AV女優は撮影中コンドームを使うの?

男性に性的なサービスをするのも大丈夫という女性が大金を稼ぎたい場合、風俗店で勤務することが多いでしょう。それ以上に稼ぎを上げるのであれば、AV女優になるのが一般的です。しかし、アダルト動画でよく見かけるような中出しはしたくないので、AV撮影の現場ではコンドームを使ってもらいたいと希望する女性もいるでしょう。実際コンドームは着用しているのかチェックしてみたいと思います。

AV女優として活躍するまでの流れ

風俗店よりももっと稼ぎたいという理由で、AV女優になりたいと希望する女性もいます。このような場合、まずはAVのプロダクションに所属するのが一般的です。中にはスカウトされる人もいるでしょうが、スカウトよりも自分で応募した方が安心できるでしょう。応募方法は普通の会社に就職するときと同じです。

AV女優は容姿やスタイルがよい方が人気が出やすいので、容姿やスタイルも採用の条件となっています。ただし、AVとはいっても仕事なので、当然社会常識がないと話になりません。精神疾患やプロ意識の低い人、たくさん条件を付ける人などは採用されないでしょう。

昔はスカウトが多かったのですが、現在では自ら応募する人が多く、倍率も高くなっているのです。よってそう簡単になれる職業ではなくなってきました。ただし、採用されたらそれで大丈夫というわけではありません。

プロダクションに所属しただけでは出演できない

AV撮影を行ってもらうためには、プロダクションに所属しただけでは不可能です。今度はメーカーからのオファーを待つようになります。所属しただけでは仕事がもらえないことは、芸能界を見ればよくわかるでしょう。

オファーをたくさんもらえるようにするためには、容姿がよいことやスタイルがよいことはもちろんですが、どのようなプレイなら可能なのかという点も重要視されます。NGプレイが多すぎると、当然オファーされる可能性は低くなるでしょう。

もちろん容姿やスタイルがそれほどよくなくても、可能なプレイが多ければオファーがもらえることもあります。オファーをもらってメーカーと事務所、本人がOKすれば、やっとAV撮影が可能になるのです。

人気AV女優になるのは大変

AV撮影というのは、エッチが好きな女性なら誰でも簡単にできると思っている人も多いでしょうが、実際はかなりきつい仕事です。きつい仕事だから給料が高く、短期間で辞めてしまう人が多いのだと言えるでしょう。

特に人気のAV女優になるためには、容姿やスタイルだけではダメです。ファンから好かれて多くの作品を購入してもらわなければ話になりません。よりファンが好む内容のAV撮影をこなし、たくさん作品を出す必要があるのです。

作品を出す頻度は、事務所やメーカー、本人とよく話をして決めますが、1本の単価も重要になるでしょう。そのためにはよいプロダクションに所属することも大切になります。もちろん最初は疑問に思うこともあるでしょう。その1つがコンドームの着用についてだという女性もあります。

コンドームの着用は実際行われているのか

アダルト動画で人気のジャンルが中出しと呼ばれている作品です。簡単に言えばコンドームを着用しないで、直接女性の膣内に精子を出して、外に流れてくる映像を撮影することなのですが、中出しを行っているアダルト動画は多く配信されています。

しかし、こんな頻繁に中出しをしていたのでは、妊娠や性病の危険性が高いのではないかと思うのが一般的です。もし性病にかかってしまったり、妊娠してしまったりしたら、AV撮影を行っていることもバレてしまいますし、仕事もできなくなります。

そうならないように、実際のAV撮影では高確率でコンドームを着用しているのです。コンドームはAV女優を守るためだけではなく、AV男優も守っていると言えるでしょう。なぜなら妊娠は女性しかしませんが、性病に性別は関係ないからです。

万が一のために中出しはNGにしておく

AV撮影の現場では、コンドームの着用をしているところが大半を占めています。しかし、中には本当に中出しをしている撮影現場も存在しています。このような現場の場合、まずは男性も女性も性病検査を行います。

女性はピルと呼ばれている避妊薬を使用してAV撮影を行います。そのため、妊娠や性病の確率はかなり下がりますが、確実に防げるわけではありません。どうしても中出しは嫌だという人は、事前に中出しをNGにしたいという旨を伝えておきましょう。

そうすればAV撮影で中出しをされる心配はありません。現在では編集の技術が非常に高くなっているので、実際にはコンドームを着用していても、映像ではコンドームを着用しておらず、中出しをしているように見せる作品もたくさん存在しています。

きちんとしたプロダクションを選ぶ

中出しを避けて、コンドームを着用したAV撮影に限定したいと希望する場合、中出しをNGにしておけば問題はありません。ただし、中にはいい加減なプロダクションや、所属しているAV女優を稼ぐ道具蔵にしか見ていないところもあります。

いい加減なプロダクションに所属した場合、中出しをNGにしたのに生で挿入される可能性もゼロではありません。もちろん中出しをされてしまう可能性もあるでしょう。このような事態を防ぐためには、やはりよいプロダクションを選ぶしかありません。

だからこそスカウトよりも、自分で所属先を決める方がよいのですが、もちろんスカウトをしているところでも、きちんとしたプロダクションはたくさんあります。現在ではインターネットでいろいろと情報収集ができるので、悪い評判がないか確かめてからきめるようにしましょう。

中出しをしているように見せる技術とは

アダルト動画で人気の高い中出しを、コンドームを着用してどのように行っているのかというと、いろいろな技術が使用されています。AV撮影が終わった後には編集などの作業を行いますが、このときに使用する技術の1つがカット割りです。

最近は動画投稿をする人が多いので、聞いたことがある人もいるでしょう。AV撮影では最初からカット割りありきで行うので、撮影前から区切りを付けておくのが一般的です。特にアングルや構図などは最初に決めておかないといけません。

現在では当たり前の手法であるため、AV撮影だけではなく、一般的な映画やドラマなどでも普通に行われている技術なのです。これによって後に編集作業を行いやすくなりますし、本当に中出しをしているような演出が可能になるのです。

疑似精子を使う

カット割りはAV業界だけではなく、テレビや映画などでも普通に行われている技術です。それに対してAV撮影以外ではまず使用されていない技術が疑似精子です。疑似精子というのは、精子に似せて作られているドロッとした液体のことです。

作り方は撮影現場によっても多少異なります。よく使用されているのがバナナを利用した方法でしょう。バナナに卵白や練乳などを混ぜて使用するのが一般的です。もちろん目的は中出しをしているように見せるためです。

しかし、他にもAV女優の顔に精子をかけるザーメンにも使用されることがあります。卵白や練乳の代わりにローションを使用する方法もありますが、このように疑似精子を作ることで、コンドームを着用した疑似中出しプレイが可能になるのです。

高性能なソフトを使用

AV撮影が終わった後は、必ず編集作業が行われています。編集作業には専用のソフトが使われますが、どのようなソフトでもよいわけではありません。より高性能で難しい編集が可能になるソフトでなければ、中出しをしているように見せることはできないでしょう。

かなり専門性の高い作業になるので、撮影スタッフとは別に編集を行う技術者が在籍しているのが一般的です。AVの編集は映画やドラマの編集よりも難しいと言われており、うまくできなければ再び撮り直しをすることもあります。

そのため、1本の作品を作るのにかなりの時間を必要とするのです。AV女優やAV男優はセックスをしてお金を貰えるいい職業だと考えている人もいるでしょうが、現実はかなり厳しいと言えるでしょう。特に編集は最も時間を必要とする作業になります。

AV撮影でコンドームを使用する目的

風俗店とは違い、AV撮影は本番こそが最大の見せどころだと言っても過言ではありません。本番を行わないAV撮影は、レズやゲイを除けばかなり少なくなっているので、男女の絡みでコンドームを使用しないと、妊娠してしまう可能性があるのです。

妊娠してしまえば子育てをしなければいけなくなりますし、AV撮影もしばらくできなくなってしまいます。しかも何度も中出しをされてしまえば、出産してから復帰してまたすぐ妊娠するという可能性もなくはありません。

これでは仕事になりませんし、出産や子育てにもかなりお金が必要になるので、妊娠を避けるためにコンドームの着用を行っているのが最大の理由です。AVに出演する理由はお金を稼ぎたいからなので、多くの女性はコンドームの着用を希望しているのです。

性病を防ぐ目的もある

AV撮影でコンドームを着用する目的は妊娠の防止もあるのですが、性病を防ぐことにも繋がります。もし性病になってしまうと、AV撮影は当然できなくなりますし、病院へ行って治療しなければいけなくなるでしょう。

病院へ行って性病の治療を行う場合、当然性器を医師に見せるという恥ずかしい思いをすることになりますし、医療費も支払わなければいけません。現在では医療費が高騰しているので、お金を稼ぐ目的でAV撮影をしているのに、お金を使っては意味がないでしょう。

性病の中には感知するのに時間がかかる病気もあるので、長い間AV撮影ができなくなり、稼げなくなる可能性もあるのです。コンドームを着用するだけでもかなりの確率で性病を防ぐことができるので、現在では編集によって生挿入をしているように仕上げる作品が多いのです

相手の性病も防止できる

コンドームは通常男性の性器に取り付けて使用します。そうすることで妊娠の防止や性病の予防にも繋がるのですが、コンドームは女性を守るための物だけではなく、男性を守るための物でもあるのです。

なぜなら性病は女性だけがなる病気ではなく、男性もなる病気だからです。男性も女性も性病でなければ多少危険性は低くなりますが、女性が性病を持っていた場合、男性に移してしまう可能性が圧倒的に高くなるでしょう。

もちろん男性が性病を持っていれば、女性に移してしまう可能性が高くなるので、このようなトラブルを防止する目的もあるのです。性病の予防や妊娠の防止を徹底して行いたいのであれば、必ず中出しNGということを事務所に告げておきましょう。

コンドームで防げる恐ろしい病気

コンドームの着用は、妊娠や性病を防ぐために使用されていますが、もし生挿入をした場合、性病よりもさらに恐ろしい病気になる可能性があります。それはエイズです。一時期エイズが社会問題化したことがありました。

これによってAV業界でも、コンドームの着用をするケースが増えてきたのですが、現在では技術力が向上しているので、ほんとうになかだしをしているようなえいぞうをながすことができるため、コンドームの着用をしっかりと行うメーカーも多いのです。

もしAV撮影が原因でエイズを発症した場合、マスコミが騒ぎ立てる可能性も高いでしょう。そうなれば今後AV撮影ができなくなりますし、損害賠償などが発生するケースも多いので、エイズを防ぐ目的もあると思ってよいでしょう。

コンドームのチェックも必要不可欠

恐ろしい病気であるエイズを防ぐという目的でも使用されているコンドームですが、現在ではたくさんの種類が販売されています。しかし、新品を使用しても、ゴムが薄くて破れてしまう事故が発生する可能性もゼロではありません。

逆に厚みのあるゴムでは編集が難しくなるので、使用を避けるメーカーもあります。そのため、薄くて着けやすい上に、破れにくい丈夫な素材を使っている良質なコンドームを選んで着用することが多いでしょう。

人によってはゴムアレルギーが出てしまう場合があるので、アレルギーが出にくい素材の物を使っていることもあります。もちろん不良品かどうかの確認もしっかりと行っているでしょう。安全にAV撮影を行うためには、コンドーム選びも大切な作業なのです。

アナルセックスでもコンドームは使うのか

アダルト動画のジャンルには、アナルセックス、通称AFと呼ばれている物があります。これはお尻の穴に男性の性器やアダルトグッズを挿入するプレイなのですが、アダルトグッズはまだしも、男性の性器を挿入する場合にはコンドームが使われることもあります。

アナルなので妊娠する心配はありませんが、肛門は排泄物を外に出すための穴なので、生挿入をすると性病にかかりやすいのです。男性同士のゲイというプレイでもアナルの挿入が行われることがよくあります。

そのため、ゲイでも性病にかかることが多いと言えるでしょう。もちろんエイズに感染する危険性もあるので、コンドームの着用は欠かせません。ノーマルプレイ以外にもコンドームというのは役に立っているのです。

まとめ

AV撮影では、コンドームを使用することが多くなっています。使用しないで撮影するケースもあるのですが、技術力の向上によって生挿入で中出しをしているように見せることも可能になりました。あえて危険なプレイをするよりも、コンドームを着用して安全に撮影した方が、トラブルを避けられるからです。ノーマルプレイだけではなく、AFプレイでもコンドームは使用されています。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

AV女優
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました