ランカーのキャバ嬢ですが吉原で働いたらもっと収入稼げますか?

世の中が不景気になると、やはり色恋をウリにしている商売も、その影響をモロ受けしてしまい、思ったように稼げなくなってしまうものです。
そういった場合に起こるのが、水から風への乗り換え現象。
つまり、水商売であるキャバ嬢から、風俗嬢へと転身するといった現象になります。
風俗業界に興味がある方の中には、水商売を行っており、ランカークラスのキャバ嬢なんて方達も非常に多いもの。
ここではランカーのキャバ嬢が吉原で風俗嬢になったら、キャバ以上に稼ぐことが出来るのかどうかを紹介します。

ランカーキャバ嬢が抱くイメージ

ランカーキャバ嬢が水商売から風俗業界に鞍替えしようとした際、抱くイメージとしては、やはりデリヘルでもソープでも、キャバクラで実績を残しているのだから、高級店に在籍できるのは当たり前。
体を売ればキャバの倍は簡単に稼げるといったイメージではないでしょうか。
キャバ時代に培った人脈を使って、営業をすれば、年収などは倍は稼げるという発想です。
しかしながら、ソープでもデリヘルでも高級店が多い吉原に行ったとしても、倍の年収を稼げる保証はどこにもありません。
現実的には、キャバ嬢で売れても風俗嬢となって売れない風俗嬢という地位に落ちてしまった女の子も沢山存在しているのです。

そもそもどうしてキャバから風俗へ?

キャバ嬢でランカーまで上り詰めているのに、どうして風俗嬢への転身を希望するのでしょうか。

営業活動が辛い

派手な容姿や抜群のスタイルがあれば、キャバ嬢としてランカー入りできるわけではありません。
機転が利く気遣いであったり、お客さんが変わっても話題についていける対応力や知識も必要です。
他にも、プライベートでもメールなどで連絡を取り合ったり、フリーでついたお客からは、指名してもらうようにさまざまな手を使って営業活動をしていく必要があります。
つまり、信じられないほどにプライベートを切り売りしてまでも、営業活動を行わなければ、ランカーの地位を維持することは出来ないわけです。
ただ可愛い、スタイルが良いといったことで売れれば、ここまで苦労はしませんね。
営業活動が想像していたものよりも辛く、それが嫌になって風俗に切り替えるという方が多いのです。

女の子同士の足の引っ張り合い

水商売は、同じお店の女の子達の人間関係が嫌になり、辞めるという方が非常に多いものです。
お客さんの取り合いはもちろん、女性同士で相手の粗を探したり、嫌がらせやいじめをしたりと、ドロドロとした舞台裏がある世界です。
お店側も、ランカークラスとその他の女の子。
更にランカーでも、ナンバーワンとその他の女の子との扱いをあからさまに格差付けしていることも珍しくありません。
これによって、どんどんと足の引っ張り合いや、人間関係が悪化してしまい、居心地が悪くなってしまう。
このようなドロドロとした世界が嫌になり、風俗の世界へ転身される女の子は多いものです。

枕営業をしているから

最後に鉄板の風俗嬢転身の理由としては、キャバ時代でも枕営業をしてしまっており、同じく体を許すなら、風俗の方が割が良いと感じたからというものです。
結局、お店や自分に多額のお金を使ってこられ、しつこく口説かれれば、体を許す他ないという女の子も多いようです。
またそれ以外の営業方法が分からず、体を許すことでしか指名を取れない女の子も多数存在しています。
結局体を許すなら、風俗をしているのと変わらない。
それなら営業に力を入れなくても良く、ドロドロした女の子同士の足の引っ張り合いもない。
更に体を許すのであれば、より楽に多額の給料がもらえる風俗嬢になった方が良いと考えるのは、当然といえば当然ですね。

なぜキャバのように売れないのか?

水商売から風俗業界に移り、大成功している女の子もいれば、前述にある通り、元キャバ嬢でも売れない風俗嬢という地位に甘んじてしまう女の子も存在します。
どうしてこういったことが起こってしまうのでしょうか。
それを知るには、キャバ嬢と風俗嬢との違いなどを把握しておく必要があります。

高いプライドが邪魔をする

まず売れない元キャバ嬢の特徴は、風俗嬢を下に見てしまっているケースがほとんどです。
自分は水商売の世界で、体を許すことなく、ランカーの地位まで上り詰めた実績がある。
これが風俗嬢としては邪魔にしかならないプライドになってしまい、接客の際にそれをお客さんも感じ取ってしまうわけです。
特にランカークラスになってしまうと、お店にとっては、本当にありがたい存在になるため、「姫扱い」されることになります。
知らず知らずの内に、他の女の子はもちろん、お店のスタッフすら下に見てしまう傾向があり、「高飛車な女」へと変貌しているケースが多いのです。
水商売の場合には、お客さんに気に入ってもらうと、多少のわがままやツンツンとした態度も許され、わがままに振る舞うことが出来ますが、風俗では通用しません。
なぜなら風俗とキャバクラでは求めているものが違っているからです。

お客の余裕の差

そもそも論として、まず風俗を利用するお客と、キャバクラを利用するお客の目的が違っているのです。
キャバの場合には、女の子をお金も時間も使い、口説き落とすという目的。
一方で風俗を利用するお客の目的はただ一つ。
セックスをすることです。
デリヘルでもなく、ソープに通うともなれば、よりストレートにセックスがしたいだけであり、目的が全く違っています。
前者には気持ちに余裕があるのです。
高嶺の花であるキャバ嬢に惚れさせるためにはどうしたら良いのか。
口説き落とす過程まで楽しみたい。
一方で風俗は、お酒にお金を使いたくない、口説く時間すらも惜しいという考えであり、心の余裕は全くありません。
こんなに気持ちに違いがあるのですから、水商売と同じ営業スタイルをしても、人気が出ないのは当然とは言えないでしょうか。

女の子の好みの差がある

キャバクラの場合には、ある意味でドレスで着飾り、盛り髪をして、ガッツリメイクをしているどちらかといえば、派手系な女の子が好きな男性が利用する傾向が高いです。
しかしながら風俗の場合、さまざまなジャンルが存在しているように、利用するお客さんの女の子の好みには、非常に差があるものなのです。
例えば、清楚なお嬢様系だけのお店もあれば、女子大生風の素人系のお店もあり、ギャル全開やおデブ専門、人妻や熟女専門といったお店も複数存在しているのです。
このため、キャバ時代のメイクなどをしても、吉原のソープ店では通用しないなんてことも珍しくありません。
お店の傾向と自分のスタイルがマッチしているのであれば、人気も継続出来る可能性が高いです。

まとめ

フリーでは人気があるけれど、ネットでしか売れないという状況で、リピーターで指名されないのであれば、やはり接客スタイルを変更する必要があります。
まず自身がキャバ嬢がマッチしているのか、風俗嬢としてやっていけるのかを知るために、掛け持ちなどをして業界に足を踏み入れてみるのも良い選択です。
風俗はエッチなサービスと、気配りが大切。
キャバ嬢の場合には、会話を重視しますが、風俗嬢は会話はある程度で十分などの違いは有名ですね。
このように水と風では似たような世界のように見えますが、売れるためのポイントというのが違っているということを前提に覚えておきましょう。
キャバ嬢としてランカーになっても、風俗嬢に転身すれば、倍以上稼ぐことが出来るというように、簡単にはいかないのです。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

キャバクラ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました