外国人向けの風俗店はオリンピックに向けて今後どうなる?

外国人観光客に対する風俗店の対応は変わりつつあり、風俗産業全体を通して柔軟性を持ち始めています。
特に、2020年に控えている東京オリンピックは風俗業界でも大注目の意面ととなっており、そこに向けての対策も徐々に行われているようです。
ただし、良いことばかりではなく、オリンピックを境にある種の風俗は衰退してしまうのではないかという危惧もあります。

オリンピックの開催国としての風俗店の対応や新たに興っている外国人向け風俗店の状況を紹介します。

外国人に対する風俗産業の対応は

外国人向けの風俗店はオリンピックに向けて今後どうなる?外国人観光客の増加に伴って、風俗産業でもその対策が始まっています。
外国人の風俗店利用は増えており、受け入れることで客数を増やすことができますが、一方でトラブルが起こる例も少なくありません。

そのため、風俗産業では外国人観光客への対応はさまざまとなっています。

斜陽傾向のある風俗産業の新しい活路として

風俗産業は、若い日本人男性の草食化や遊興費を経費として認められない企業の体質の変化などによって斜陽傾向になっています。
一方で添い寝やエステなどのソフトサービスのお店(風俗店ではない)も増えており、デリヘルやソープランド、ちょんの間などの客がそちらへと流れる傾向もあります。

そのため、ターゲットを外国人観光客へと広げ、新しい活路とするお店も増えています。

外国人受け入れが出来る風俗店のタイプは

日本人女性の人気は海外で高く、風俗人気も高まっていますが、現在どこの風俗店でも外国人を受け入れているわけではありません。
今現在では、デリヘルでの外国人の受け入れがどちらかと言えば積極的で、外国人の受け入れも行っているお店や外国人専門のお店などが出来ています。

ソープランドには外国人のみの専門店はなく、一部で外国人の受け入れを始めている程度となっています。
この傾向は先々変化する可能性もありますが、これからバイトを始めるのであれば自分の外国人対応の可否についても考えておくと良いかも知れません。

セレブの多い外国人観光客は高級店に

風俗を利用する人は日本人でも外国人でもあまり違いはありませんが、どちらかというと観光で訪れた外国人の人気を集めているのは、高級店です。

日本で外国人が風俗を楽しむのは、日本人女性の丁寧で濃厚な接客サービスとなります。
海外でも日本のAVが人気となり、そういったプレイを楽しんでみたいと思うセレブ外国人が風俗店を訪れています。
大衆店や格安店では、女性の対応が十分ではないことも多いため、お店で働く女性への指導や講習が厳しく、高いサービスが期待できる高級店が人気です。

まだまだ根強いトラブルのリスク

外国人の日本の風俗店利用では、まだまだ言葉(英語)の壁も厚く、行き違いによるトラブルが起こりがちです。
また、海外では本番行為が当たり前の国もあり、日本のデリヘルやホテヘルなどのヘルスサービスとの違いを理解してもらえないこともあります。
また、外国人観光客の中には女性への対応が乱暴だったりレイプのような行為に及ぶこともあるようです。

オリンピックで風俗産業は変化する?

チップ2020年の東京オリンピックの開催を控えて、風俗産業は対応に追われています。
ある一部の風俗店ではオリンピックを危機として捉えているところもあります。
オリンピック開催のあおりで繁栄を取り戻すか、衰退するか、お店のタイプによって大きな差が生まれるかも知れません。

オリンピック前に一斉摘発のリスクが

大きな国際的なイベントは、その国の風紀を厳しくします。
海外からの注目が集まって、良いところも悪いところも見られるためです。
日本の風俗やAVなどは海外の男性にとっては人気かも知れませんが、公の立場や男女平等、女性の地位の向上などを目指す人たちからは批判の対象となります。
そのため、オリンピック開催までに風俗店の一斉摘発などが起こるのではないかといわれています。

観光化することで人気上昇も

オリンピック前に摘発のリスクを感じる一方で、観光化することで日本の風俗の人気と地位を確立できる可能性もあります。
摘発のリスクがもっとも高くなるのは違法店であり、正規の届けを出しているような店は警察でも摘発することはできません。
そのため、正規店は違法店の縮小で勢いを取り戻し、安全で快適な日本の風俗を売り出しやすくなります。

外国人観光客の取り込みのために、英語対応のホームページを作成したり、外国語のガイドによるナビゲートなどのサービスが始まっています。

言葉(英語)のできるスタッフを増やしてトラブル回避

オリンピックによって増える外国人観光客への対応としては、言葉(英語)のできるスタッフの配置は必須です。
お店に来店した外国人男性に英語で説明を行うのは男性スタッフですが、女性のバイトも基本的な英会話くらいは求められることになりそうです。

トラブルの元となるのは、外国人の女性への対応自体の場合もありますが、多くの場合は言葉の壁が関係しています。
日本の性風俗サービスを理解してもらい、正しく遊んでもらうためには言葉のできるスタッフは欠かせません。

風俗嬢の外国人向け風俗のメリットデメリット

風俗店に外国人が増えることにはメリットとデメリットがあります。

日本に観光に繰るような外国人にはセレブも多く、風俗産業全体が潤う予感もありますが、一方ではリスクも考えられます。
特にそこで直接サービスを提供する風俗嬢たちはメリットもデメリットも感じやすくなるでしょう。

メリット①集客と売り上げアップ

風俗嬢にとっての外国人観光客は、日本人だけでは減ってきている客数を増やして売り上げをアップさせられるチャンスです。

高級店ではセレブの客も増えるため、客層が悪くなる心配もなく、稼ぎを増やせるでしょう。

メリット②気前の良い外国人観光客のチップ

チップ海外にはチップを支払う風習のある国が多く、風俗嬢に対しても気前良くチップを与える人が多くなります。
チップはサービスの内容に応じて変わるので、意外と高額のチップをもらえる可能性もあります。

デメリット①本番強要やレイプ被害のリスク

外国での風俗(コールガールなど)のお仕事と日本のデリヘルなどのお仕事内容は違います。
しかし、その違いを理解せずに同じように本番行為を求める観光客もいます。
また、旅先であるため開放的になっており、勝手な行為をする外国人もいるようです。

体の大きな外国人男性はそれだけでも脅威ですし、日本人女性には抵抗が難しいかも知れません。

デメリット②未知の性感染症のリスク

外国人とセックスをすることには海外の性感染症をうつされるリスクもあります。
特にNSで本番行為を行うソープランドやちょんの間などでは、リスクが高くなりそうです。

また、挿入だけでなくオーラルセックスを行う場合にも感染リスクがあるため、全てのサービス中のスキン着用などのルールが必要となるでしょう。
これから風俗のお仕事を始める場合には、NS店ではなくS着店を選んだ方が良いかも知れません。

まとめ

東京オリンピックの開催を控えた日本では、風俗業界も変化を求められています。

外国人観光客の増加は風俗店や風俗嬢にとってメリットばかりではありませんが、お客さんが減っている風俗店などでは新しい客層として売り上げを取り戻すチャンスになりそうです。
外国人と日本の風俗店との意識の違いや言葉の壁などはまだありますが、それを乗り越えられたら風俗産業が再び元気になる可能性もあります。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました