ホスト狂いの風俗嬢の給料と担当ホストに貢いだ金額は?

ホスト狂いの風俗嬢は、担当ホストに一体いくら貢いでいるのでしょうか?
選んだ担当がホストクラブの人気者である場合と、そうでない場合でも貢ぐ金額は大きく変わってくると思います。
また、ホストにハマりやすい人ほど、担当ホストに大金をはたきやすい傾向にありますので、とんでもない金額を費やしていそうですよね。

今回は、それを調べた上で、ホスト狂いの在籍が多い業種についても合わせてご紹介していきます。

ホスト狂いの風俗嬢はどんな風俗業種で働くの?その理由は?

Whyホスト狂いの風俗嬢は、デリヘルやソープで働いていることが多いです。

では、なぜホスト狂いの風俗嬢は、デリヘルやソープで働くことが多いのでしょうか?
それは、デリヘルやソープでは裏引きしやすいからです。
ホスト狂いの風俗嬢は裏引きの常習犯であることがほとんどです。
デリヘルやソープで働くことによって、一般のOLが稼ぐ月収よりもはるかに給料が多いのは事実ですが、ホスト狂いの風俗嬢たちはそれでも物足りなく感じてしまいます。

ホストクラブに1度行けば数十万円を支払うのが当たり前になっているので、その為にはお店からバックをもらうだけではなく、追加で収入源が必要になります。
そこで、彼女たちは裏引きをするのです。
では、裏引きとは何でしょうか。
風俗業界における裏引きとは、お店を通さずにお客さんと本番行為をしてお金をもらうことを言います。

ホスト狂いの風俗嬢の給料は?

ホスト狂いの風俗嬢の給料は、ピンからキリまであります。
稼げる風俗嬢なら月収100万を優に超えますし、稼げない風俗嬢なら一般OL以下の月収にとどまります。
稼げない風俗嬢ほど上述したような裏引きをする為に、色んな風俗バイトを掛け持ちしたりもします。

また、風俗バイトを掛け持ちするにあたって、ホスト狂いが一番選びやすい業種もデリヘルとソープです。

裏引き以外の収入源を確保する為にホスト狂いがやっているパパ活とは?

裏引き以外でホスト狂いが稼ぐ為によく使っている手段として、“パパ活”があります。
では、パパ活とは一体何なのでしょうか?

パパ活とは、相手の男性が指定する条件を叶え、その対価として女性側が男性からお金をもらうことを指します。
パパ活の条件は様々で、“割り切り”や“食事”、“趣味”などに分かれます。
この条件について、1つずつ詳しく解説していきます。
まず、“割り切り”とは、パパになったお相手の男性とセックスをすることです。

もらえる金額の相場としては、1万円~というところです。
多い方だと5万円~10万円をもらえることもあるそうですが、平均して2万円前後でしょう。
次に、“食事”とは、パパになったお相手の男性とごはんを食べに行って、その対価としていくらかお金をもらうことを指します。
もらえる金額の相場としては、大体5000円前後です。

お金持ちなパパだと、食事だけで割り切りと同額以上をくれることもあるようです。
最後に、“趣味”とは、パパになったお相手の男性の趣味に付き合うことで対価をもらうことを指します。
趣味の中で多いのは、カラオケ・釣り・旅行・写真(動画)撮影などが挙げられます。
写真(動画)撮影に関しては、パパによってはエッチな写真や女性のヌード写真を求めてくる場合もあるようです。

このように、ホスト狂いの風俗嬢たちはパパ活をして副収入を得ていることも非常に多いのです。

ホスト狂いの風俗嬢が担当ホストに貢ぐ金額はいくらくらい?

お金 金これについては、そのホストクラブが大衆向けなのか高級店なのかによって変わります。
もしも大衆向けのお店なら、月に50万ほど貢ぐと幹部のエースが務まります。

ただし、高級店や人気のホストクラブであれば、月100万以上を貢ぐのが一般的です。
また、風俗嬢の月収によっても貢げる金額は変わります。
人気嬢であれば上記に記載したような金額を貢ぎますし、それ以上に貢ぐことも十分にあり得ます。
しかし、稼げないホスト狂いの場合は別です。

一般OLがホストに通った際に貢げる2~3万くらいを月に1度のペースでしか貢げません。

担当ホストは貢ぐ金額によって客のランクを決めている?

担当ホストは貢ぐ金額によって客のランクを決めています。
例えば、月に1度しか来店せず、2、3万程度しか貢げない風俗嬢は“細客”のレッテルが貼られてしまいます。

反対に、毎週のように足繁くホストクラブに通い、月に100万円以上の支払いをしてくれる風俗嬢であれば“幹部エース”の称号が得られます。

担当ホストは貢ぐ金額によって客への態度が変わる?

担当ホストは貢ぐ金額によって客への態度が変わります。
では、なぜ担当ホストは貢ぐ金額によって客への態度が変わるのでしょうか。

その心理は、風俗嬢と同様に、太客を大事にした方が自分の収入に繋がることを心得ているからです。
また、ホストは、巧みな心理戦をかけるのを売りにしています。
つまり、貢いでくれる女の子にこそ、色恋をかけて口説き落とそうとします。
そうすることによって、女性の金払いを良くしようと考えているからです。

その為、少額しか貢げない風俗嬢に対しては驚くほど冷たいホストもいます。
誰に対しても優しいホストもいますが、それは稀です。
要するに、稼ぐ風俗嬢と同様に、稼ぐホストは細客が1人や2人減っても、その分、太客から収入源を確保出来るので痛くも痒くもないのです。

ホスト狂いの風俗嬢が担当ホストに貢ぐ金額の最低額と最高額はいくら?

棒グラフまず、ホスト狂いの風俗嬢が担当ホストに貢ぐ最低金額は、おおよそ2万円前後です。
これは、上述したとおり、稼げない風俗嬢の貢ぐ金額に相当します。
月に1度しか来られない嬢たちが頑張って出せる金額なのですが、ホスト狂いからするとこれは最低金額にあたります。
では、ホスト狂いの風俗嬢が担当ホストに貢ぐ最高金額はいくらくらいなのでしょうか。

ホスト狂いの風俗嬢が担当ホストに貢ぐ最高金額は、一晩で150万円にもなると言われています。
これは、月換算でも結構な貢ぎになります。
一晩で150万円を貢ぐホスト狂いの心理とは、いかなるものなのでしょうか。
それは、お金を使うこと自体が快感で、使った分だけ担当のホストがちやほやしてくれるから嬉しさが増すということだそうです。

結果として、そのホスト狂いの女性は日常生活において出来た彼氏に対して物足りなさを感じ、事あるごとに担当ホストと比較してしまうと言います。
ここまでの心理状態になると異常なので、ホスト遊びはほどほどにしておいた方がよさそうですね。
というわけで、ホスト狂いの風俗嬢が担当ホストに貢ぐ最低金額と最高金額は上記のとおりになります。
同じ風俗嬢でも、収入の大小によって貢げる金額に差があるようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、“ホスト狂いの風俗嬢の給料と担当ホストに貢いだ金額は?”というテーマをもとに解説してきました。
ホスト狂いが担当ホストに貢いだ金額にはかなりの差が出ていますが、多い人は一晩で150万円も貢ぐそうです。
反対に、稼げない風俗嬢は月換算で2万円ほどしか貢げず、担当ホストからも見放されてしまうことも多いと言います。
太客になるにつれて、細客からエースまでランクが上がるそうですが、所詮はまやかしのランクなので、ホスト狂いの皆さんは現実を見ましょう。
そんなことよりも、自分の生活を安定させることの方がよほど大事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました