風俗客の包茎の割合ってどれくらい?結構多くない?

こんにちは!
今回は風俗に来るお客さんの包茎率について調べてみました。

日本人の包茎

男性は包茎か包茎じゃないかをかなり気にするようです。
銭湯や温泉に行った時に、他の人の男性器を観察してしまうほどコンプレックスに感じる人もいます。
「包茎はかなりの少数派なのでは?」「包茎だとわかると彼女に嫌われるのではないか?」と不安に思う人も少なくないようです。
実際に日本人の包茎率は70パーセントほどとされており、「露茎」といわれる包茎でない人よりも多数派のようです。
あるアンケート調査によると日本人男性のうち「露茎」27.8パーセントで、それ以外は何らかの包茎であるという結果が出ています。

残りの約70パーセントのうちわけでは、「仮性包茎」が60.6パーセント、「真性包茎」が2.8パーセント、手術済みが8.9パーセントです。
風俗に来る日本人男性で何らかの包茎である人は、かなりの割合いることが予想できますね。

包茎とは

バナナそもそも包茎とはどのようなものなのか詳しく知らない女性もいると思うのでまとめてみようと思います。

包茎とは、男性器の先端にある亀頭部分に皮がかぶっている状態のことを指します。
包茎には大きくわけると3つの種類があります。
「仮性包茎」「真性包茎」「カントン包茎」です。
産まれたばかりの男の子はみんな亀頭に皮をかぶっていますが、その後成長するにつれて剥けていきます。

その剥け具合によって包茎の度合いが変わります。
「露茎」は男性器の包皮が剥けていて亀頭が露出している状態のことです。
包茎の男性にとっては憧れの状態です。
「仮性包茎」は非勃起時は包皮に覆われ亀頭は隠れていますが、手で皮を剥くことで亀頭が露出する状態を指します。

または非勃起時でも亀頭が露出しているけれど、手で包皮を亀頭にかぶせることができ、手を離しても包皮が亀頭にかぶっている状態の人を指します。
「真性包茎」は非勃起時でも亀頭が露出しておらず、手で包皮を剥くこともできない状態のことを指します。
「カントン包茎」は仮性包茎の一種とされていますが、包皮の先端部分が狭くなっており、非勃起時に手で包皮を剥いて亀頭を露出させることができますが、無理に剥くと包皮の先端部分が亀頭の根元を締めつけてしまい元に戻せなくなるような症状をいいます。
無理やりに包皮を剥いて腫れてしまった場合は、陰茎を圧迫することで亀頭が鬱血してしまうこともあります。

鬱血を放置してしまうと、一部が壊死してしまう可能性もあるので病院での処置が必要だそうです。
先ほども触れたとおり、日本人の包茎の大部分は自分で皮を剥くことができる仮性包茎で、包茎の人のうち約90パーセントに上ります。
仮性包茎の男性は自分で皮を剥けるので、清潔に洗浄していれば健康面での問題も非常に低いといえます。
真性包茎の人やカントン包茎の人は少数派ですが、性病や陰茎癌のリスクがあるとされているため、医療機関で治療を受けることが推奨されています。

また健康上のリスクは特にありませんが、非勃起時に亀頭に皮がかぶっているのが嫌だという男性は、見た目のコンプレックスを解消するために手術を受ける人も多くいます。
重度の仮性包茎の男性は、包皮が亀頭を常に覆っているので、皮を剥いた状態では感度が良くなり、セックスで早漏になる傾向があるようです。
早漏は恥ずかしいと思い手術を受ける男性もいるようです。

海外での包茎の認識

世界 地図日本人は仮性包茎が大多数であるにもかかわらず、包茎であることをコンプレックスに思っている男性が非常にたくさんいます。
海外の人はみんなズル剥けだと思ってる人も少なくないようです。
日本以外では「仮性包茎」という言葉は存在しないんだそうです。
つまり「仮性包茎」は海外では異常ではなく、ごく正常な状態だと認識されているということ。

イスラム教やユダヤ教などでは宗教的な理由から、新生児の時にペニスの包皮を切除する割礼という儀式が存在します。
割礼を受けている人口は世界中の約30パーセントで、それ以外はナチュラルな状態です。
特にヨーロッパ圏では仮性包茎が正常な状態だと認識されています。
日本人のように仮性包茎だから恥ずかしいという意識は薄いようです。

日本人が仮性包茎をコンプレックスに感じている要因のひとつとして、美容整形外科の影響があるといわれています。
タートルネックに顔の下部分を埋めた男性が登場するCMを見たことはありませんか?
このような美容整形のコマーシャルから「包茎はダサい」「包茎はモテない」などというイメージが定着したのかもしれませんね。
お隣韓国でも包茎手術は盛んです。

ある調査によると韓国人男性のなんと約80パーセントが包茎手術をしているとされています。
その理由は、韓国でも包茎は恥ずかしいもの、ズル剥け状態が本来の男性らしい姿、精力が強くなる、銭湯や温泉などで堂々としていられるなど日本人と似ています。
それにしても包茎手術率が8割とはすごいですね。

仮性包茎のお客さんは多い?

ここからは実際に風俗嬢の口コミを紹介します。

風俗客の包茎率

割合・ホテヘル始めたんだけど、仮性包茎率が高くてびっくりした。
今まの彼氏はみんなズル剥けだったからさ。
・基本的に仮性包茎のお客さんが多いよ。
・私調べだけど、お客さんの85パーセントは包茎だよ。
・風俗歴2年だけど90パーセント以上が包茎です。
・私の体感では80パーセントが包茎かな。
もう慣れた。
・私は60から70パーセントが包茎かな。
・真性は2パーセント、仮性は70パーセント、ズル剥き18パーセント、見栄剥き10パーセント笑
・真性は5パーセントもいないんじゃないかな。
仮性は85パーセント、ズル剥け10パーセント。
・5000本くらい見てきて真性は2パーセントくらいかな。
仮性が圧倒的に多い。
・風俗歴10年です。
真性は3人しか見たことないよ。
・風俗歴8年です。
真性1本、仮性1500本、ズル剥け700本!
・オナクラだけど包茎7割、非包茎3割くらいかな。

風俗嬢によって若干の差はあるものの、仮性包茎のお客さんが圧倒的に多いようです。
・こないだの土曜日は100パーセント包茎客だけでした!
日本人男性の包茎率の高さがよくわかる口コミです。
・80パーセント仮性かな。
やっぱり臭いが気になるよね。
・90パーセント仮性だな。
失礼かもしれないが剥いてめっちゃ洗います。
病気とか臭いが怖いので。
・仮性包茎ばかり。
臭いはきついし病気も怖い。
・真性のお客さんはぎょっとするけど、仮性はちゃんと洗えば問題ないと思う。
当然の事ですが、風俗嬢からは臭いや病気感染のリスクの面から包茎客はあまり歓迎されないようです。

お客さんには風俗に来る前に清潔にしてきて欲しいものです。
・ズル剥けのほうが珍しいよね。
・ズル剥けはひと月に数人だけ。
・仮性のお客さんは多い。

真性は月に1人くらいかな。
レアだと思う。
治療が必要だともいわれる真性包茎も、ズル剥けの男性の割合もかなり低いようです。
しかしそのいっぽうで、ズル剥けのお客さんが多いという稀なケースも。

・ズル剥けのお客さんはそれだけで「ありがとう!」と言いたくなる。
やはり包茎の男性よりも菌の繁殖するリスクが低いため、臭いや汚れが少なく女性には喜ばれます。
・私の場合はズル剥けは半分以上かな。
実際に高確率で露茎のお客さんに当たっている可能性も捨て切れませんが、こんな可能性もあります。

・仮性なのに見栄はって剥いてるお客さんいるよね。笑
・仮性包茎多いよね。
でも見栄剥きをしてる人多いからズル剥けが多いように錯覚することはある。

・見栄剥きしてるお客さん多いけど、皮の動きとかでバレてるよ。
男性は女性の前だけでなく、銭湯や温泉などでも見栄を張ってズル剥けに見えるよう見栄剥きをするようです。
それだけ日本人男性の意識の中で包茎はかっこ悪いものというイメージが定着しているようです。
例外的にこのような意見もあります。

・仮性包茎を見ると母性本能くすぐられるでしょ?
とか言われたけどただキモいだけだよ。
・ズル剥け見てからだと仮性でも包茎はちょっと・・・。
見た目が貧相で好きじゃない。

・お客さんの男性器は包茎だろうがなかろうかキモい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
お仕事の参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました