原は、入浴料やサービス料をあわせた総額だと、5万~10万といった価格帯のお店も結構存在しています。
働き手へのバックとしては、ソープの場合はサービス料の5割から6割程度が目安のようです。
そうすると、高級店では時間も長いので、日給としても8~10万円程度は期待できそうです。
中級店、大衆店の場合でも、バックの率はそれほど変わらないので、お客さんがつけば数万円程度の取り分となります。

指名の数も関係する

また、これはソープもデリヘルも同じですが、指名がどれくらいとれるか、というところも、手取りに大きく影響してきます。
昨今はネットによる集客が一般的なので、ホームページに掲載している写真が良かったり、コメントの好感度が高かったりすると、フリー客が指名に切り替えるようなケースも期待でき、指名についてもある程度計算に入れることができそうです。
ソープの場合には、自由恋愛とはいえ、まず必ず本番に至るのがサービスの基本ですし、「風俗の王様」との異名をとるだけあって、他の業態と比較すると、結構高めの手取りが期待できます。
鶯谷の本デリは、ベースとしては本番があるわけではなく、「交渉の末に本番に至る」、という形式をとっているだけに、事前に価格が取り決められていることはない、という建前ではありますが、ソープとの比較においては、どうしても若干安い金額となってしまうようです。
しかしこの結果、大塚や五反田、そして鶯谷などの都市が、風俗のメッカとして、お客さんからも働き手の女性からも重宝される存在に成り得ている、ともいえます。

日給の内訳は?

日給
ソープとそれほど変わらない

鶯谷のデリヘルで働く場合でも、日給の内訳としては、ソープと大きく変わらないようです。
若干バックが安いということはあるものの、大きくは、サービス料のバックと指名料で構成されているところは変わりません。
またソープの場合、(風営法の関係もあって)日の出から終電あたりまで、といった稼働時間が一般的ですが、デリヘルの場合はさまざまです。
しかし、指名が入っていない場合の待機時間や、お客さんの入り次第で変わってくるフリー客の付き具合などによって、日給は変動する、と考えられます。
さらに月単位で考えた場合には、生理の期間や、勤務の回数などにも報酬は大きく左右されます。
鶯谷DCが比較的人気の今の時期は、他の地域よりもある程度安定した報酬が期待できるものの、変動要素はかなりある、と思われます。

3~4万くらいは期待できる?

それでも、鶯谷のデリヘルのおおよその平均日給としては、3~4万円程度が相場である、といわれています。
変動要素はあるものの、どの年代の女性も、昨今の鶯谷のネームバリューも手伝って、ある程度安定して稼ぐことができるようです。
中には高級DCも存在していて、人によっては5~10万程度、さらにそれ以上稼げてしまう場合もあるようです。
ただし、あくまでもお店の経営方針や、人気の有無に左右されてしまうところもありますので、鶯谷の本デリであったとしても一概に「吉原並みに稼げる」、とはいいきれないところもあるようです。
安定して需要のある風俗業界ではあるものの、調子の波が地域にも影響するような業種でもあることから、鶯谷であっても厳しいところもあるようです。

人気の地域ならではのメリットもある

高年齢
お客さんの年齢層高め?

一方、お金を稼ぐとなると、「割に合うか否か」といったところも重要な要素になってくるのですが、鶯谷の場合は、例えば渋谷や池袋といった大都市と比較すると、お客さんの年齢層は高めである、といわれています。
その分、ある程度落ち着いた雰囲気での就業も期待でき、そういった意味では、コストパフォーマンス的には、かなり良い部類に入る地域である、ともいえます。
この点では、バックや日給が若干低めであったとしても、いわゆる「割の良さ」というものは、享受することができるかもしれません。

激戦区の中での差別化

さらに鶯谷の本デリの場合、韓デリと呼ばれるアジア系のデリもあるようで、整形美女を含めたかなりグレードの高い女性もたくさん存在しているようです。
レベルが高くなると、お客さんとしても働き手としても、「激戦区化」することはやむなし、というところですが、資本主義的に考えると、競争の激しい場所では、ルックスのみならず、サービスの質やその他の付加的要素も問われることとなり、働き手としては高収入や安定化というところも期待できるようになります。
こういったところは、人気の地域ならではのメリットとなり得ます。

まとめ

確認
鶯谷の本デリは、吉原のソープや、六本木の高級デリなどと比較すると若干低いものの、鶯谷という地域の根強い人気も相まって、ある程度安定して高めの日給を期待することができそうです。
今のところ、五反田や新宿に見られるような、大規模な駅前再開発プロジェクトの発足といった大きな変化は見受けられませんので、当面は現在みられる傾向が続くもの、と思われます(とはいえこのあたり、新都知事の方針も相まって、ダイナミックな動きを見せていく可能性もなくはありません)。
韓デリ人気の復興との相乗効果もあって、この先しばらくは、鶯谷本デリに期待できる可能性は大きいのではないか、といえそうです。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

デリヘル・ホテヘル
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました