交際クラブもデートクラブも仕事内容と給料は変わりません

交際クラブとデートクラブと似たような名前の仕事があります。
どちらも仕事内容は大して変わらず、お店がセッティングしてくれたデートを楽しむだけの仕事です。
給料もさほど変わりありません。

どのような仕事なのか

交際クラブとデートクラブとは

恋愛 ハート交際クラブもでーとくらぶも仕事内容と給料も大して変わりはなく、お客さんである男性とお店が用意した希望に合う女性とデートをするだけの仕事です。
デートクラブはDCと略されることもあります。

交際クラブは、元NHKアナウンサーが会員制の高級愛人クラブに登録していた、と話題になりました。
どちらも、身体の関係を求めたり愛人を求めて登録している男性が多いのです。
交際クラブとデートクラブに共通している点は、どちらも完全会員制であること。
きちんと身分が分かる人でないと利用出来ないため変な男性は登録出来ません。

働いている女性からしたら安心ですよね。
基本的にデートだけではなく身体の関係を求めている男性が多いことから援助交際、売春の紹介している場ではないか、と言わることもあります。
女性は交通費やお礼としてお金を貰い、デード後にホテルでことに及ぶ様子からそう見えなくもないですが、デード後は自由恋愛です。
大人同士がデード後にどうなろうと関係ありません。

性行為が嫌な場合はあらかじめNGとしておけばいいので、無理矢理男性にホテルに連れ込まれることはないでしょう。
ただし、よほど美人でない限り指名されないため注意して下さい。

仕事内容

男性客と男性からの希望に合う女性とのデートになります。

普通のカップルと同じように映画を見たり、食事をしたりとデートを楽しむだけです。
交通費やデート代は全て男性持ちとなるので、女性からしたらデートを楽しめばいいだけで楽でしょう。
お礼として高級ブランド品や謝礼金をくれる男性もいるため良い稼ぎとなります。
社会的地位が高い男性かつ、お金を持っている人が利用客に多いです。

そのため、パトロンやパパ探しに向いている場でもあります。
男性からしたら愛人やワンナイトラブを楽しむための良い女性を探す場です。
お互いに意見が合致する出会いがあれば当人同士で契約を結び、そこから関係が始まるでしょう。
月2,3回ホテルでデートをして本番をするだけで月に30万円以上を払うような男性もいます。

このように、交際クラブやデートクラブをきっかけでパトロンを獲得し、男性からの援助金だけで生活している女性もいるそうです。

メリット

働きたい時に働ける

時計会社に勤めていると何時から何時までと労働時間が決められており、7時間はきっちりと働かなければいけません。

時には残業で7時間以上働く日もあります。
交際クラブとデートクラブは、好きな時に好きなだけ働けばいいだけなので楽です。
仕事をしたくない日は自宅でゴロゴロしたり、外出をして好きな場所に遊びに行けます。
がっつりと働きたいと思った日は、朝から晩まで働けばいいのです。

1回のデート時間に決まりがないことも交際クラブとデートクラブの利点で、良い男性と巡り会えた時はお互いに好きなだけデートをして問題ありません。
そこから愛人契約やパパ契約を結んでもいいですし、普通に恋人として付き合いをしても問題ないのです。

仕事内容がデートだから楽しめる、楽

デートクラブと交際クラブにおける女性の仕事内容は、男性とデートをするだけになります。

男性の支払いでデートをするだけで一定のお金を貰えるため女性からしたら楽でしょう。
OLの場合は、朝から晩までパソコンに向かい資料作りをしたり、企画書を作成したりと色々な業務があります。
時には上司に怒られたり、同期から嫌味を言われたりと苦労をするでしょう。
それに比べデートクラブと交際クラブは楽しんでデートをするだけです。

女性側が楽しんでデートをしていないと男性も楽しくなれず雰囲気は悪くなるため、無理にでも自然に楽しむ必要があります。
時にはそれが面倒だと思うかもしれませんが、デートクラブと交際クラブの仕事となるため仕方ありません。

時には何十万という大金を貰えることも

デートクラブと交際クラブでは、デートを楽しめたお礼として男性から女性にある程度の謝礼金を渡すようになっています。

だいたいお店から○円は渡すようにと指導されているので、ほとんどはそれ通りの額を渡してくる可能性が高いです。
しかし中には、とんでもない大金をお礼として渡してくる男性がいます。
なんと、10万円以上を謝礼金として用意している人がいるのです。
心からのお礼としてのお金なので貰っても何も問題はありません。

ありがたく頂戴して下さい。
また、お土産として高級ブランド品も一緒に渡してくる男性もいます。
くれると言うのならそれもありがたく貰いましょう。
場合によっては、デード後のホテル代も含まれている可能性があるのできちんと確認して下さい。

デメリット

デート中は愛想良くする必要がある

笑顔 女性基本的にデート中は愛想良く振る舞う必要があります。
今後もデート相手として指名をしてもらいたいなら楽しい雰囲気を作らなければならず、少しでも不機嫌な様子を見せると相手は萎縮していまうでしょう。

1度でも不信感を持たれてしまうと今後2度と相手にされなくなり、評判が悪くなってしまいます。
デートクラブや交際クラブで働き続けるためにはある程度愛想良く振る舞い、会話スキルを身に付けておく必要もあるのです。
デートクラブや交際クラブだけでの関係が嫌だと思った時は、男性に気に入ってもらえるように自分から相手に合わせていかなければなりません。
男性からしたら1度だけ軽い気持ちで遊べればいいや、と思っている可能性があるからです。

金払いが良い男性にパトロンやパパになってもらいたいと思ったら行動に移しましょう。
身体を密着させてホテルへ誘導して契約を結ぶのでもいいですし、コミュ力と会話スキルで上手く運んでも良いと思います。
理想的なパパやパトロンを見つけられたらいいですね。

身体の関係を求めている男性がほとんど

デートクラブと交際クラブを利用している男性のほとんどは身体の関係も求めています。
男性はデート相手を選ぶ時にプロフィールを見て選択するので、その際に本番可能と書いてある女性を選ぶ確率が高いです。
そのため、1人だけ本番NGと書いていると指名されない可能性が高いため注意が必要です。
よほど容姿のレベルが高くない限り本番NGではまったく指名されないことを覚えておきましょう。

ある程度は妥協するしかないのです。
どうしてと本番行為は無理という場合は、諦めて他の稼げる仕事を探すことをおすすめします。
デートクラブや交際クラブで男性のほとんどが身体の関係を求める理由は、デート代や交通費を含めて全て男性が負担するからです。
それにプラスして女性にお礼のお金も支払うとなるとかなり大きな額になります。

お金がある男性ならまだしも、息抜きに可愛い女性とデートしたいと思って奮発した男性からしたら本番もしたい、と思うのは自然でしょう。

まとめ

交際クラブとデートクラブの仕事内容と給料について紹介してきました。
どちらもこれといった違いはなく、本人の容姿のレベルと出会い次第で稼げる額は変わります。

交際クラブとデートクラブでがっつり稼ぐのではなく、あくまでも良さそうな男性との出会いの場として捉えて下さい。
そこから愛人契約、パパやパトロンを見つけて援助で大金を貰えるようにするのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました