風俗の嘘広告に騙されたくないなら大手グループがおすすめ

風俗業界へのハードルは一昔前に比べて低くなっている傾向が高いですが、やはりまだまだ「特殊な仕事」や「後ろめたい仕事」というイメージが残っているもの。
このため一般的な業界と比較してまだまだ浸透していない情報が多く存在しています。
そこで問題になっているのが風俗の嘘の求人。
女の子を騙してでも集めたいという劣悪店が行う手法ですが、これに騙されると正当な報酬がもらえないどころか、大きなトラブルに巻き込まれる可能性も。

風俗の嘘求人に騙されないためのポイントなどについて紹介します。

普通の求人でもよくある話

パソコン風俗業界のみならず、一般企業の求人情報でも、誇大広告を使って人材を集めようとしているブラックな企業は多く存在していますよね。
そもそもお金を使って求人広告を出していますし、広告に使える文字数が決まっているわけですから、わざわざ自社のウィークポイントまで掲載する企業はありません。

特に風俗業界ともなれば、一般の企業以上に情報量が少ない業種になりますから、「イメージ」というものが選考します。
風俗業界=誰でも高額報酬を手にできるというイメージが典型的なものですが、実際にはそうではありません。
やはり容姿やスタイル、職業ステータスなどのスペックによる違いや、本人の接客態度ややる気、そしてお店の知名度や立地などの違いによって稼げる額は違ってくるものなのです。
風俗店の求人は嘘の広告が沢山存在していること。

また求人サイトそのものが偽物というようなダミーサイトの存在もあるということを覚えておきたいところです。

どんな詐欺広告が横行しているのか?

風俗業界において、どんな詐欺広告が横行しているのでしょうか。
基本的には募集要項と面接時での説明が全く違うというのはスタンダードなものです。

給料が内容ではかなり高く美味しいと思わせておいて、実際には雑費だの祝儀だのとどんどんと天引きされていき、結局のところはそこら辺の風俗店と変わらないといったケース。
他にも1日○○万円最低保証なんてところも嘘広告であるケースが多いですし、入店お祝い金○○万円なんていうのも、現在の風俗業界の不景気ぶりを考えるとあり得ないと考えるべきでしょう。
入店祝い金は多くの風俗店が贈呈すると広告に記載していることが多いのですが、ただ在籍することを決めれば貰えるというケースはありません。
入店祝い金に関しては貰えることはもらえます。

ただし、「条件を満たした場合のみ」というケースが多いのです。
このようにして「少しでもお金が欲しい」と思っている女性を風俗業界で働かせたいとおもっている経営者が多いんですよね。
最低保証などを毎回出勤する度に続けていれば企業体力のないお店は利益よりも費用の方がかさんでしまうことになり、すぐに潰れてしまうというのが現在の風俗業界が立たされている状況なのです。
他にも近年では「脱がない、舐めない、触れさせない」といったソフト系風俗が流行している状況ですが、こういった名目で女の子を集め、オプションプレイが多数用意されていて、それを全部含ませると実際のところは普通の風俗サービスと変わらないといった詐欺広告を使っているパターンもスタンダードです。

ソフト系風俗を謳っているのに利用料金が高かったり、他にも他のソフト系風俗店では貰えない高額な報酬に設定されているようなところは注意が必要です。

給料相場などを把握すること

お金こういった詐欺行為といっても過言ではない風俗求人に引っかからないためには、一般的な風俗店の報酬額を把握しておくことが重要になってきます。
どのようなタイプの風俗店でも基本的には歩合制を採用しているところがほとんど。

歩合制は女の子が稼いだ売上をお店と女の子側とで分け合うというシステムです。
その割合相場は折半、つまりは5:5の割合か多くて6:4が一般的です。
ある程度にお店に在籍し、お店のナンバークラスなどかなり貢献度が高い女の子でも高くて売上の70パーセントがせいぜいです。
つまり「業界最高基準」などと銘打ってバック率8割だの90パーセントなんて求人広告を出している風俗店は明らかに嘘だと判断するようにしましょう。

それでも信じたいのであれば、「最低保証額」があるかどうかというものとともに、男性客が閲覧する「料金表」をチェックするようにしましょう。
それらを照らし合わせて明らかにお店の利益が少ないと判断出来る場合には、詐欺広告を掲載していると考えて間違いないでしょう。
どうせ風俗で働くなら少しでも高い報酬が欲しいと思うのは当然です。
しかしそういった金銭欲を利用し、女の子を騙そうとする劣悪な風俗店も沢山存在していますから注意をしながら求人をチェックし、簡単に応募しないように気をつけましょう。

どうして求人で嘘をつくのか?

質問 後になれば確実にバレることにも関わらず、どうして劣悪な風俗店では嘘の広告を掲載し詐欺行為を行うのでしょうか。
それは企業体力がない個人店や無名店の場合には、なかなか女の子が集まらないからです。
大手グループ店や高級店、有名歓楽街の有名店などと比較すると、どうしても待遇面では劣ってしまいます。

このため何の嘘もない正直な待遇面を記載した求人広告を出してしまうと、どんどんと有名店や大手グループ風俗店にどんどんと女の子が集中してしまい、結局自分の風俗店には、こういった有名店などから不採用の結論を出されたスペックが低い女性。
もしくは在籍してはみたものの、接客態度などに難があって全く売れていないような女性ばかりが集まってしまうことになるわけです。
これでは売上を上げたいと思ってもなかなか思うようにはいかない環境になってしまうのは、誰でも想像ができるものではないでしょうか。
そんな中で大手風俗店には女の子を取られたくないと個人店や無名店がこれでもかというばかりの好条件を求人情報に記載している状況となればどうでしょうか。

その中でただただバカ正直に本当の条件しか出していないのであれば、本当に「残りカス」の女性しか面接には来ないことになると考えるのは当然のこと。
このため大手チェーン店や有名店などに取られてしまうのは仕方ないにしても、同じようなレベルの個人店や無名店には負けていられないと誇大広告を打ち合っている状況なのです。
とにかく求人に記載している条件が架空のものであったとしても、面接に来ればなんとか騙せる。
また在籍させてしまえば良いという考えが蔓延してしまっているんですね。

安心して働きたいのなら…

こういった嘘の風俗求人に騙されたくないと思っているのであれば、やはり大手風俗グループの店舗にターゲットを絞って面接をしていくべきでしょう。
大手はなんといっても資金力が違っています。
わざわざ嘘の求人情報を掲載しなくても、個人店や無名店と比較して待遇面は高く設定出来ます。

宣伝広告費にもお金を掛けてくれますし、風俗メディアとのパイプだって持っているため、入店すれば「期待の新人」として宣伝してくれる可能性も高いです。
また痛客などは出禁などにしてくれますし、性病検査などもしっかりと行ってくれており、「安心」「安全」な環境で働くことが出来るのもとても大きいと言えるでしょう。
もしも初めて働く風俗業界だから不安があるし、絶対に外したくないだとか、騙されたくないと思っているならば、大手風俗グループに応募するのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました