ソープ店を移籍する時のトラブル対策

待遇の悪さや客層の悪さなどによって、別のソープランドに移籍したいと考える人もいるでしょう。しかし、移籍をしたいと申し出れば、険悪な雰囲気になる可能性も高くなります。そこで重要なことは、移籍については一切触れないなどの対策が必要になります。他にも事前に行えるトラブル対策があるので、知識を身につけておきましょう。そうすれば円滑に移籍を進めやすくなります。

移籍について店側に話をしてはいけない

ソープランドを辞めたい場合、トラブルになる可能性が高い辞め方が別の店に移籍をしたいと申し出ることです。全く顧客を獲得できなかった場合であればまだしも、ある程度顧客を獲得できているのであれば、店側としては稼ぎを出してくれる女性を別の店に取られることになるため、移籍予定の店ともトラブルになる可能性があります。

そうなると移籍が決まっている店から、うちの店では採用できなくなったなどと言われる場合もあるでしょう。このようなトラブルを回避するためには、辞める理由が別の店への移籍であることを伏せておく必要があります。

たとえ待遇やサポートなどに不満があったとしても、辞める理由に別の店への遺跡ということは告げないようにしましょう。もちろん移籍予定の店の名前は絶対に出してはいけません。採用を取り消されるだけではなく、双方から圧力をかけられる危険性もあるので気を付けましょう。

同僚にも移籍については詳しく話さないのが鉄則

店側に移籍をすることを言わないのは当然として、同じくソープランドで働いている同僚にも、移籍については話してはいけません。なぜなら店側に告げ口をされる危険性があるからです。

自分では仲がよい友人、同じく店に不満を持っている人だと思っていても、思いもよらぬことで恨みをかっている可能性もあるからです。例えば後から入ってきたのに上司から気に入られている、今までは稼ぎ頭だったのに、自分が入ってきたことでナンバー2になってしまったなどの理由で、自分が知らないところで秘かに恨まれていることもあります。

もし告げ口をされてしまうと、せっかく決まっていた移籍先のソープランドにも迷惑をかけ、採用を取り消されてしまう可能性も考えられるでしょう。辞めたいということは話してもよいのですが、移籍したいということや、移籍先の店については誰にも話さないことがトラブル対策になるのです。

できるだけ別のエリアを移籍先に選ぶ

風俗店というのは、ある程度人口が多くて交通の便がよい地域に集中している傾向にあります。そのため、同じエリア内で移籍先を決めてしまうと、前にいた店の関係者や所属していた同僚に見つかってしまう可能性が高いのです。特に店を経営している側の人に見つかってしまうと、移籍先が知れてしまうこともあるでしょう。

移籍先が知られることで、トラブルに発展する可能性もゼロではないので、できる限り別のエリアで移籍先を探すのもトラブル対策になります。特にソープランドは、風俗店の多いエリアでも店がない場合があるので、よりエリアが限定されている上に、店が密集しているのが特徴です。

そのため、エリアを別のところにするだけでも、他の風俗店に比べて移籍先の店が知られてしまう可能性が低くなります。ソープランドは最寄りの駅まで送迎を行っている店も多いので、同じエリア内ではより発見される可能性が高いので注意しましょう。

トラブルが起こりにくい辞め方

ソープランドもきちんとした勤務先ですし、お金をもらっていることには変わりがないので、何も言わないで勝手に辞めたり、突然今日限りで辞めると言ったりしてはいけません。入店するときに、面接で説明された方法で辞めるようにしましょう。

勝手に辞める行為や、突然今日で辞めると言い出す行為は、風俗店だけではなくどのような職場であってもトラブルを引き起こします。正社員であれば最低でも2週間以上前に、直属の上司に申し出るのが決まりですが、大半の会社は1ヵ月前に告げるようにと決められています。

体験入店であればいきなり辞めても問題ありませんが、正式に採用されたのであれば、店が定めている方法で辞めましょう。もちろんすぐに辞められるところもあるでしょうが、まずは十分期間に余裕をもって辞める理由を上司に報告し、意思を示すことが大切です。

納得してもらえる理由を事前に決めておく

いきなり思い付きで辞めると言うよりも、きちんとした理由を事前に決めておくことで、トラブル対策になるでしょう。ただし、最初の方でも少し触れているように、別の店に移籍するからという理由はトラブルの原因になるので避けるべきです。

よく使われている理由としては、彼氏や夫、親にソープランドで仕事をしていることが発覚した、顧客とのトラブルが多い、思うように顧客が取れないなどが定番でしょう。中には待遇に納得ができないという人もいるでしょうが、待遇面の不満を告げるのはあまりよい理由とは言えません。

ソープランドによっては相談に応じてくれて、給料を見直してくれるところもあるでしょうが、あまり顧客が取れていない場合には難しいでしょう。しかも待遇面のトラブルは風俗店以外の業種でも発生しやすいので、別の理由にしておくべきです。もちろん定番の理由を告げて辞める方法でも問題はありません。

移籍先が決まっているからと傲慢になってはいけない

風俗関連以外の職場でも、次の就職先が決まっているからと言って、辞めるのが決まっている会社の悪口を吹聴する、不満を声高に話すという人がいます。このように移籍先が決まったからと言って、傲慢な態度を取ってはいけません。

今いる店にはいろいろと不満もあるでしょうが、移籍先でうまくやっていくためには、店側も自分自身も気持ちよく今の店を辞めることが大切です。職場というのは業種に関係なく、たとえ異なっているグループであっても、何らかの繋がりがある可能性があります。

もし不満を口にして関係が悪化した場合、現在勤務しているソープランドが移籍先の店と繋がりがあれば、当然前にいた店では傲慢な態度を取っていたと知られてしまいます。そうなれば移籍先の店でも嫌な目で見られてしまう可能性があるので、辞めることが決まっても決して傲慢になってはいけません。

店をやめるタイミングも重要

現在でもソープランドで働いている状態で別の店を決めてしまうと、トラブルに発展する可能性が高まります。また、風俗店は女性を積極的に採用する傾向にあるので、容姿や面接の態度などに問題なければ、高確率で採用してもらえるジャンルです。

そのため、現在別のソープランドで働いている状態でも、採用してもらえる可能性が高いのです。もし別の店をすでに決めていることが知られると、スカウトされたのではないかと疑われてしまうこともあるのです。もし事前に決めておきたいのであれば、十分注意して知られないようにしましょう。

人が少ない風俗店は、人気があって女性の数が多い風俗店から女性を引き抜きたいと考えています。しかし、堂々と引き抜きを行うとトラブルになるので、秘かに行われていることが多いのです。少しでもトラブルを避けたいなら、辞めてから少し期間を空けてから再び働くことでもトラブル対策となるでしょう。

忙しいときは避ける

ソープランドも忙しいときと暇なときがあります。忙しいときは店側もできる限り辞めてもらいたくはないですし、いきなり辞めると言われるとトラブルになる場合もあるでしょう。

どうしても辞めたいという気持ちはわかりますが、忙しいときはできる限り避けることで、トラブル対策にもなります。ただし、忙しくても辞めるという意思は早めに伝えておくことが大切です。今は忙しいので続けますが、一段落したら辞めさせてくださいなどと言うことも重要です。

一段落したら、以前伝えたとおりに少し暇になったので辞めさせてくださいと言えば、スムーズに辞められるでしょう。このように時期をずらすこともトラブル対策としては効果的なので、移籍先を先に決めるのはおすすめできませんが、移籍先の店がいつから来てもよいと言ってくれるような融通の利くところだった場合は別です。

事前に決めた出勤日は必ず勤務する

風俗店では1週間ぐらい前に予定を決めるのが一般的です。しかし、すでに出勤予定が入っている状態で辞めるのはよくありません。事前に出勤すると決めて報告してあるのであれば、その日はしっかりと勤務してから辞めましょう。

これはかなりのトラブル対策になります。逆に出勤日が決まっているのに辞めてしまうと、高確率でトラブルになるでしょう。ソープランドの勤務でも、やらなければいけない仕事はきちんとこなすのが社会人としての常識です。

風俗店はかなり自由度の高い勤務先なので、気に入らないからと言っていきなり辞めると、癖が付いてしまうことが多いのです。そうすると移籍した先の職場でも同じようなことの繰り返しになり、悪いうわさが広まる可能性もあるでしょう。

移籍をする前に確認しておくべきこと

ソープランドによっては、すでに辞めているのに在籍一覧に自分の名前が記載されたままになっている、写真が記載されたままになっていることもあります。このようなトラブルを避けるためには、辞めるときに自分の在籍と写真を削除するように念を押しておきましょう。

もし在籍や自分の写真が残っていた場合、以前はこの店にいたということが発覚することもあるのです。もし移籍してから発覚したことで、思いもよらないトラブルになる場合も考えられるので、しっかりと対策をしておき、トラブルになる確率を下げておくようにしましょう。

辞めた後は必ず自分の名前や写真がないか、ホームページを見て確認しておくと安心できます。もし削除されていない場合には、電話をして削除してもらうようにしましょう。ただし、大半のソープランドではきちんと在籍や写真を削除してくれます。

お金の貸し借りがないか確認しておく

人によっては店側にお金を借りている場合もあるでしょう。店からお金を借りているのにそのままにしてしまうと、お金を盗んだのと同じ行為になるので、当然警察に被害届を出されれば逮捕されます。もしお金を借りているなら、必ず返済しておきましょう。

風俗店ではお店貯金と言って、店側に給料を預けることも可能です。もし店に給料を預けているのであれば、きちんと自分の手元に戻しておきましょう。後になってから報告をすると、トラブルの原因にもなりますし、いい加減な人だと思われます。

お金が絡んでいると最もトラブルが発生しやすいので、貸し借りに関してはきれいにしておくことが最大のトラブル対策です。これは店側とアルバイトだけではなく、同じく仕事をしていた同僚であっても同じことが言えます。借りたお金はきちんと返すという常識を守らないと、どこに行ってもトラブルに発展するでしょう。

移籍先についての確認も行う

まだ移籍先が決まっていない場合はともかく、中にはすでに移籍先を決めてから辞める人もいるでしょう。このような場合、せっかく移籍したのに思っていたのと違うからと、すぐにまた辞めてしまうことも多いのです。移籍先の給料や店のシステムなども事前に確認しておきましょう。

しかし、実際に働いてみないとわからないこともたくさんあります。掛け持ちをすることもできますが、トラブルの原因になるので可能なら避けるべきでしょう。ただし、体験入店なら話は別です。体験入店をすればわかることも多いので、必ず移籍先を決める前に行いましょう。

そうすれば思っていたのと違っていたと後悔する可能性も低くなるでしょうし、不安も多少は拭い去れます。体験入店なので、もし思っていた感じと違っていれば、すぐに辞めてもトラブルになる可能性は低いでしょう。多くのソープランドでは体験入店をすることが可能になっています。

まとめ

ソープランドも店によってシステムも経営方針もさまざまです。女性を厚遇してくれるところもあれば、給料を支払っているのだからと言って冷遇するところもあります。特に移籍するときにはもめ事が発生しやすいので、事前にどのようなトラブルが発生しやすいのかを知っておくことでトラブル対策にもなるのです。可能な限りスムーズに円滑に移籍できるように行動するのがよいでしょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

ソープランド
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました