罰金・税金・厚生費・送り代はキャバ嬢の給料からいくら引かれる?

便利なサービすを利用することになると、その分だけお金を払うことになります。
キャバクラでも女性に対して良いサービスを使えるようにしていますが、これらのサービスを利用する場合にはお金が必要です。
しかし支払うタイミングは用意されていないので、基本的には給料から取られてしまいます。
この給料から差し引かれてしまう部分が結構あり、給料自体が大幅に減ってしまうこともあります。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

一般的に多い減額理由は罰金

一番キャバクラで減らされやすいとされているのが罰金です。
罰金を取られることはそれだけ駄目なことをしていることに繋がります。
多くの場合は遅刻をしているケース、ノルマを達成できなかったケースが該当しています。
欠勤も当然対象となりますが、最初から休みにしている日は該当していないので、勝手に休んでしまった場合に該当するものと考えてください。
これらの状態については確実に把握されて、給料から差し引かれてしまいます。

この罰金は限度があります。
遅刻や欠勤によって減額しても良い金額は、法律によって制限されていて、それ以上は減らしてはいけないとされています。
しかし店によってはそのことを考えずに一気に減額することがありますので、その話は特に考えなくてもいいです。
むしろ遅刻や欠勤をしていることは、そのまま大きな給料減額に影響すると思ったほうがいいです。

時間にルーズな状態になると、遅刻の場合は数千円程度の罰金欠勤の場合は時給の金額から倍くらいの金額を引かれることになります。
欠勤することは相当なダメージが大きく、特に無断欠勤の場合は3倍近い金額が減額されることになり、一気に給料が減ってしまう可能性があります。
そうした状態にならないようにするためにも、勝手に休んだり遅刻をする状況は減らすようにして、安心して通い続けられるような状態にしておくことです。

税金も当然差し引かれるもの

給料は税金を差し引いて支給されることが多いのですが、この税金は1割に設定されているところが多いです。
給料から税金を差し引いて支給することになるのは、確定申告などで多く取られてしまうことを防ぐためと、店として行わなければならない義務だからです。
そのため確定申告をしなくてもいいように、店側は1割程度、正確には10.21%という数字を取るようにしています。
しかしこの数字を取っていないところがあり、15%以上の差し引きを行っている場合もあります。

このような状態については、店側の収入として勝手に引かれているような感じになっていて、風俗嬢にとっては大きなマイナスになってしまいます。
5%というのはかなり大きなものとなっていますし、そう簡単に回収できるようなものでもありませんから、非常に厳しいと感じることが多いです。
そのようなキャバクラで仕事をしていると、どれだけ頑張っても給料の金額が多くならないので非常に辛い思いをすることとなります。

税金は10%程度を取ることが普通とされているので、その方針を採用しているところが当たり前と考えたほうがいいです。
これ以上取られている場合は、確定申告をすることで回収することもできますが、手続きはかなり面倒になってしまうので注意をして下さい。
そして多くの金額を取られることになった場合は、思い切ってキャバクラを変更して仕事をするなどの方法を利用するといいです。
給料として引かれる金額が多すぎることは、それだけ負担が大きくなってしまっていて、女性に対して給料で還元できないキャバクラと考えることが出来るのです。

厚生費はどれくらい取られてしまうのか

次に厚生費の話をします。
この費用は色々なものが追加されているので、店によって変わってしまうところです。
安いところは500円位から徴収されるような形になりますが、それ以上の費用を徴収するところもあります。
それでも3000円位が限度となっていますので、それ以上取られることは基本的にありません。
厚生費自体がそんなに重要な費用と判断されているわけではありませんから、あまりにも取らないようにしている店が多いのです。

しかしこの金額にはわけがあります。
普通に考えれば月500円と思ってしまうかもしれませんが、1日500円になっています。
そのため仕事をしている日数分だけこれがプラスされることになりますので、10日なら5000円以上に、20日なら1万円くらい取られてしまいます。
1日にかけられる厚生費を取ることが多いので、この金額は小さいほうが当然いいと思って下さい。
店によってかなり変わってしまうことがあるため、出来る限り厚生費は小さいところを狙いたいところですが、インターネット上でも情報を紹介してくれるところはないに等しいです。

あまりにも高いところは3000円も取られてしまい、厚生費が時給1回分に該当するような状態になってしまいます。
そんなに大きなところで仕事をしているのは非常に大変ですし、稼ぎが大幅に減るようなところになってしまうので、あまり仕事をしないほうがいいかもしれません。

送り代などの情報についても知っておこう

店からそのまま家まで帰る時、酔ってしまい結構移動するのが厳しいと思ってしまうことがあります。
その場合はドライバーの方にお願いして送ってもらう事になりますが、この送り代も店によって結構変わってしまうところです。
かなり安いところは500円で対応してくれますが、高いところは2000円位の出費になります。
これも1回の金額になっているので、当然多くなっている場合はその分だけ引かれてしまいます。

送り代については、自分が帰れるような状態になっているなら利用しない方法を採用することで減らすことができますので、特別出てくるような費用にはなりません。
むしろ大きなところの場合は送り代を使わないように、自分で帰ることが出来るように調整しておくことも大事です。
お酒を飲みすぎないように、そして酔い過ぎて後から迷惑をかけたり、自分にとってマイナスとなるようなことをしないようにしていると、それだけお金を残すことが出来るので安心できます。

他にはヘアメイク代なども追加で取られてしまうことがあります。
これはヘアメイクを自分で行っているのではなく、店に入っているヘアメイクの方にお願いしている場合は取られてしまいます。
自分で行えばそこまで負担はありませんが、行なってもらわないと綺麗にすることができないなど、問題が多くなっている人は利用しなければなりません。
指名のためには仕方ないことかもしれませんが、これも大きな出費になってしまいます。

他にはドレス代などもレンタルをする場合は500円程度取られてしまいます。
一応個人でも購入できるところはありますので、安いもので対応する方法もありますが、レンタルしたほうが安いと思っているなら利用しても構いません。
しかし1万円程度月に使っているようなら、それ以外の方法を使ったほうがいいです。

もらった給料がどんどん減らないように気をつけよう

キャストが受け取ることの出来る金額は、中抜されてしまうことが多いために注意をしないといけません。
バックによってもらっている良い金額も、最終的に罰金などで消えてしまうような状態になってしまうと大変です。

売上に貢献している人でも、余計なことをしていることで減額が大きくなって大変な思いをすることもあるので、あまり引かれるようなことはせず、システムを理解してノルマをクリアするような方針で仕事をしていくといいです。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

キャバクラ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました