交際クラブとデートクラブの違いがわかりません。一緒じゃないの?

こんにちは!
今回は交際クラブとデートクラブの違いについて調べてみました。

交際クラブとデートクラブは別モノです!

風俗初心者の女性や風俗未経験の女性は、交際クラブとデートクラブって同じじゃないの?
と思っている人もたくさんいるかと思います。
結論からいうと交際クラブとデートクラブはまったくの別モノです。

ネーミングから受ける印象が似ているので勘違いしやすいのも事実。
ちょっとややこしい名前ですよね。
ここからは交際クラブとデートクラブがどう違うのか具体的に紹介してみたいと思います。

交際クラブとは

恋愛交際クラブは性風俗ではありません。
表むきには大人の社交場などと言われていますが、実際には割り切った関係を求める大人の女性と男性が出会う場所です。
ありていにいうと、愛人探しの場です。
愛人を探しをしている男女を引き合わせるのが交際クラブという会社のお仕事です。

交際クラブは男女を引き合わせるまでがお仕事で、それ以降は本人次第です。
管理売春はしていないけれど、間接的に売春の斡旋をしているともいえます。

開業には届けが必要?

交際クラブを開業するにあたって届け出が必要とされていますが、原則的に東京都以外では届け出は必要ありません。

東京都で交際クラブを開業するには「店舗型風俗特殊営業届出店」「東京都デートクラブ条例」のどちからが必要です。
「店舗型風俗特殊営業届出店」は風営法が改正された後に出会い喫茶が規制対象になったため、受付所を構えていた交際クラブもこの届けをすることが義務付けられました。
「東京都クラブ条例」は店舗や受付所を構えていない事務所型の交際クラブが適応対象になります。

交際クラブへの入会方法

男性編

原則的に交際クラブの入会方法は誰でもホーページ等から入会できる場合と、知人の紹介による入会の2パターンあります。
風俗求人情報サイトに求人情報として掲載されているのが前者の場合です。
女性が会員になる際に入会金は基本的にとられませんが、男性には高額に入会金が必要です。

東京にある交際クラブを例にすると普通会員なら30000円、ゴールド会員なら60000円、VIP会員なら110,000円の入会金が求められます。
さらに年会費として20000円から60000円ほどが必要なうえに、女性を紹介してもらうごとにさらに20000円から60000円が必要となります。
クラブによっては年会費に要らない場合もあるようです。
一般的には会員のランクが高くなればなるほど、モデル女性などレベルの高い女性を紹介してもらえる傾向にあります。

また男性には例えば年齢が30歳以上で年収800万円以上など入会資格が厳しく設けられているケースもあります。
交際クラブの中にはこのような厳しい入会資格プラス、名前、職業、住所、勤務先など身元の確かな男性しか利用できない決まりになっていることもあるようです。
このようなクラブでは信用できる利用者が多い傾向にあります。

女性編

先ほども触れたように、交際クラブに女性が入会するためには知人の紹介または自ら直接申し込む場合があります。
どちらの場合でも、交際クラブの事務所またはホテルのロビーなどで面接がおこなわれます。
面接の際には交際クラブがどのようなシステムなのか、どのような男性がクラブに登録しているのかなどの説明をしてくれます。
交際クラブが初めての女性は疑問や不安な点がたくさんあると思うので、思い切って面接の場面でいろいろ質問してみましょう。

入会すると決まったら登録用紙に、自分のプロフィールなどを記入します。
この時に書いたプロフィールは、男性会員が女性を選ぶ際に参考するものなのでとても大切です。
次に写真撮影をします。
これも男性会員が参考にします。

服装は事前に交際クラブのスタッフから指定されることもありますが、世間的に評判のいい、上品で清楚な服装を求められることが多いようです。

デートの流れ

食事 女性登録が終わると、スタッフが条件の合う男性を紹介してくれるのでデートをします。
デートをしてお小遣いをもらうというのが一般的な流れです。

水族館などで普通のデートをする場合もありますが、大多数の男性はセックスを期待していることを覚えておいてくださいね。
デートするだけでも交通費としてお小遣いをもらうことはできます。
お小遣いのおおよその相場は食事のみで5000円から10000円程度、セックスをする場合は30000万円から10万円ほどです。
上記のお小遣いプラスプレゼントをもらえたりすることもあるようです。

デートは単発で終わることもありますが、男性に気に入ってもらえた場合は定期的に会ったり、愛人契約に至ることもあります。
会った初日からセックスすることに抵抗のある女性もいるでしょうし、フィーリングが合わなかったり生理的に受けつけない男性と引き合わせられることもあるかもしれません。
そんな時お断りができるのも交際クラブを利用する利点です。

デートクラブとは

デートクラブはDC(ディーシー)とも呼ばれます。
交際クラブは男女の出会いをセッティングするまでが仕事です。
そのため間接的な売春斡旋といえますが、デートクラブは本デリ(本番アリのデリヘル)とされ、風俗の一業種です。
ここが交際クラブとデートクラブの決定的な違いです。

デートクラブは無店舗型の風俗店であるデリヘルとして開業しているケースが多いようです。

デートクラブの仕事

交際クラブでは合わない男性のお相手を断ることができますが、デートクラブは風俗店なので基本的にお客さんを選べません。
システムはデリヘルとほぼ同じですが、基本的には本番アリの性的サービスを提供します。

よほど不衛生だったり乱暴なお客さんでない限りお相手をします。

デートクラブはガサ入れの対象

デートクラブはお客さんとの本番行為を前提としているため、警察からガサ入れが入る可能性があります。
本番を前提としている風俗店は管理売春をしているとみなされ、違法店認定されてしまいます。

デートクラブでの注意点

風俗初心者の女性の中にはヘルスでも本番があると思っている人も少なくないようです。
しかし、日本の法律では管理売春は違法です。
ソープランドやちょんの間での本番行為は、お客さんと風俗嬢の自由恋愛が建前となっており、基本的には管理売春の対象外とみなされています。

デートクラブは法律的にかなりのグレーです。
デートクラブで働く場合には、違法行為に加担しているということを一応覚えておいてくださいね。

交際クラブに登録している女性の口コミ

吹き出しここで交際クラブに登録している女性の口コミを紹介してみようと思います。

・25歳のころは銀座、赤坂、六本木とかで5軒の交際クラブをかけもちしてました。
毎月100万くらい稼いでたかな。
・昼の仕事と兼業で毎月70万から90万くらい稼いでる。
かけもちで、かなりの高額を稼いでる女性もいるようです。

そのいっぽうでこのような意見も
・交際で出会った人が「付き合ってるんだからお小遣い払わなくていいよね」とか言ってきて困った。
こっちは割り切って愛人してるだけなのにさ。
・交際でセックスの後にお金ないからって言われて、ATMまで連れてったけど結局逃げられたことある。

そんな時交際だと泣き寝入りしかないよ。
交際クラブでは、男性とデートでトラブルがあっても会社は一切関与しません。
何か困ったことが起こっても助けてくれないため、お金をもらえず泣き寝入りしている女性もいるようです。
・セックス断ると干される交際クラブは多いよ。

ホームページから写真消されたり。
割り切った大人の関係を求める場です。
断るのは女性の自由ですが、クラブによってはあまりに頻繁に男性のお誘いを断ると干されることもありえます。
入会資格が厳しい交際クラブがあるいっぽうで、電話だけで入会できるようなゆるいクラブもあるようです。

交際クラブに登録する際は、できるだけ質が高く身元の確かな男性が多い会社を選ぶといいですね。
・交際ではいい人いたらさっさと愛人契約して退会するほうがいい。
風俗店で働くことに抵抗あり、特定の男性と愛人関係を築きたい人にオススメのアドバイスです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
交際クラブもデートクラブもメリット・デメリットがあります。
特に入会するクラブは慎重に選んでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました