セクキャバで稼げる給料の相場は?

キャバクラでもお触りを認めているのがセクキャバで、地方でも徐々に増えつつあるキャバクラの営業形式となっています。
この方法を採用しているところでは、それなりの時給を女性も受けることとなりますが、システム自体がキャバクラとは少し異なる形式を採用していることもあり、若干戸惑いがあるかもしれません。
これらの情報をしっかりと理解した上で、仕事をする検討しておくことが望ましいです。

※参考記事

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

時給計算のところで仕事をする場合

大半のところは、時給計算によってセクキャバの給料を決めていることが多いので、多くのところがこれに該当しています。
時給計算を行っている場合は、時給がだいたい3000円くらいから計算されるものと考えていいです。
これは体験入店ん段階である程度の額が決まっていて、その範囲からどれくらい落としても良いのか考えているからです。
ある程度指名をもらっている人の場合は、逆にアップしていることもあるので数字としては大きくなることもあります。

地方の場合は、そこまで多くの金額を用意することができないこともあり、提供される時給については最低でも2500円位、最大で3500円位になります。
これをオーバーしている場合は、相当認められていると判断してもいいので、給料的には相当高い数字であることを判断できるようになります。
逆に最低金額よりも下の給料で仕事をさせられている場合は、全く稼ぎを貰えることができませんし、店としても戦力外に近い扱いをしたいと思っているために、扱いも徐々に悪くなってしまいます。

都市部の場合は、地方の最大給料となっている3500円がスタートラインになっていて、最大は5000円オーバーとなります。
3500円を下回るような状態になっているなら、それは店としても戦力外に近い状態になっていて、あまり給料を支払いたくないと思っていることが多いです。
なるべくこの時給の範囲に入っていることが望ましいことで、これよりも下になってしまう場合は働き方などの問題を考えていくことも大事です。

セクキャバの給料システムについては「セクキャバの稼ぎやすい時給システムって?給料に差がでるよね?」を参考にして下さい。

日給に換算するとどれくらいになるか

では1日で稼ぐことが出来る金額はどれくらいになるのか、次はこれを知っていなければなりません。
地方と都会でこの数字も変わってくることになりますので、ある程度高い数字が貰えるように仕事をしていったほうが良いかもしれません。
基本的に日給としては、地方は最低でも1万円程度、最大で2万円を超える金額に、都市部では最低でも2万円程度、最大なら4万円を超えることもあります。
この数字を目安として考えていくと、ある程度わかりやすいかもしれません。

地方の場合は時給を考えると、4時間位仕事をしていた場合はこの数字になります。
最大というのは6時間から7時間位の仕事をしていた時に受け取ることが出来る数字となっていて、これもかなり高い金額と考えていいです。
地方でもそれなりに時間を使えば稼ぐことの出来る給料は増えることになりますが、システムの関係上あまり長時間仕事ができなかったり、場合によっては途中で減額されるような状況も生まれることがあるので、なるべくルールを守って接待を行うようにして下さい。

都市部の場合は相当高い給料が確保されているので、短時間でも2万円を超えるような数字を受け取ることができます。
しかし減額され続けると2万円も下回ってくるようなことがあり、扱いが悪くなってしまう可能性もあります。
一方で指名を大量にもらっていて、時給としてもたくさん出すことが出来るエリートと判断されるようなら、それは相当な給料を受取れます。
長時間仕事をすることも可能になり、その給料は4万円どころか5万円を超えてくるような状態となり、かなり給料を得られている女性と判断されます。

ナンバークラスになると、5万円という日給は相当高い数字になっていますが、当たり前のように受け取ることが出来る要素を持っているのです。
これがセクキャバの良いところでもあり、通常のキャバクラよりも稼ぐことが出来る良さを持っていて、比較的高い給料を受け続けることができます。

体験入店の段階で給料はどうなるのか

セクキャバのシステムでは、まず体験入店してもらってから、その後で実際に店に入店して仕事をしてもらうことが多くなっています。
給率はこの体験入店の段階を元に決められることになり、体験の時点でしっかり仕事をしていて、キャバクラとして戦力に出来るかどうかを判断しています。
この判断がしづらいと思われるような状態になってしまう場合は、体験入店の給料から割合で引かれてしまい、これがスタートラインの給料として支給されることとなります。

体験入店はどこでも5000円弱くらいの給料を出していることがあります。
体験のラインはどこでも一緒ですし、とにかく店に入ってもらいたいというのが願いとしてありますから、まずはスタートラインとして高い給料を出していることが多いです。
これもキャバクラとは違うポイントとなっていて、1日目から相当な給料を受取れますし、時給で5000円位出してくれることを考えると長時間の仕事も行いやすくなります。

しかし体験入店の給料については、一定の時期までしか支給できませんし、体験入店自体も認めている日数が異なっています。
お店によっては給料をある程度出してくれるので、3日くらいまでは認めていることもありますが、1回だけという場合もありますので、このケースの場合は受け取れる金額が少なくなると思って下さい。
認めてくれないようならそもそも体験入店として仕事ができないので、入店して働かないといけません。

この体験入店は非常に重要な要素となっていますから、ここで失敗ばかりしているとか、指名が貰えないような状態になっていると本当に仕事をしている時の給料は安くなってしまいます。
売上に貢献できる人が、どんどんお金をもらえるようなシステムを採用しているのがセクキャバですので、指名を貰えないことはスタートライン自体もかなり下がってしまいます。

体入に行った女性から「求人広告の体入時給と違った」という報告があったので、詳しく調べました。
セクキャバ求人の体験入店時給の金額は本当に信用していい?」を参考にして下さい。

バックとして受け取れる金額も増やそう

キャバクラにはバックというシステムが採用されているので、このバックを受け取るようにしていれば給料自体は多くなります。
セクキャバの場合もバックが用意されていて、これを貰い続けているようなら給料を増やすことができます。
時給の中に含まれていない金額となりますから、かなり増やすことが出来るかもしれませんし、このバックを狙いすぎたことで男性から嫌がられてしまうこともあるので注意してください。

バックをもらいたいと思っているなら、さり気なくお願いしてみるとか、男性側から切り出してもらうまで待ってみるなどの方法を採用していたほうが良いです。
これによってバックを貰えるかもしれないと考えられると同時に、無理をしていないからこそ相手の方が嫌な思いをしていないと感じて、接待を続けることができます。
これに失敗すると結構痛い思いをすることもあります。

セクキャバは稼ぎが多くなる可能性を持つお店

セクキャバでの仕事は、時給によって計算されているので、とにかく指名をもらって成果を上げ、売上に貢献することが必要です。
こうして売上に貢献し続けることができていると、自然と時給はアップする仕組みが採用されます。

とにかくお金を稼ぎたいと思っているなら、指名を貰うために必要なこと、そして時にはルールの範囲内で出来る大胆なことも挑戦することになります。

おすすめ記事

セクキャバは時給制なので収入が安定する点で言えば、安心です。
普通のバイトよりも高収入ですからね。ただ、風俗のようにガッツリ稼ぎたいという女性には少し物足りないかも知れません。
次のおすすめ記事は、セクキャバみたいな高収入バイトともっと高収入が期待できる風俗系バイトをご紹介します。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

セクキャバ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました