ソープの面接は何時間くらいかかるの?落ちる時はわかるもの?

ソープの面接は緊張するものです。
だからこそ事前にある程度知っておいた方が緊張感や不安もも和らぎます。
自分自身をしっかりアピール出来ますが、面接時間はどれくらいかかるのかや、落とされる時は分かるものなのか。
その点もチェックしてみましょう。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

面接時間はお店によって異なる

基本的に、面接時間はお店によって異なります。
ソープのお店も多々あります。

  • 高級店
  • 中級店
  • 大衆店
  • 格安店

これらによって面接の内容は大きく異なります。
例えば高級店の場合、誰でも採用される訳ではありませんが、格安店であれば余程のことがない限り面接=採用と考えてよいでしょう。

お店のスタンスも異なりますので、それぞれで見ていくとしますが、風俗の世界も需要と供給がとても大切です。
売り手市場・買い手市場と言い表しても良いでしょう。
例えば高級ソープ店は誰でも採用する訳ではありません。
お店が選ぶという点でお店の方が立場が上になりますが、格安店の場合は働いてくれるなら誰でもOK。
つまりは女の子が選ぶ側になります。
それらの事情を考えると、ソープでの面接にどのような意味が含まれているのかが分かります。

高級ソープ店の面接の場合

高級ソープ店の面接の場合、面接のハードルそのものが高いです。
面接時間が始まっているものの、なかなか姿を現さないと思ったら別室から待合室をモニターでチェックシ、雇うべきかどうすべきか判断しているお店さえあります。
高級店の場合、基本的に面接の時間はそこまで長くはありません。
なぜなら雇わないと思った女の子にはシビアですが「時間の無駄」と言わんばかりに面接をすぐに打ち切ります。
先にもお伝えしたように、高級ソープ店の場合、「誰でもOK」ではありませんので面接でふるいにかけます。
逆に面接に通過した場合、そこからは長いです。
お店によってはそのままボディチェックやパネル撮影などプロフィールの撮影に移行する所もあります。
説明もそこそこに、女の子の気持ちが変わらないうちに働く既成事実を作らんとばかりにそれらを済ますのです。

高級ソープ店はシビアです。
必要ないと思ったら容赦なく面接は終了しますし、必要だと思えば面接そこそこに次のステップに以降しますので、合否を告げられた訳ではないのに、やたらと働き初めてからの説明が続いたり、急にボディチェックやパネル撮影が始まれば受かったと考えてよいでしょう。
細かい部分は働きながら覚えてもらうというスタンスの所もありますので基本的に面接時間は短めですが、冒頭でもお伝えしたように別室から見られているケースもあります。
面接時間が始まっているのになかなかスタッフが現れない時でも油断せず、あくまでも見られているのだと意識しておきましょう。

一般大衆ソープ店の面接の場合

一般大衆ソープ店の面接の場合、高級店よりもお店の方針が如実に現れます。
決して高級ソープ店程ハードルが高い訳ではないものの、お店側としても人気が出ないような女の子を雇った所で意味はありません。
特にソープの場合、建物内でのサービス奉仕になります。
デリヘルの様に無尽蔵に人を雇える訳ではないので、人気の出ないような女の子を雇っても、言葉は悪いですが「不良在庫」になってしまいます。
ですが高級ソープ店程厳しくはありません。

面接時間は一般的には1時間程度が一般的です。
面接の際、とりあえず必要事項は説明しますので、どうしても長くなります。
分からないことは質問出来ますし、お店側も後々トラブルにならないよう、伝えておかなければならないことはしっかりと伝えます。
その上で合否を判断しますが、やる気が大切です。
高級ソープ店の場合、やる気よりも美貌です。
残念ながら太っていたり、ルックスがそこまでじゃないと思われるような女の子が面接を通過するのは難しいのですが一般大衆ソープ店であればそこまで厳しくはありません。
やる気を出し、その日のうちから体験入店出来るくらいのやる気を見せれば落とされるようなことはないでしょう。
その場合、すぐにパネル撮影やプロフィールの作成に移ります。
体験入店まではいかないものの、やる気があるとなればその場で「~日から出れる?」といった具合に聞かれるでしょう。
そして初回出勤日までにパネル撮影やプロフィール作成を済ませてからの出勤という流れになります。

ちなみに落とされる時はお店側も一応は説明しますが、「後日連絡する」となった時は残念ながら落ちている可能性が高いです。
風俗はとにかくすぐにでも働いてくれる女の子を求めています。
体験入店出来ると伝えれば落ちる可能性が低くなると言ったのは、すぐにでも働けるのであればお店としてもありがたいのです。
つまり、すぐにでも働く人を欲しているのに「後日」という言い回しは、「直接不採用を伝えるのは可哀想だから」というニュアンスが含まれています。
面接の最後でこの言葉が出てきたら残念ながら不採用の可能性が高いです。

格安ソープ店の場合

格安のソープ店の場合、そもそも落ちる可能性がかなり低いです。
このように言っては申し訳ありませんが、「誰でもOK」です。
働いてくれるのであればお店側があれこれ選ぶ側ではない。
誰でも大歓迎。
それが格安のソープ店になりますので、面接=採用と考えて良いでしょう。
そのため面接時間はとても長いです。
面接というよりも説明会と考えてよいでしょう。
他のソープ店の場合、面接はどのようなお店なのかや、お店で働いてくれるのであればどのような形で働けるのかのチェックです。
どんな女の子か判断し、採用すべきかどうかを決める時間ですが、格安ソープ店の面接は採用すべきかを決めるのではなく、働いた後のことまでその場で説明しますので、面接の時間はどうしても長くなります。
2時間かかるケースもあります。
働いた後のことまですべてそこで説明してくれます。

なぜこのような違いがあるのかといえば、定着率の違いもあります。
高級店で働く女性の場合、長く働きたいと希望している女性が多いため、「入店してから徐々に」というスタンスでも良いのです。
お店側としても初めにあれこれ説明したところで分かる訳がない。
働きつつ、分からないことがあれば指摘するなり解決してもらったりというスタンスの方がマッチしているのですが、格安店の場合、長期的に働きたい子よりも短期間で働きたいと考えている女性が多いため、面接の時に伝えるしかないのです。

後になって「聞いていない」「知らない」といったことにならないよう、最初に全部説明するのです。
最初に全部説明しておけば、それこそ一日だけで辞められたとしても「全部伝えた」になりますので、面接時間は長くなりますが、面接という名の説明会です。
落とされるケースはほとんどありません。

まとめ

もちろんあくまでも大まかな目安になりますので、一般大衆ソープ店での面接で「では後日連絡します」と告げられたからといって100%不採用になるとは言い切れません。

また、高級ソープ店でもたまたまそのタイミングで女の子が手薄だと、ある程度採用ラインを下げますので、多少はハードルが下がります。
お店側の事情もありますので、これらはあくまでも参考程度に留めておくと良いでしょう。

ですが基本的にソープは人手不足です。
お客は多いものの、働いてくれる女の子はどのお店も欲していますので、一般大衆ソープ店、格安ソープ店であれば普通の女性であれば入店出来るでしょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

ソープランド
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました