お茶引きソープ嬢は掛け持ちをして働けば稼げるようになる

今、風俗業界で人気を読んでいるのが、オナクラや性感エステなどといったソフトサービスが人気を見せており、本番行為ができるという魅力を持つソープランドも、その単価の高さに少し客足が減っているような様子が見られます。
そうしたソープランドでも、リピートのお客様を何人も抱えているような人気キャストであれば大きく稼ぎ続けることもできるのですが、そうでないキャストはほとんどお客様の相手をすることができず、稼ぐことができていません。

そうしたソープ嬢は「お茶嬢」と呼ばれ、在籍しているだけの存在として扱われています。
こうしたお茶嬢は、掛け持ちをして働くことで、今よりも収入が高くなる可能性があります。
実際にソープランドで働きながらも、高収入バイトの求人サイトなどに登録して、掛け持ちの仕事を探しているお茶嬢はすくなくありません。
しかし、掛け持ちをすることによって働き方が変わってしまったり、お店にバレないだろうかという心配を考える方も、少なくはありません。

今回の記事では、そんなソープランドで働くお茶嬢が今よりもっと稼げるようになるために、掛け持ちのポイントやメリットについて、ご紹介できればと思います。

お茶嬢って、どんなキャストのこと?

お茶引きソープ嬢は掛け持ちをして働けば稼げるようになるソープランドは、そのサービスがハードなゆえに客単価が高く、バックされる金額も他の風俗業界の業態に比べても大きいので、何よりも稼ぎたい!と考える女性には非常に人気のあるお仕事です。
そんな稼ぎたい欲の強い女性が多く集まるソープランドで、思うように稼げないような「お茶嬢」とは、どんなキャストのことを指すのでしょうか。

お茶嬢とは、「お客様の相手をすることができず、お茶引きばかりしているかのように暇なキャスト」のことを指してそう呼んでいます。
ソープランドにはもちろん需要は非常にありますので、お客様の足数が少し減ったと言っても、固定のファンとして何度もリピートしてくれるお客様は一定数います。
しかし、そうしたお客様はすでにお気に入りのキャストがいて、そのキャスト目当てで来店されますし、新しく来店されたお客様も、人気キャストやスタイルのいいキャストに偏って指名をしてしまいます。
そうした新規のおこぼれももらえないキャストが、「お茶嬢」と呼ばれてしまうのです。

お茶嬢になってしまうキャストには、いくつか特徴があります。
まず、働いているソープランドの中でも、容姿やスタイルがあまり良くないということです。
ソープランドやデリヘルなど、風俗業界でもハードサービス寄りになると、高級店やコンセプトがしっかりしているお店でない限り、採用基準はそこまで高くありません。
特に激安店などであれば、働くことを希望している女性であれば、誰でも採用するといったほど、基準は低くなっているのです。

それでもお客様にとっては、「せっかくお金を払うんだから、当たり嬢を引きたい!」と思うことが当たり前なので、やはり容姿やスタイルが良くないキャストは選ばれません。
そうなると、どうしてもお茶嬢になりやすくなってしまうのです。
また、容姿がそこそこであっても、サービスや対応の悪さが目立つキャストは、お茶嬢になりやすい傾向があります。
お客様は、何も容姿やスタイルが良いのであれば全てOK、というわけではありません。

接客態度が悪かったり、サービスに手抜きと感じてしまえば、いくら容姿が良くても満足することはありません。
さらに今はインターネットの口コミ情報サイトが活発に活用されているので、そうしたサイトにその情報を投稿されると、お客様は警戒して指名しようと思わないのです。
その結果、悪評がたってしまい、お茶嬢になってしまうということです。

稼げる以外で、掛け持ちをするメリットは?

サービスの悪さに関してはキャストの努力や工夫が必要ですが、容姿やスタイルが原因でお茶嬢になってしまったキャストは、掛け持ちをすることで稼ぐことが可能になります。
掛け持ちのメリットとして、他にはどういったものがあるのでしょうか。
まず考えられるのは、自分に合った働き方やお店を見つけることができる、ということです。
ソープランドでお茶嬢と呼ばれるキャストは、実はそのお店やコンセプトが合っていないだけ、もしくはソープランドで働くこと自体が合っていないだけという可能性もあります。

例えば、少しスタイルの悪いキャストが、普通のコンセプトのソープランドで働いても稼ぐことができなかったけど、ぽっちゃり専門店やデブ専門店で働くことで、人気が爆発した!というケースも全然あり得ます。
ぽっちゃり掛け持ちで自分に合ったコンセプトのお店を探して働くことで、掛け持ちで選んだお店で働く方が稼ぐことができた、なんてことは珍しくはないのです。
また、自分に自信を持つことができるというのも、メリットになります。
やはり、お客様を取ることができなければ、稼ぐこともできませんし、「やっぱり私は向いてないのかな…」と、自信をなくしてしまいますよね。

しかし、それも掛け持ちをして、他の風俗店で稼ぐことができるようになれば、そうした心配をする必要はありませんし、それによって無くした自信も取り戻すことができます。

お店にバレないためには、どうすればいい?

風俗業界では、例えばOLや大学生として本業があり、ダブルワークで勤務することは許可されていたとしても、風俗業界の中で掛け持ちすることは禁止としている風俗店は少なくありません。
もし何かしらのきっかけでバレるようなことがあれば、解雇されてしまったり、罰金を支払わなければならないリスクもあります。

それでは、こうした掛け持ちをバレないようにするために、どういった工夫をすればいいのでしょうか。
まず、掛け持ち先を、ソプランドや店舗型ヘルスなど店舗を持つような業態で選ぶ場合、今働いているソープランドと同じ風俗街にあるお店は選ばないようにしましょう。
例えば吉原内で働いているのにも関わらず、同じ吉原内の風俗店で働いてしまうと、勤務先の風俗店のボーイに見つかってしまってバレてクビになった、というケースも少なくありません。
さらに、同じエリア内であれば、お客様からの密告などでバレる可能性もありますので、避けた方がいいでしょう。

また、同じエリア内でなかった場合でも、働いている風俗店と掛け持ち先の風俗店がグループ店同士だった場合は、加入している労働組合などを通じて内部からバレるリスクがあります。
掛け持ち先を選ぶ際は、グループ展のように繋がりがないか、しっかり調べることが大切です。
さらに、もし掛け持ち先の風俗店でホームページなどがあるのであれば、写真を掲載する際に、あなただとすぐにわかってしまうような目印は写さないような写真を掲載することを心がけましょう。
例えば特徴的な場所にホクロやあざ、タトゥーがあるということであれば、カメラマンにそこが写らないようにお願いをしたり、編集段階で消してもらうようにしましょう。

こうした細かい対処も行なっていかなければ、案外簡単にバレてしまうこともあるのです。

掛け持ちがバレてトラブルになった時は、どうすればいい?

風俗業界でも特にソープランドは、掛け持ちに対して少し厳しいところがあります。
特に同じソープランドで働くとなると、見つかり次第クビになったり、罰金の支払いを命じられてしまうこともあります。

お茶そうしたトラブルに巻き込まれてしまった時は、どのように対処すればいいのでしょうか。
掛け持ちがバレることによってクビにされてしまうことに関しては、受け入れて別のお店を探すことをおすすめします。
しかし風俗店でよくある「掛け持ちでの罰金」には、法的効力があるわけではありません。
風俗店から、いわゆるけじめとして支払いを要求されますが、支払いに応じなければいけないという法律はないのです。

そのため、本当は支払う義務、というのは存在しません。
それでも支払いを要求される場合は、警察などにいって相談をしましょう。
風俗店側も、警察に出てこられると面倒になってしまいますので、結果的に風俗店をやめる必要はあるかもしれませんが、多額の罰金を支払う必要はなくなるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
もしお茶嬢として全く稼げていないのであれば、高収入バイトの求人サイトや風俗業界の求人サイトに登録し、掛け持ち先を探すことをおすすめします。
もしかすると、あなたがより稼げる、相性のいいお店が見つかるかもしれません。
しかし、掛け持ちをする際は、慎重にお店選びをすることを忘れてはいけません。

トラブルなく掛け持ちができるよう、掛け持ち先を選んでくださいね。

オススメ風俗求人サイト

当サイトおすすめの優良風俗求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて! Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い風俗求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」! スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の風俗求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

ソープランド
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました