鶯谷・大塚デリヘルで働くのに知っておかないと損することとは?

東京の山手線の駅のひとつである鶯谷は、都内どこからでも数十分程度以内で行けるアクセスの良さを持ちながら、山の手線の中でも大きな駅とは一線を画した、ユニークなキャラを持つ土地柄で、知る人ぞ知る存在となっています。
風俗のお店も、五反田や池袋などの大きな駅に負けず劣らず、結構な数が存在しています。
鶯谷で働くにあたって、知っておいたほうが良いこと、これを知らないと損をする、というところをあげていきます。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

実は「鶯谷」という地名は存在していない。鶯がなまっていた?

お店や業界のお話をする前に、鶯谷という呼称について説明しておきますと、この呼称には、誰もが意外に思うような事実を内包しています。
実は、「鶯谷」という行政上の地名は、存在していません。
山の手線の駅が存在している場所の住所は、東京都台東区根岸一丁目になっています。
周辺には、上野桜木や日暮里、下谷といった地名は存在ししているものの、鶯谷という地名は存在していません。
それではなぜ鶯谷と呼ばれるようになったかといいますと、その由来は江戸時代にまで遡ります。
鶯谷駅の近隣に、東京都台東区上野桜木一丁目に、天台宗関東総本山である、寛永寺というお寺があります。
このお寺は、徳川幕府の歴代15人の将軍のうち、6人をまつっている、由緒あるお寺になります。
このお寺には、京都から皇族が訪れることも多かったそうなのですが、ここを訪れた皇族のひとりで、僧侶でもあった公弁法親王が、この土地の鶯の鳴き声を聞いて、「江戸の鶯はなまっている」と指摘し、京都から取り寄せた鶯をこの土地に放ったそうです。
その後この地域が鶯の名所になったことから、鶯谷という呼称がついた、とのことです。

○台東区といえば吉原だが・・・

鶯谷は、東京23区のうちのひとつである台東区に位置していますが、台東区内には、「日本最大のソープ街」との異名を持つ、吉原が存在しています。
このため、鶯谷界隈が「唯一無比の風俗のメッカである」、とイメージはなく、実際店舗型の風俗も、台東区のほかの地区に比べると少ないのですが、近年デリヘルはかなり増えてきており、このところは土地ならではともいえる「鶯谷DC」というキーワードも、広まりつつあります。

○DC=デートクラブ

DCとは「デートクラブ」の略で、 文字通り「デートを促進する店」という位置付けとなっており、建前的には恋人のいない男性に女性を紹介し、出会って会話して、その先については「自由恋愛の領域」として取り扱っているという、ひと昔前に流行したスタイルを、新たに「鶯谷DC」として再構築して復興させている、といった位置付けのようです。
もっとも、鶯谷以外でもDCは存在しているようですが、渋谷や六本木といったメジャーな土地は、やはりネームバリューも手伝って、非常に高い値段設定をしている場合が多い、とのことです。
これらの土地と比較すると、鶯谷DCは、むしろ激安ともいえる金額設定のところが、数多くあります。
さらに、あくまでも自由恋愛であるという建前なので、いわゆるNSやND(ノースキン、中出しの意味)という領域にも、個人の裁量で踏み込んでいく可能性もあるというスタイルになります。
こうして、かつてのNK流(埼玉県の西川口特有の風俗スタイル)のような、地域性を帯びたユニークな風俗スタイルが出来上がっていったもの、と思われます。

鶯谷スタイルが相乗効果を生んでいる「三方よし」の鶯谷DCスタイル

風俗スタイルが地域性を帯びてくると、噂を聞いて他の地域からもわざわざその土地を目指してやってくるお客さんも多くなり、デリヘルやDCのニーズが高まります。
NK流や吉原、川崎なども、草の根レベルの人気から地域性の開発、活性化、そして定着化を歩んでいった土地で、過去の例に倣って、鶯谷DCも、その路線を歩みつつあります。
こうなると、高ニーズのところには好待遇が形成される可能性が高くなってくる、とのセオリーどおり、好循環が生まれやすくなります。
ニーズの高い地域について、働き手側のメリットをいくつかあげると、まず高ニーズのため、新人の雇用頻度が高くなります。
働き手としては、勤務先、つまり選択肢が多くなる、ということです。
また、お店には補償を設定しているところがありますが、お店を経営する側としても、多くのお客さんが期待できる確率が高くなればなるほど、従業員に対する保証制度を導入している可能性も高くなる、といえます。
お店が繁盛すれば、当然従業員へのバックも大きくなりますし、お客さんが増えれば、その分年齢層の幅も、ニーズの幅も広がるため、人妻や熟女といった年代の女性も、一定以上の期待値をもって雇用されることになります。
土地独特の風俗スタイルが、お店側、従業員側、お客さん側それぞれに対して好循環を生み出し、まさに「三方よし」、「WINWIN」の関係が築きやすくなる、と考えられます。

ラブホテル街で多く見かけるカップル

鶯谷DCの実態は、駅近辺のラブホテル街でも確認できます。
新宿や五反田、人形町などのように、特に企業が密集しているような地域ではないにもかかわらず、幅広い年代の多くのカップルが、鶯谷のホテル街を利用しているように見受けられます。
利用者にとっても、職場などから鶯谷へのアクセスの良さに加えて、大都市に比べると目立ちにくい穴場的な場所であることや、ラブホテルの利用料も、大都市圏と比較するとリーズナブルであることも、鶯谷をチョイスする理由としてあげることができそうです。
地域性は何年かの周期をもって訪れるものなのですが、近年は、鶯谷にその波が来ているように思われます。

リスクも考えておく必要はある?自由恋愛ならではのリスク

良いことばかりに見える鶯谷ですが、働き手目線で考えた場合に、デメリットが考えられないわけではありません。
自由恋愛であるという建前であるがゆえに、お店の罰則や規則が厳密に規定されずに、お客さんとの交渉のなかで、過度のサービス内容の要求や、その延長線上としての本番、さらにNSやNDに発展するの可能性も、DCならではのリスクである、といえます。
また、ディスカウントストアや牛丼チェーンの価格破壊に見るとおり、供給過多になって競争が激しくなってきた場合に、ハードなサービスに見合わない激安な料金設定をのまざるを得ないようになるケースも考えられます。
このあたりは、対策をよく考えたうえで、行動を起こした方がよさそうです。
また、ニーズが高い場合には、サービスレベルがハードになるばかりか、お店に求められる稼働時間も、通常の地域と比較すると、相当ハードなものになる可能性も捨てきれません。
実入りが増えることはもちろん歓迎すべきことなのですが、体が資本であることは事実ですので、過度な負担がかからないような工夫は必要です。

まとめ

このように鶯谷は、新たな時代の自由恋愛のメッカとして、当面は発展を続けていきそうな雰囲気です。
かつての五反田やNK流がそうであったように、「売り手市場」を形成しつつある、といっても過言ではありません。
とはいえ、ニーズの増加の読みを、お店や業界が誤って、お店が集中しすぎて供給過多になってしまったり、逆に、想定以上に需要が高まってしまい、需要に供給が追い付かず、働き手である女性が、肉体的にも精神的にもハードワークになりすぎてしまうリスクも内在しています。
このあたり、より詳しいリサーチによって実態をきちんと把握しつつ、実アクションを進めていきたいものです。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

デリヘル・ホテヘル
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました