風俗とキャバクラの違いとメリット・デメリットについて解説

水商売はけしからんもの、年配男性にはまだそのような感情があるでしょう。
しかし巷の若い女性の間ではキャバクラ嬢に憧れる風潮が広がっています。

キラキラしたネオンにきらびやかなドレス、疲れたサラリーマンやお金持ちの経営者達を癒やすステージ上のお姫様達。
学歴も年齢も関係ない、容姿と対話力だけで稼げる華の職業がキャバクラ嬢です。
一方同じナイトワークの風俗だって負けてはいません。
昔は風俗で働く、といえば暗い印象がありましたが、性にオープンな時代になったことで気軽に働ける時代になりました。

いまでは「なんでこのコが?」と思うようなごく普通の女性が風俗で働いています。
アルバイト感覚でお金を稼げる女性の高収入ビジネスがキャバクラと風俗です。

キャバ嬢として働きながら風俗で働く、そんな女の子もいることで垣根も曖昧になってきました。
風俗とキャバクラ、どちらのほうが働きやすいか、また具体的な仕事内容やお給料の違いはどうか。
それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

風俗とキャバクラの違いとは?

風俗とキャバクラの違いとメリット・デメリットについて解説風俗とキャバクラの一番の違いは一線を超えるかどうかでしょう。
風俗は性風俗特殊営業という分類で「射精」を目的としたサービスを行います。
一方、キャバクラは風営法でいう飲食店扱いの乾杯ワークなので、抜きのサービスがありません。
会話やお酒を飲んで楽しむ場がキャバクラというところです。

ちなみに同じキャバでもセクキャバのように風俗色の強い業種が存在していますが抜きはありません。
風俗とお水は境界線が曖昧ですが、「抜き」があるかどうかで判別できます。
男性器を刺激して射精に導けば風俗、そこまでいかないナイトワークは水商売、そのように線引きしている女性が多いようです。

仕事内容

では風俗とキャバクラ、両者の仕事内容を比較してみましょう。
・キャバクラの仕事とは
キャバクラの仕事は指名してくれたお客さんの席について、会話やお酒を一緒に楽しんでもらうのが仕事です。
キスしたり胸を触ったり性的なサービスはできないので、いかにそれ以外の部分で気持ちよさと満足感を与えられるかが重要となります。

したがって一緒にいて楽しいと思ってもらえる明るさ、会話テクニックが要求されます。
大多数のお客さんは女の子を口説く目的で訪れますが、その想いを無下にしてはいけませんし、かといって一線を超えてもいけません。
仕事が終わってもメールやLINEでお客さんに営業をしなくてはいけませんので、プライベートと仕事が切り離せない過酷なお仕事です。
しかし一度人気に火がつけばテレビ雑誌に特集され、有名人扱いされる夢のある職業です。

恋愛の駆け引きが上手で、負けず嫌いで努力を惜しまない女性が稼げる職業です。

風俗の仕事とは

一方風俗の仕事は身体を使って性的なサービス(射精)を行う業種です。
キャバクラと違い、抜きを目的に来るお客さんを手や口や素股プレイによって気持ちよくさせます。

ある程度の会話は必要ですが、キャバクラのように必要以上のテクニックは要求されません。
求められるのはお客さんの気持ちよさを最大化することです。
本番行為をしない業種では全身を使って性的サービスを行い、2度、3度と時間の許す限り射精に導きます。
人気に火が付けば月収100万以上稼ぐことができるので、手っ取り早くお金が稼ぎたい女性に向いています。

容姿や会話力が優れてなくてもナンバー嬢になれるので、自分も楽しみながらエッチができる女性が稼ぎやすい世界です。

両者のお給料比較

質問つづいて両者のお金について解説しましょう。
もちろん身体を張っている風俗のほうが給料面では上になります。

ただしキャバクラ嬢も歌舞伎町ナンバーワンクラスになると膨大な月収を稼いでしまいますので、風俗に劣るのはあくまで平均での話です。
風俗は歩合制なのでお客さんが全くつかない状況だとその日の収入はゼロになります。
いかに集客力のあるお店で働くかが給料を増やす大事な要素となります。
一方キャバクラは時給制を採用しているため、出勤すればある程度の収入は担保されます。

しかしそれではアルバイトに毛が生えた程度の収入なので、お客さんがどれだけつくかが重要になります。
風俗で言うオプションのような、お客さんが空けたボトル、使った代金によって上乗せされるポイントスライド制を採用しているので、お金をたくさん使う太客を抱えることで一気に収入を伸ばすことができます。
また、キャバクラではアフターなど店外の同伴があり、プレゼントやお食事をごちそうしてもらえるので給料以上に貢物で稼ぐことができます。
風俗もキャバクラも、お客さんに指名されるかが重要なので、リピートしたくなるサービスを提供できるかが収入を増やす鍵といえるでしょう。

キャバクラ嬢のメリットデメリット

天秤ではキャバクラと風俗、両者のメリットとデメリットを比較してみましょう。
まずはキャバクラです。

メリット

・華やかなステージで働くことができる
・時給制だから出勤するだけで稼げる
・人気になれば芸能人扱いしてもらえる

デメリット

・周りとの人間関係がしんどい
・仕事後の営業が大変
・ノルマがキツい
キャバクラのメリットといえば華やかなステージで働けることができる点でしょう。

売れっ子キャバ嬢ともなれば、若い女性のファッションリーダーとして雑誌で特集されたり、書籍を出すこともできます。
一方で同僚キャストとライバル関係が強く、職場に軋轢があったり精神的に疲労します。
客の奪い合いもしばしば、同じ店内にも派閥があり、対人関係で疲れる職業です。
指名数のノルマもあるため、指名が伸びない時は罰金を課され、お店にも居づらくなります。

仕事が終わっても営業が必要なため、プライベートを割かれてしまうのもデメリットです。
異性との会話が上手で、同僚に悪口言われても気にしない負けず嫌いな性格と野心家な女性が向いています。

風俗嬢のメリットデメリット

メリット

・会話下手でも稼ぐことができる
・シフトがある程度融通がきく
・営業をする必要がない

デメリット

・性病リスクがある
・身バレしたら大変なことになる
・キモ客相手にキスやフェラをしなくてはいけない
一方風俗嬢のメリットは、なんといっても誰でも大きく稼げるところです。

キャバクラ嬢としては到底働くことができない容姿であっても、女性として旬をすぎていても、太め体型であってもお客さんを満足させることができます。
しかし、粘膜接触のある性的サービスをするので性病リスクが常につきまといます。
キャバクラと違い、風俗で働くことは後ろめたさを感じている女性も多く、身バレにも注意しなくてはいけません。
大金を稼げるかわりに、彼氏さん以外と性的サービスしなくてはいけないのは肉体的にも精神的にも苦しいです。

シフトがある程度自由で仕事とプライベートを分けることができるので、主婦や学生の片手間で働きたい女性に向いています。

まとめ

いかがでしょうか。
風俗とキャバクラ、両者のメリットデメリットについて解説しました。

キャバクラは精神的に疲れ、風俗では肉体的に疲労します。
キャバ嬢の中には指名を増やすため客と寝たり、風俗嬢は客を増やすためコミュ力を向上させたり、両者の垣根も曖昧になってきました。
いずれにせよお客さんがついてくれないことには稼ぐことができません。
キャストとしてお客さんを満足させるため、美意識と向上心を持って仕事にとりくむことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました