ガールズバーとキャバクラはどっちが稼げる?時給が高いのは?

夜のお仕事でバリバリと稼ぐことができるナイトワークというと、お水か風俗かと思います。

最近は、普通にアルバイトをしても、時給が1,000円超えれば上出来ですが、頑張ってもせいぜい10万円いけばマシかもしれません。

OLとして、頑張っている人でも20万円台止まり。

それ以外で、もう少し収入が欲しい人も居れば、ナイトワーク専門でガッツリ稼ぎたい女性の人もいらっしゃるでしょう。

でも、若い女性の人であれば、風俗でなくても、ソコソコ稼げるものから、アッと驚くくらいのものがあります。

ガールズバーとキャバクラ

夜のお仕事で、まとまった収入を作って稼げるお仕事というと、すぐに思い浮かぶのがキャバクラ。

1ヶ月に100万円程稼ぐコンパニオンもいるくらいです。
でも、最近は、ガールズバーで働いている女性の人も結構います。

男性にとっては、キャバクラもガールズバーでも、興味津々になりそうなのですが、どちらか稼ぐことがどきるでしょうか。

おそらく1ヶ月の収入から見てみると、キャバクラの方がいいかもしれません。

それでもガールズバーでも、コンパニオンが集まるということは、それなりの魅力があるはずです。

そもそもガールズバーって、どんな感じの所?

ガールズバーは、京都が発祥らしいのですが、一種のスタンドバー、もしくはワンショットバーです。

カウンター越しに、バーテンダーがカクテルを作ったり、アルコールを出してくれるタイプのお店です。

ただ、”ガールズ”と呼ばれるくらいなので、バーテンダーさんは、全て女性です。

男性に人気な理由は、ガールズのコスチュームがセクシーで、ドキドキさせてくれる格好が刺激的ということで、毎日とは行かないまでも、週に何回も通い続ける男性客がいる程です。

システムは、チャージ料として、席に座ることで、料金が発生する場合が基本ですが、中には無料というお店もあります。

また、セット料金が1時間飲み放題で3,000円前後というメニューも用意されていることから、結構人気があります。

ここで働いている女性は、女子大生やOLが昼間の仕事を終えて、アルバイトで働くということも少なくありません。

また、飲み放題のセットメニューの他にボトルのシャンパン、ワインを頼んだり、滞在時間が長くなってくると、料金もかなり跳ね上がるのです。

ガールズからすると、いかに長く居てもらい、たくさんオーダーしてもらうのが、狙いでもありますが、気楽に働ける雰囲気があります。

ガールズバーだと、どの程度稼げるか?

バーの仕組みによっても、大きく変わってきますが、時給だと平均して、1,500円前後です。

というのも、時給の設定には、色々な経費が含まれたり、逆に差し引かれる場合もあるからです。

よくあるのは、交通費込みの場合です。

これを含んで紹介サイトに表示されることもあります。

また、控除される額もお店によっては、高い所もあります。

源泉徴収や衣装代や中には会社勤めのように福利厚生まで、引かれる場合もあります。

このようなことから、時給は平均的に1,500円程度ではないかと思われます。

しかし、ガールズバーでも、バック呼ばれる歩合給も結構大きい収入となります。

お客さんからの指名料やドリンクやフード関係のオーダーをもらうことで、お店からのバックカラーあります。

これを加えると、もう少し時給が上がっていくので、頑張る気持ちが高まってくることは間違いありません。

これらの内容で、1日4時間?5時間働くと、月に15万円?20万円程度は稼ぐことができます。

学生のアルバイトとしては、かなりいい方ではないかと思いますし、OLの副業としてのお仕事としても、魅力があります。

では、キャバクラの収入は?

前述の通り、キャバクラのコンパニオンの中には月100万円超えもいるので、収入からすると、とても魅力的に感じるはずです。

でも、そこまでのレベルになるには、それ相応の努力が必要なことも事実です。

 

キャバクラ嬢も基本は時給です。

平均週的には12,000円?15,000円といったレベルでしょう。

しかし、ガールズバーと同じように、源泉徴収や衣装代、そして帰りの車の送迎代も必要になる場合があります。

また、髪のセット代、ネイル費用と自分をきれいにレベルアップされる費用も決して馬鹿にはなりません。

ガールズバーのより、時給は高いのですが、やはりバック(歩合給)も大きい収入となります。

キャバクラの場合、給与体系もいくつかのパターンがあることも、この仕事を始める舞えに知っておくことも大事です。

まずは、売上連動型です。

これは基本的な固定給に加えて、自分が売り上げの何%かを歩合としてもらえるパターンです。

次にあるのが、時給スライド方式です。

これは、売り上げ金額や指名数が増えてくるに連れて、階段式に時給が上がるパターンです。

普通のアルバイトでも経験やスキルが高くなってくると、時給が上がることと似ているかもしれません。

また、入店したばかりの新人期間中は固定給であったり、これに指名が1回付くと、いくらかバックの歩合給が加算される仕組みもあります。

しかし、キャバクラも歩合の部分が大きいために、必死にお客さんを掴もうとしています。

数多くの指名をもらうことは当然ですが、これに加えて、ワインやシャンパン等のボトルを入れてもらったり、ドリンクをもらうこと、そして同伴もあります。

開店前にお客さんと食事をして、そのままお店に連れてくるというパターンです。

これはかなりバックを大きくしているお店も多いのです。

キャバクラでは、常連客を作ることに必死!

このように収入の仕組みは、ガールズバーもキャバクラも似たような感じがするのですが、時給レベルやバックの金額自体はキャバクラの方が、とても大きいので、収入もいいのです。

ガールズバーで月100万円は不可能と言えるでしょう。

しかし、キャバクラでいい収入をキープすることもかなり厳しい世界を生き残っていかなければなりません。

常連客を作り増やすためには、同じ店内のコンパニオンとも、競争が厳しくなりますし、お店からのノルマが課せられることも少なくありません。

中には、ノルマが達成できないと、逆にペナルティーを求められることもなりますし、欠勤でマイナス給となることもあるので、厳しい世界で生き抜くことを考えると、過酷な業界かもしれません。

ガールズバーで自由に働けること

このようなある意味、厳しさのあるギャバクラで働くよりは、ガールズバーの方が気楽に働けると理解して、アルバイト感覚で頑張っている女性も少なくないのです。

また、キャバクラとガールズバーの違いで、大きなこともあります。

キャバクラは風営法上のお店であるので、深夜0時を過ぎて営業することができません。

一方のガールズバーは飲食業の対象となることから、その制約がないのです。

実際に朝方まで営業しているケースもよく見かけます。

そうなると、アルバイトや昼間の仕事と掛け持ちでも、週末にかけて、朝方まで働くこともできるのです。

そうなると、20万円でしかなかった収入が、30万円、40万円近くとガールズバーで稼ぐことも不可能ではないのです。

どちらを選ぶかはあなた次第

キャバクラとガールズバーのどちらが稼げるかと聞かれると、おそらく金額だけを見れば、キャバクラでしょう。

しかし、ノルマや時間の制約を考えたり、必要経費等、トータル的な見方をすれば、どちらを選ぶかは、あなた次第です。

キャバクラを本業として取り組むのか、あるいはアルバイト、副業感覚で行えるガールズバーがいいのかは、自分の考え方や生活スタイルで変わってくるはずです。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

キャバクラ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました