風俗嬢を辞める時に失敗する事!転職・トラブルなど

風俗嬢のお仕事は、始める時にも悩みますが、辞める時にも慎重な対応が必要となります。
辞めたいと思った時には、トラブルを避けるためにすぐに行動するのではなく、冷静に考える時間を持ちましょう。
やりたい時にできてすぐに辞めやすいと思われがちな風俗業界ですが、意外と辞める際にトラブルになったり、辞めたことを後悔することがあります。

円満に辞められるように、退店時に起こりやすいトラブルのリスクを知っておきましょう。

風俗嬢を辞める際に起こりやすいトラブルのケース

風俗嬢を辞めたいと思ったら、すぐにでも行動に起こしてしまいがちですが、ここですぐに動くことがもっともトラブルに発展しやすくなる原因です。
風俗は収入のために嫌々やっている人も多いかも知れませんが、社会人として働いているという点はどんな業種でも同じこととなります。

社会のルールを破ってしまうと後々困った状況に陥りやすいものです。

バンスの返済トラブル

風俗嬢を辞める時に失敗する事!転職・トラブルなど風俗店独自の嬢へのサービスとして、バンスシステムがあります。
ソープでもデリヘルでも取り扱っている店が多く、本来はまずいことですが、利用している風俗嬢は多いものです。

バンスは前借りのシステムで、入店時に使えることもあります。
女の子はそれをお給料からの天引きなどで返済していきます。
お金が急に必要となって、やむなく利用しますが、返済するまでは辞めたいと思っても辞めることはできません。
バンスを残したまま辞めようとする場合には一括返済などが待っています。

契約時に決めていた違約金トラブル

風俗店の中には、風俗嬢と入店時に契約書を交わしているところもあります。
そこには、通常、無断欠勤や遅刻、ノルマなどのルールが記してあり、違反をすると罰金などのペナルティが課せられるような記載があるかも知れません。
その中には退店の方法についても含まれていることがあり、辞めたいことを伝えるタイミングによっては違約金が発生する可能性もあります。

いつまでに伝えるなどの文章がある場合にはそれに従って動きましょう。
契約書をなくしてしまった場合には、さりげなくお店に尋ねて再発行やコピーをもらいます。

いきなり「辞める」宣言でトラブル

契約書がなかったとしても、いきなり「今日で辞めます」「明日から出勤しません」ということは社会人の常識としてNGです。

辞めたいと思っても勢いなどで宣言をすることなく、いつまで働いていつで辞めると決めてから冷静に店長に伝えましょう。

引き止められて断れないことも

辞めたいと思っていても、お店から引き止められて断れないこともあります。
特に強い希望や辞めたい理由がない場合などにはずるずると引き止められて辞められなくなることが多く見られます。

また風俗店で辞めると言うと脅されるのではないかと危ぶむ人もいます。

風俗嬢を辞めたいなら社会人としてのマナーも大切

女性 スーツ風俗も普通のバイトと同じように辞めることは可能です。
しかし、それと同様に社会人としてのマナーを守ることも大切になります。

辞めたいと思ったら、きちんと手順を踏んで円満退店を目指しましょう。
風俗嬢の中には、いい加減に入店や退店を繰り返す人もいますが、それは真似するべきではないものです。

すぐに辞めたい場合もせめて1ヶ月前に報告を

風俗だってアルバイトだって、基本的には1ヶ月前の報告が必要です。

病気や急に地元に帰らなければいけないなどの事情がある場合には別ですが、最低でも1ヶ月前までには退店の意思を伝えて、辞める日まではきちんと出勤しなければいけません。

予約が入っている場合にはそこまでは頑張る

風俗嬢はお客様からの指名で稼ぐことができるものです。
人気のある風俗嬢などは割りと先まで指名の予約が入っていることもあり、辞める場合にはその予約をどうするか考える必要があります。

基本的には1ヶ月先くらいまでの予約は受けるべきでしょう。
数ヶ月先まで予約があるという人気嬢の場合にはお断りすることもありますが、これまで支えてくれたお客様のためにもできるだけ頑張りましょう。

お店には納得してもらえる理由を説明して

辞める報告では、きちんとその理由も伝えることが大切です。

お店から引き止められないためにも役立ちます。
風俗嬢を辞める理由としては、「お金が十分に貯まった」「彼氏や旦那にばれた」「結婚する」などがあります。
特に具体的に言いたくない場合には「家庭の事情」としても良いでしょう。

同業種に移籍の場合も円満退店を目指して

風俗のお店を辞める場合には、その業種の仕事を完全に辞めるケースだけではありません。
移籍をしたりちょっと違うタイプのお店に移る(ソープからデリヘルへ、デリヘルからソープへ、など)こともあります。
こうした場合にも円満に辞めたいものです。
移籍するために辞める場合には、はっきり言うと最終日まで干される可能性もありますので、「一身上の都合」とだけ伝えておき、「今後はどうするか分からない」と言っておけばOKです。

嘘を付いている罪悪感もありません。

風俗嬢を辞めたい時に失敗したくない次の準備

風俗嬢を辞めたい時は、後悔しないためにも次の準備をきちんとしておきましょう。
次の準備を失敗すると再スタートがうまく切れず、後悔することになりがちです。

また、収入面も変化するので注意が必要となります。

転職準備は早めにしておく

風俗嬢を辞める場合には、次の仕事への転職準備をしっかりとしておくべきです。
早めに転職先を決めたら、そこで必要となる知識や技術の勉強もしておきましょう。

そもそも、風俗を急場しのぎで始めた場合には、風俗で勤めている間から次の準備をしておくことをおすすめします。
そこにはお金の使い方や生活リズムなどを狂わせないといった日常的な努力も含まれます。

退店後~次の仕事のつなぎ資金を貯めておく

風俗のお仕事を辞めてから次の仕事を探す場合や、少しの間体を休める場合には、十分な生活資金を蓄えておくことが大切です。

計画的に貯金して、2ヶ月程度は休んでも大丈夫なくらいのつなぎ資金を準備しましょう。
実際に昼職に転職してもうまく行くとは限りません。
その際も資金に余裕があれば、安心して暮らせます。

他業種に行く場合にはお客さんには伝えない?

秘密風俗嬢を辞めた後に全く違った業種の仕事に就く場合には、お店に来てくれていたお客さんに辞めることを伝える必要はありません。
もしも同業種のお店へと移籍するのであれば、次のお店でも呼ぶために伝えるべきですが、他業種の場合には黙って辞めることもあります。
親身になってくれたお客さんがいたら、裏切るようで申し訳ない気もしますが、前もって辞めることを伝えたためにストーカーになることもあるので注意が必要です。

失業保険は出ない風俗業

風俗嬢とお店は雇用関係にはないため、仕事を辞めても失業保険はありません。
辞めた後の保証としては自分で貯めた資金だけが頼りとなります。
収入源が急になくなると不安になって、風俗に舞い戻る人もいるので、再び出戻ることがないように計画的に行動しましょう。

まとめ

風俗嬢を辞めたい時には、トラブルや失敗を防ぐために冷静かつ計画的に行動することが必要となります。
風俗であろうとバイトであろうと、社会人としてのマナーは守らなければいけません。
引き止めるお店と辞めたい風俗嬢の間で話し合いがうまく行かないことはありますが、せめてこちらに非のない形で退店する努力は必要です。
辞めたい気持ちを主張する自由はありますが、お世話になったお店やお客さんへの気遣いも忘れないようにしましょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

嘘・詐欺・危険
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました