キャバ嬢の時給は売上が高くても変わらない?

キャバ嬢として働いてみたいと考えている女性にとって気になるのがキャバ嬢の給料システムです。

キャバ嬢の仕事は来店してくれた男性に癒しや楽しい時間を提供することですので、当然ながら人気が高くなるほど時給も上がり、それに伴って月単位の収入も増えていきます。

従って単に働いている年数によって時給が上がったりするわけでなく、頑張って多くの指名を取れればたくさん稼げる仕事だというわけです。

キャバクラの基本的な給料システムについて

キャバクラは店に貢献してくれたキャストには高い時給を払う仕組みになっている店が多く、その貢献度をポイントによって判定していくやり方がポピュラーです。
例をあげますと、「本指名」や「場内指名」をお客さんから受けたうえで接客を行った場合、ポイントが「1」ついたり「2」ついたりします。
また、同伴出勤もポイントがつきます。


ちなみにこの「本指名」「場内指名」「同伴出勤」の3つの場合、一番ポイントが高いのは「同伴出勤」で、「場内指名」ポイントは低くなるのが一般的です。
「本指名」と「場内指名」の違いについてはこの世界で働く前は違いが明確に分からないという女性も多いですが、一度接客をし、そのお客さんがその女性を気に入った場合に2度目以降に指名をすることを「本指名」と言います。
「場内指名」は始めて来店したお客さんが店の中で気に入ったキャバ嬢を指名することですので、「本指名」とは少々意味が違います。

つまり、「本指名」で遊びに来るお客さんはそのお店にお目当ての女性がいるということが明確なわけです。

従って来店するごとに楽しい時間であったり癒される時間を提供してもらったりしていると、定期的に店に来てくれる常連さんになるというわけです。

「本指名」が多いキャバ嬢はこういった常連の男性を複数抱えているわけで、当然ながら店への貢献度が高くなるため、ポイントが高くなるのです。

また、「同伴出勤」はさらに高いポイントがつけられます。

「同伴出勤」とはお客さんと待ち合わせし、食事などをしてからそのお客さんと一緒に店に出勤してくることを言います。

「同伴出勤」を希望してくるお客さんというのは、「本指名」で遊びに来る以上に特定のキャバ嬢を贔屓にしていることになります。

また、同伴出勤の前にはキャバ嬢と食事などをし、その代金もすべてそのお客さん自身が支払いますので、経済力がある男性ということが出来ます。

従ってそういう男性に気に入られているということで、ポイントは高くなるわけです。

このようなポイントは10日単位や半月、1か月単位といった感じで集計され、キャバ嬢個々の時給に反映されていきます。
集計の期間は店によって様々なのが実態です。
一般的にこういった時給のシステムを「ポイントスライド制」と呼びます。
また、このポイントスライド制以外にもいくつかの給料システムがあります。
ポイントスライド制と売上金額の両方が加味されて時給が変動する店もありますし、固定給でありながら定期的にキャバ嬢個々の売上が固定給に対してどれくらいの比率であるかを算出するやり方の店もあります。

固定給の場合、当然ながら給料以上売り上げている女性とそうでない女性に区分けもされますので、店にとって赤字で働いているキャバ嬢は負担になるため、場合によっては成績が悪ければクビになる可能性もあるやり方です。

とにかく人気を得ることが大事なキャバ嬢の仕事

このような給料システムからも明白なように、この仕事は何と言っても自分のことを気に入ってリピートで来店してくれる男性客を1人でも多く持つことが大切です。

初めから高い人気を得ることは難しくても、男性の気持ちを知り、どうすれば男心を掴むことが出来るのかなども日々勉強しておくことで人気キャバ嬢を目指したいものです。

キャバクラには幅広い客層の男性が遊びに来ますので、年齢層の高いビジネスマンの話をある程度理解しようとすればそれなりの社会情勢などもニュースなどで知っておくことが必要になります。

また、多くの知識を持っていても、それに対して自分の意見を必要以上に話し過ぎるなどもお客さん個々の反応によって臨機応変に変化させなければなりません。

男性という生き物は結構中身は複雑で、話を合わそうと一生懸命勉強し、それについて自分の意見などを積極的に話す女性よりも、自分が気持ちよく話せるように適度にタイミングのいい気の利いた相槌を入れてくれる女性の方が好きな場合も結構あるのです。

出来るキャバクラ嬢は男性個々の性格に合わせた接客テクニックは持ち合わせており、それが定期的な本指名の本数や同伴出勤の本数に繋がっているのです。

キャバ嬢と風俗嬢のサービス内容の違い

男の夜の遊び場としてはキャバクラのようにお酒を飲みながら女性と楽しい時間を過ごす店と、デリヘルやホテヘルなどのように性的サービスが提供される風俗店があります。

キャバクラや風俗は女性が高収入を稼げる場所として様々なサイトや仕事情報誌に掲載されていますが、キャバクラで働く場合は、風俗よりも高い話術は必要になると言えます。
風俗嬢でも会話が上手いに越したことはないですが、風俗に遊びに来る男性は目的は性的なサービスであることが多いため、多少会話が下手でもサービステクニックや体のスタイルが気に入れば男性はリピートで本指名もしてくれます。
しかしキャバ嬢の場合はそうはいきません。

基本的には会話をして楽しい時間や雰囲気を楽しみたくて店に来る男性が大半です。


従ってキャバ嬢の人気の分かれ目は男性個々に合わせて気の利いた話をし、楽しい雰囲気を作れるかにかかっているのです。

従って口下手では会話も途切れて沈黙の時間が出来てしまったりすると、なかなか2度目以降の本指名はもらえません。

もちろん、接客中にずっと間髪入れずに話をする必要があるというわけではないのですが、タバコを吸う男性ならば吸いそうな仕草になれば自分で持参したライターで素早く火をつけるといった行動は欠かせませんし、

お酒が減ってきたら適度なタイミングでお酒を作るなど、きめ細かい配慮が必要です。

それらを行う際に何らかの言葉を発していれば会話も途切れず、男性に気の利いたキャバクラ嬢だという印象も持たれるようにもなっていきます。

まとめ

キャバクラで働く場合、売上次第で個々のキャバ嬢の時給が違うことは認識しておきたいものです。
つまり、より多くの指名をもらえる人気嬢に成長すれば、必然的に給料が上がっていくわけですので頑張って多くの収入を得たいと考えている女性にとってはやりがいのある仕事だと言えます。
「本指名」「場内指名」「同伴出勤」などのポイントで時給が変動するポイントスライド制を採用しているキャバクラ店も多いです。
また、一部高級店などでは、売上と給料の比率を算出し、給料に見合った売上を出せていない女性には辞めてもらうといった形の経営をしている店もあります。
いずれにせよ、この世界で初めて働く場合は基本的な接客の心得やマナーを学び、コツコツと本指名してくれるお客さんを増やしていくことを考えて地道に働くことがベターです。
キャバ嬢は風俗嬢と違い、話術が固定客を多く持てるかどうかの分かれ目とも言えますので、男性ウケする会話や、社会情勢などについても日々勉強しておくことが必要となるのです。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

キャバクラ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました