ソープで発生する雑費のシステムはお店によって大きく違います

ソープ嬢が貰っているお給料から、「雑費」が引かれているのはみなさん知っていますね。
これから風俗で働こうと考えている女の子は、ちょっと聞き慣れない言葉かもしれません。
実は風俗で稼いだお金(バック)は、すべて受け取れるわけではありません。

どれだけ稼いだかは、日給から雑費を引いた「手取り額」で計算するのが正しいです。
この雑費は、それぞれのお店によってシステムが異なります。
今回はソープで貰えるお給料から引かれる「雑費」ではどんな内容が引かれるのか?
そしてどのように引かれるシステムがあるのか?

ソープはちょっと特殊ですので、詳しく見ていきたいと思います。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

ソープの「雑費」どんなものが引かれる?

領収書ソープランドにおける雑費は、お店が運営していくための必要経費と言えます。
女の子がお仕事をする上で、下記の通りさまざまな備品を使います。

店舗型風俗店【ソープランド・箱ヘルなど】

・タオル代・ローション代・グリンス代・コスプレ衣装(クリーニング含)代・光熱費や水道代・お茶代

【さらにソープランドで注目したい引かれもの】

・ゴム(コンドーム)代・部屋のレンタル代・税金・月ボーナス

※税金・月ボーナスについては老舗店などに多く、昔からの風習で引かれているパターンが多いです。
月ボーナスは、スタッフへの気持ちとして徴収されていることがあるようです。
お店ごとに引かれる項目は違いますが、だいたいはこのような内訳となります。
デリヘルなどの無店舗型風俗店に比べて、少し雑費が多くなります。

風俗嬢はお店の備品や空間を借りてお仕事を請け負っていますので、「雑費」を支払う義務があるのです。
また特にソープでは、お店からゴム(コンドーム)やローションを支給するのを避けています。
お客さんとソープ嬢は、「自由恋愛」として本番行為を行うことを名目としているため、避妊具などのアイテムは女の子自身にお任せしています。
お店が強制してセックスさせたとなると、「売春防止法」に定めている

管理売春に触れる可能性があるからです。
これと同じように、お店が女性に体を売るための場所を提供することは場所提供に当たるため、「部屋のレンタル代」を徴収しているところもあります。
あくまでもソープは、お風呂屋さんの扱いで営業しているのです。
法律に触れる可能性が高い業種ですので、ソープランド特有の引かれものについては

ほかの風俗店とはちょっと違う点があるので覚えておきましょう。

雑費は確定申告するとお得なの?

このように雑費を引かれていると、国へ税金を納めているように感じますがそれは違います。
ただ風俗店が名目として徴収しているだけですので、自分で「確定申告」する必要があります。

ちなみに風俗嬢はお店に雇用されている従業員ではありませんので、「個人事業主」という扱いになります。
個人事業主は、1/1~12/31までの1年間に、すべての収入とそれに掛かる経費(雑費)を
計算して確定申告しなければいけません。

確定申告は面倒くさいようで、嬉しいメリットがあります。

払い過ぎた税金が返ってくるのでお得!

お仕事で使ったもの(下着・衣装・備品)、職場までの交通費、お客さんへのプレゼント代などは、経費として処理できます。
それに掛かった税金が返ってくるというわけです。
過去の収入がどれだけあったか?雑費をどれだけ使ったか?は給与明細に書かれています。
申告にはレシートや領収書が必要となりますが、無い場合はメモ書きでも大丈夫です。

医療費控除が受けられるので安心!

確定申告をすることで、所得&納税証明書などが発行されます。
これらの証明書がないと、病院へかかった場合に医療費控除が受けられないので高額の医療費を支払うことになります。
またローンが組めなかったり、部屋を借りられなかったりと不便な点が多々あるのです。

風俗嬢には身バレを恐れて確定申告をしない人が多いですが、ルールを守らないと逆に危険です。
所得を隠したりすれば、いざ高額のローンを組もうとした時に審査でバレたり、何かしらの調査が入った時に家族へバレるケースがあります。

雑費はどんなシステムで引かれるの?

ソープの雑費は、お店のランクごとに引かれる額が違います。

財布高級店・中級店・大衆店のように大きく3つに分けれますが、ランクが高いほど雑費も多く引かれます。
当然ながら高級店は、内装やプレイルームにお金を掛けています。
お店側も設備にかけた費用と、それを維持していくための費用を回収しないと
やっていけないところもあるでしょう。

また超高級ソープにおいては120分ロングコースを基本としているため、接客時間が長いと雑費も上がります。
逆に激安ソープは、接客時間も最短40分と短くプレイルームもそれなりです。
もちろん貰えるバックもそれなりですので、そこから高額な雑費を引いてしまうと女の子のモチベーションが保てなくなります。

このように雑費は、ある程度全体のお給料に見合った金額に設定されているのです。
では実際にどのような計算方法で引かれているのでしょうか?
大衆ソープでは、その日稼いだ日給に対して10%を引くシステムが多いようです。
お店によって5%~10%の幅がありますが、一人当たりのバックが低いお店では日給ベースで計算されます。

もっと良心的なソープや老舗店になると、1日1,000円を固定で引くシステムを採用しています。
何人接客しても同じ金額が引かれるので、あまりお客さんに付けなかった女性にはマイナスです。
ですが風俗は稼いだ者勝ちという風習から、たくさんお仕事を頑張った女性にはお得に作られているのです。
最後に高級店などに多い、お客さん一人のバックから10%引くシステムです。

一人接客するごとに徴収されるので、このシステムが一番大きく引かれることが分かると思います。
最大でも10%ですので、これ以上のパーセントを掛けているところは怪しいと言えます。

ソープは最終的な「手取り額」が重要!

領収書ソープで働くお店を探すときに、「雑費なし」を売りにしている求人に惹かれると思います。

ですが雑費を削っている分、そもそものバックを低く設定しているケースがあるので注意が必要です。
また逆に「高額なバック」を売りにしている求人にも要注意です。
バック率がお給料に直接影響するので、高いことに越したことはありません。
ですが何かしら風俗店に問題があって、どんどん女の子が辞めてしまっている背景があり

そのような広告を出しているのかもしれません。
ソープは本番が唯一許されているので、法律の規制も厳しく、基本料金も高めに設定されています。
ですので普通に考えれば、それに掛かる相応の雑費は徴収されて当然と言えば当然です。
そのうえで「雑費なし」の裏にはどんなカラクリがあるのか?

「高いバック」は怪しくないのか?などに疑う目を持つ必要があり、最終的な手取り額を計算する必要があるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

このように雑費のシステムはお店によって、かなり違ってきます。
貰えるお給料が同じように感じても、雑費を引くパターンによって手取り額は変わります。
またソープにおいては特殊で、自分がどのランクのお店で働くかによってもお得度合いに違いが出ます。
ソープランドは風俗で一番稼げる分野ですので、それに付け込んで異常な雑費を出してくる悪質店もあります。

いざお給料を貰った時に揉めることがないように、事前に確認しておきましょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

ソープランド
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました