安全面は保証されない!熟女系風俗のスカウトマンに注意

街中を歩いているとタダでさえしつこいキャッチにウザイな~と思ってしまう事も少なくはないでしょう。特に飲み屋が連なる夜の街ではそれ以外にもナイトワーク系の仕事を紹介してくれるスカウトマンも気がつかないだけで沢山紛れています。彼らは求人誌には載っていない情報やお店を知っているだけでなく、各お店と女性を斡旋するという太いパイプも持っています。こちらが話しかけられたら面倒くさい、うざいと思っているのを重々承知の上で熱心に気を引こうとあの手この手で関係ない話題まで持ち出してきます。

しつこいスカウトマンには注意を!

なぜスカウトマンがそんなに熱心に声をかけているかというと、彼らも自分の生活の為に女性をスカウトしているわけです。というのも、自分がスカウトした女性を夜のお店に紹介することによってお金がもらえたり、お店で女の子が稼げば稼ぐほどそれに合わせて毎月自分の収入も上がるのです。ちなみに路上で声をかけてスカウトをする行為は禁止されているので、警察にバレないように歩いている女性に自然と寄り添うように話しかけてくるのできっぱり断ったりしない限り彼らも反応があった女性から簡単に離れたりはしないでしょう。

歩いていて突然「いいお店紹介しますよ。」と声をかけてくる間抜けなスカウトマンは最近では一切見かけません。まるでナンパをするみたいに「お買い物ですか?」「誰かと待ち合わせですか?」と声をかけて、良い反応が返ってくると「よかったら少しお話しませんか?」というように丁寧な口調で話すスカウトマンが多いです。こんな誘われ方をしたら女性の方も特に予定も無ければつい彼らの話に乗ってしまうのは仕方がない事でしょう。

それに、全員ではありませんが大抵のスカウトマンは自分を魅力的に見せるために身なりを整えた清潔感のあるイケメン風の男、または愛嬌のある面白い男が多いので、尚更女性は声をかけられたら一緒にお茶をしてしまう人がいるのは仕方ありません。そうやって釣った女性に、最初は家族の事とか一人暮らしなのか、最近あった面白い話等の雑談や当たり障りない会話をして打ち解けてから彼らは本題を切り出すのです。

スカウトマンが声をかけやすい女性とは

とはいえ、女性側が仕事を魅力的に感じてしまうのでスカウトマンの存在が成立しているわけですが、彼らも警察に見つかるリスクがあるので誰彼構わず声をかけているわけではありません。キャバクラや風俗を紹介しても興味を持ちそうな女性を選んで声をかけています。

だいたい女性の服装や私物を見て判断しているそうです。たとえばブランド物のアイテムを持っているのに衣服は安いものを身につけている。これは物欲もあるし見栄をはりたいのに見合ったお金を持っていないというように解釈されるそう。

カバンがやたら大きい、荷物が多い、というのは買った物を持ち歩いているとかではなく単純に私物の量が多い女性は出かけるのに必要な荷物を最小限に纏まれず、とりあえず使わなくてもなんでも持っていく、スカウトマンから見ると優柔不断でだらしない女性に多く見られるそうです。

歩く速度がとても遅い。これは女性に限らず予定や目的がはっきりしていない、つまりヒマな人の特徴で、繁華街をのんびりひとりでプラプラしているとスカウトマンの恰好の標的にされているでしょう。

露出が多い服を着ている。私服の肌の露出が多く軽装な女性ほど、性に対して奔放で風俗業界に引き込みやすいと思われています。

これらに当てはまる女性が飲み風俗店がある繁華街を歩いていると、スカウトマンは「カモが来たぞ!」とこぞって声をかけるタイミングを見計らっているでしょう。

いろんな業種のスカウトがあるが見極めが重要

スカウトは風俗業界のみならず芸能界でも行われているのが現状です。大手芸能事務所だからといってスカウト行為が黙認されている訳ではありませんが、「雑誌のモデルになって欲しい。」などと言われれば浮かれて話もよく聞かずスカウトマンに着いていってしまう女性も多く、そこで初めてセミヌード等のアダルト雑誌だったと気が付く事になります。ただ、風俗関係も芸能モデル関係のスカウト行為はどちらも等しく違法だということは忘れないでください。

芸能関係のスカウトであれば比較的若い子に声をかけるのでしょうが、風俗関係のスカウトにこれと決まった年齢はありません。風俗の利用者の年齢層は20代~70代以上まで、利用する男性は沢山います。やはり若い女の子の需要が圧倒的に多いですが、熟女好きや同年代と遊びたい初老男性も少なくないのです。スカウトマンは稼げそうな女性には年齢関係なく声をかけてくるので要注意です。

スカウトマン達の間では「熟女のスカウトは簡単だ」という認識があるそうですが、それはあながち間違いではありません。女性は年齢を重ねると自分の容姿に自信がなくなってくるので、スカウトされた事によって「まだ自分は異性には魅力的に見えているのだろうか」「若い頃のように輝きを取り戻したい」という承認欲求から風俗業界へ進んでしまう女性が多いのです。

それにスカウトマンも男性ですから、男性に褒められる、ちやほやと構って貰えるようになるので、寂しい熟女が仕事だけでなく自分をスカウトしたスカウトマンにのめり込んでしまい業界をズルズルとやめられなくなってしまいます。辞められない原因は一時的にお金を稼げると今まで以上に身なりにお金をかけるようになります。老いにお金をかけてカバーすると、次はもっと良いもの、その次はもっと…と、金銭感覚も狂って際限がなくなり、自分が風俗を辞めて稼ぎが減ってしまったらこのボディケアを維持できなくなってしまうし、それがおそろしい事に思えて尚更引退できなくなります。

スカウトマンも利用できる

ただ、風俗業界の仕事を探している女性にとってスカウトマンは悪いことばかりではありません。未経験者なら特にお店探しに苦労することでしょう。自分を客観的に見て自分に合ったお店を探すのは面倒ですし分からない事ばかりで相談する相手も居ないので、興味がある女性にとってはスカウトマンの存在は大きいです。自分がどんなお店で働きたいのか伝えればそれに合ったお店を紹介してくれますし、事前にお店にシフトやお給料の相談をしてくれ、面接のフォローまで対応してくれるスカウトマンが殆どです。業界未経験なら尚更頼れる存在になります。

しかし、スカウトマンを利用することによってメリットはありますが、もちろんデメリットもあります。スカウトマンがこんなに優しくしてくれるのには理由があって、99%のスカウトは自分がお店に女の子を紹介するとその女の子のお給料からバックでお金をもらっています。ですから自分が紹介した子にはしっかり稼いで貰わないと、自分のお給料が下がってしまうわけです。売上が上がらない時、落ち込んでいる時、為事以外の事でも親身になって相談やアドバイスをしてくれるのでスカウトマンに好意を持つ人も居ますが、それは全て自分のお給料の為、とも言えます。仕事を辞めたいと思っても、彼らは上手いように言いくるめて業界から逃げられないように試行錯誤しているのです。

風俗業界にはスカウトされて入ってくる人の方が多いので、スカウトマンが優しくしてくれる相手は自分だけじゃないと思っておきましょう。

ただ、そういった利害の一致で自分のマネージャーのようにフォローしてくれる相手なので、困ったことや相談事は遠慮なくするようにしましょう。

今はいろいろなスカウト方法がある

また、最近はSNSでのスカウトが増えています。今や日本の若者のほとんどがなにかしらのSNSを利用している時代で、自分がスカウトマンだと公言していれば歩き回らなくても興味のある人から積極的にコンタクトを取ってくれる時代になりました。街で歩いている女性は風俗なんて考えても見なかった相手かもしれません。反対に、SNSやネットの世界では風俗系の仕事を探している女性はいくらでも居ます。顔は分かりませんが、やる気がある女性がおのずと集まってくるのでこういったSNSを利用したスカウトで多くの女性達が風俗業界を経験しています。

SNSは自分からアクションを起こさない限りスカウトマンからコンタクトを取ってくることはほぼないでしょう。そのかわり、SNSで仕事を紹介してもらった女友達等から、良いバイトがあると話を持ちかけられるもあるようです。

 

悪質なスカウトマンに要注意

中にはとても悪質スカウトマンも居るので注意が必要です。悪質なスカウトマンは嘘を吐いて業界に引きずり込もうとします。婦人向けの衣料雑誌のモデルになって欲しいと言われ、最初はありきたりな服に着替えて実際にモデルのように撮影をします。しかし、せっかく撮った写真が「先方とのトラブルで掲載できなくなった」と雑誌に載ることはもちろんありません。すると「足掛けとして違う仕事を」と飲み屋でスタッフとして働くことを提案されるのです。そこでおかしいなと気がつけば断ることも出来るのですが、お給料も高いからとうまい話を持ちかけられたり、容姿を褒めて必ず成功するからと言われれば満更でもなくなってしまう女性が多いです。

風俗はワケあり女性が働きやすい

実際に熟女系風俗で働く事になった場合。入口はそれぞれ違いますが、働くからには風俗で働くということをしっかり認識する必要があります。働く理由も人それぞれで、今の収入ではやりくりできない、シングルで子供を育てるには普通のパートでは融通がきかない、託児所に預ける方がお金が掛かってしまう。等、特に子供が小さいと放っておけないというのが理由で熟女系風俗で働く女性が多いのではないでしょうか。

なぜかというと風俗店はそういった女性に配慮して、託児所と提携していたり事務所に託児所スタッフを用意している場合が多いのと、小学生の子供がいる人は子供が学校に行っている時間にだけにシフトを入れられるので、シングルで子供を育てているがパートの面接は惨敗続き、それでも条件の良い職場を求めている女性にとってはとても魅力的に見えてしまうのです。

シフトは多く出られるに越したことはありませんが、家庭の事情で週に1回朝9時~15時、もしくは出勤できる曜日を一週間ごとに相談することもできます。そういった働き方ができるのは水商売でも無理ですし、風俗業界ならではでしょう。しかし、無断欠勤や突然のシフト変更など自由出勤できる訳ではないのでその点は注意しましょう。

身バレの心配はあるのか

気になるのは風俗で働いているという事が知り合いや家族にバレてしまう、いわゆる身バレです。お店のHPを見ているのはほとんどが男性ですし、夫がいる人は特に気になるでしょうが、プロフィールや宣材写真はある程度誤魔化しができるのでその点は心配ないでしょう。実は風俗バレする一番の原因は自分の言動です。これは自分が徹底的に「風俗で働いている事を誰にも言わない」という対策しかありません。どんなに信用している友人でも、たとえ悩みを共有できる家族であっても絶対に言わない、ということを徹底してください。自分から離れてしまった情報は他人によって簡単に漏れてしまうし、誰に伝わっているかわかりません。

熟女系風俗は働きやすい?

熟女系風俗を利用する客層は比較的40代~50代が多いです。若い利用客は極端に少ないのと、熟女系風俗を利用する男性は紳士的で落ち着いている男性が多いので、初めての風俗業界なら働きやすい環境といえるかもしれません。それに、何度もお店を利用する馴染みのお客様が多いので、気に入って貰えれば少ない出勤のタイミングで何度も呼んで貰えるようになるでしょう。

風俗では働き方をしっかり決めること

風俗業界は、同じナイトワークのキャバクラなどとは違って他の女の子との露骨な人気争いがほとんどありませんし、お客を取った、取られたという言い争いもありません。それはお店が女の子同士の衝突が無いように配慮をしているからでもありますが、主婦やシングルマザーの女性は目立つと身バレの可能性があるのでこっそりと働いていたいと思っているからです。なるべくお客様と何事もなく、稼ぎたい金額を稼げればそれでいい、と考える女性が多いからです。

ただ、自由に出勤できて自由に休める、人間関係を気にしない仕事はどこにもありません。比較的シフトの縛りが緩く、お店の従業員が配慮しているし他のキャストもお互いに気を遣い合っているから、皆自分のことで精一杯だから成り立つ関係性です。他のサービス業に比べて接客のレベルが高く求められ、密室で二人きりにならないといけない仕事なので様々な事に気を遣う必要があります。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

熟女・人妻
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました