オナクラのダミー求人は誇大広告が多い!見分け方やパターンはないの?

何とかお金を稼ぎたいので風俗で働くことも考えている、でも性的なサービスをするのは怖いし難しそうなのでできれば避けたい。
そうい業界未経験の女性に、風俗の仕事の候補として人気があるのが「オナニークラブ」、略してオナクラです。
ですので、オナクラで求人広告を出すと非常にたくさんの女性が応募してきます。

しかし中にはオナクラを装って、入店するとほかの業種の風俗店で働かせたり、求人で示されていた給料には実際は全然届かなかったり、とダミー求人や誇大広告が多いのも事実です。
そこでここでは、そのようなオナクラのダミー求人や誇大広告にだまされないための見分け方や、そのような求人によくみられるパターンについてご紹介します。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

オナクラでのダミー広告の手口

女性 目オナクラの仕事は女性に人気

まず、オナクラの仕事をご存知でしょうか。
簡単に言うと、目の前でオナニーをする男性を見るだけの仕事です。
女性に見られながらオナニーをするという羞恥に異常に興奮する性癖のある男性が世の中にはかなりの数存在して、そういう男性のお客さんでにぎわい、それを目論んでオナクラの出店も増えています。
そのオナクラの求人でよくあるキャッチコピーは「脱がない、舐めない、触らせない」ですので、これであれば見知らぬ男性相手に性的なサービスもしなくていいですし、それ以前に自分の裸を見せなくてもいい、当然性病などの心配もない、ということで非常に人気の風俗ビジネスです。

ですので、求人を出すとたくさんの応募があります。
それを狙って、ダミー求人を出す業者があるのです。

ダミー広告の目的は求人数を集めて、ヘルスやソープで働かせること

どのようなダミー求人かというと、オナクラ店を装って求人募集広告を出し、応募した女性をうまくだましたり、誘導したりしてヘルスやソープで働かせる、というものです。

風俗業界の中でも特にヘルスやソープなど、性病の危険があり、本番を含めたハードな性的サービスをしなければならない業種は、当然求人を出しても応募は少なく、どこも人手不足で困っています。
一方、オナクラであれば多くの女性が集まってきて、それも風俗未経験の10代の女性やハイレベルな女性が多く、ヘルスやソープとしてはまさに喉から手が出るほど欲しい人材なのです。
ですので、ダミーのオナクラ店を作って簡単にたくさんの女性を集め、うまくだましてヘルスやソープで働かせようというのがその魂胆なのです。

面接段階でヘルスやソープへの入店をすすめる

ではどのような手口でオナクラのために応募してきた女性を、ヘルスやソープで働かせてしまうのでしょうか。
まず1番多いものは面接の時にヘルスやソープへの入店を言葉巧みにすすめる、というものです。
と言っても、そういう店が嫌で応募したオナクラですから、当たり前ですがそう簡単にはYesと言ってくれません。
そこで以下のようなことを言ってだますのです。

「今オナクラは在籍している女の子で足りているから、空きが出るまでとりあえず他の店で働かない?」
「応募してきたオナクラだと希望通りに稼げないから、オナクラだけどヘルスサービスも少しある店で働いたら?」
「(ニセの非常に可愛い女性の写真を見せて)オナクラはこのレベルの子じゃないと稼げないけど、ソープなら十分稼げるよ!」
「応募してくれたオナクラは今改装中だから、リニューアルオープンまでヘルスでお小遣い稼ぎしない?」
などです。

これにうっかり乗ってしまうと、そのままヘルスやソープでずっと働くことになってしまうのです。

ダミー店に待機させオナクラで稼げないと思わせる

またもっと悪質な方法は架空のオナクラ店を使った方法です。
大手でダミー求人をしている会社は、風俗営業許可だけ取得して実際には営業していない形だけの店舗を確保しています。

そこには待機室もあるので、面接後に入店したつもりになっている女性をその待機室で待機させるのです。
しかし当然営業していませんから、お客さんは1人も来ません。
つまりせっかく入ったのに1円も稼げないのです。
そしてそれが数日経ったあたりでこのように持ちかけます。

「ごめんね~、オナクラはあんまり流行っていなくて、お客さんが来ないんだよね。やっぱり稼ぎたかったら、系列店のヘルスで働いたらどう?」
これをされると、本当にオナクラでは稼げないという「架空の現実」を見て、それでも稼ぎたいという気持ちが勝ってしまい、言われた通りヘルスで働き始めてしまうのです。

そしてお金が稼げるようになると、自分がオナクラのために応募したことすら忘れてしまうのです。

ダミー求人からの防衛手段は自分をしっかり持ってNOはNO!ということ

拒否このような、言ってみれば「求人詐欺」にあわないようにするにはどうしたらよいのでしょうか。
まず頭に入れておかなければならないことは、風俗店のスタッフは女性を扱うプロ、もっと言えばだますプロだということです。

女性を説得したり勧誘することが仕事ですし、そのためには平気で嘘もつきます。
そして相手の女性の性格を見て、その女性に合った言い回しで説得してきます。
ですので、最初の話と違ったり、あるいは自分が応募した仕事と違う業種をすすめられたら、相手の口車に乗らず、NOはNO!とはっきり言うことが非常に重要です。
もしも自分の希望と違っていたら、はっきり断って面接を打ち切って帰ること、勤めていてどうもおかしいと感じたら思い切って退店することです。

誇大広告を見破るには

またオナクラの広告でさらによくあるのは誇大広告です。
「脱がない、舐めない、触らせない」というキャッチコピーだけでも人が集まりますが、さらにそこに「稼げる」というウソの要素を加えることで、もっとたくさんの応募を集めようとするのです。
そのような誇大広告を見破るためには以下のようなポイントがあります。

「大◯枚以上」と書いてあったら疑ってかかる

求人広告の中には、収入を保証するための日給保証や入店祝い金についても書いてありますが、これは一定の条件をクリアすればほぼもらえます。
しかし「大◯枚以上」というキャッチコピーはがあったら要注意です。
この「大◯枚以上」というのは、1日出勤したら○万円以上稼げますよ、という意味で、たとえば「1日大5枚以上」とあれば「1日で5万円以上は稼げます」ということです。

しかし、一般的なオナクラでは、すごく可愛くて人気がある女性でもせいぜい1日2万円程度の収入が限度です。
にもかかわらず、「大5枚以上」のように、現実的に稼げるわけがない金額が書いてあれば、それは完全に誇大広告だと思って間違いないでしょう。

求人向け、お客さん向け、それぞれのホームページで矛盾を確認する

しかし中には誠実に本当の収入額を書いている店も絶対にないとは言えません。

ですので、そのようなオナクラの求人広告が本当なのか、ダマシなのかということを見破る方法をお伝えします。
まず風俗で働いた場合の給料の仕組みについて説明します。
風俗店にお客さんが来て支払った料金は全額が女性の給料になるわけではありません。
そこから店の取り分を除き、残りを女性の給料として支給します。
女性に入るお金は、お客さんが払った料金の何%と決まっていて、これを「バック率」と言います。
ですので、バック率が60%でお客さんが2万円払っていたら、2万円×60%=12000円が女性の給料になり、残りは店に入ります。
このバック率の相場は、一般的な風俗店の場合は50%~60%です。
多くのリピーターがいて売上に貢献してる女性や、アイドル並に可愛い女性の場合は、それ以上のバック率になっている場合もありますが、それでも最高で70%です。

またオナクラの場合は一般的にほかの風俗ビジネスよりはバック率が低く、40~50%です。
ですので、求人サイトにそれ以上のバック率が書いてあったらも、それはほぼ100%誇大広告です。
またバック率が書いてなくて「大○枚」とか「5万円」などと金額が書いてあるときの見破り方です。
そういう時は、まずその店のお客さん向けのホームページを見て料金システムを調べましょう。

たとえば、お客さんが支払う表示金額が60分16000円だった場合、女性の取り分は以下のようになります。
バック率40%の場合:16000円×40%=6400円
バック率50%の場合:16000円×50%=8000円
これに対して、「1日3万円」と保証してあったら、接客するお客さんの数は、バック率40%の場合で
5万円÷6400円=約8人
です。
実際はこれに指名料とオプション代が加わりますが、それでも1日に8人のお客さんです。
1人あたりサービス時間は60分ですから、全く空いた時間がないくらい立て続けにお客さんが来て、ぶっ通しで8時間仕事する、ということです。

こんなに流行っているオナクラはあり得ませんし、そもそも休憩もなくそのよう働けませんから、この「5万円」というのは誇大広告だとわかります。

その店が本当に存在しているか確認する

女性 目またダミー求人の手口でも説明した、ダミー店を使ったダマシにあわないためにも、その店のお客さん向けのホームページを確認しましょう。
まずホームページがなかったら、ほとんどの風俗店は架空の店舗にまでお金はかけられませんから、それは100%ダミー店です。

あるいは存在していても、最終更新日が3か月前などのように毎日しっかり更新されていなければ、それもダミー店です。
また在籍嬢が数人しかいない場合もかなり怪しいです。

まとめ

いかがでしたか。

風俗の仕事で働くこと自体は、その正確な仕事内容と給料体系に納得していれば、通常の業務委託契約ですから、少なくとも働く本人にとっては問題はありません。
しかし問題はだまされて、いつの間にかハードな性的サービスをさせられる、あるいは希望していた額の給料が全くもらえない、という場合です。
そのような目に合わないように、上でご説明した手口をしっかりと読んでダマシの広告を見破り、そして面接や入店後にも納得できないことがあったら口車に乗らないでNO!と言ってその場を去りましょう。
それがダミー求人に騙されないで自分を守る唯一の方法です。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

オナクラ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました