風俗店には雑費がありますが、お店によって引かれる額も内容も違う?

風俗店から出るバックから、日ごとに引かれる雑費というのがあります。
差し引かれる雑費の金額には、使用するタオル代や潤滑油代などの項目があります。
お店によって、各種雑費代金は異なります。

1日に持って帰れる収入を事前にある程度知っておきたいのであれば、そのお店の面接を受ける際に引かれる雑費についてを聞いておきましょう。
今回は、一般的な風俗店の雑費についてを詳しく書いていきます。
これから風俗で働く人は、こちらの記事を是非参考にしてみて下さい。

雑費って何?

風俗店における雑費とは、風俗嬢が実際の業務を行う上で使用するこまごまとした消耗品を指します。
どのお店も、雑費を必要経費として風俗嬢の日ごとのバックから差し引きます。
風俗店には雑費がありますが、お店によって引かれる額も内容も違う?引かれる雑費の例として、タオル代やローション代、マウスウォッシュ代、イソジン代、コスプレ衣装代、クリーニング代、オプションのアダルトグッズ代などがあります。
デリヘル型の風俗店であれば、送迎や移動の車のガソリン代やドライバーの人件費がかかるところもあります。

ソープやファッションヘルスなどでは上記の雑費に加えて、部屋のレンタル代やお風呂の水道代、光熱費、せっけん代、コンドーム代などが引かれる場合があります。
無店舗型でない限りは、こういった雑費がかかることを想定しておいた方がよいでしょう。
ソープ特有の雑費としては、「税金」や「月ボーナス」というのがあります。
「税金」は、国や税務署に対して払うものではなく、在籍しているソープ店に定期的に払うそうです。

名目に関しては、「昔からの習慣」という不明瞭な理由となっているそうです。
「月ボーナス」は、毎月決まった日にちに、在籍している風俗嬢からお店のスタッフさんたちに対して支払うボーナスのことです。
こちらの名目は、日頃から風俗嬢たちのお世話をしているスタッフさんへのささやかな感謝のしるし、ということのようです。

雑費がないお店もあるの?

風俗店の中には、雑費がないお店もあります。
むしろ、前に比べて雑費を引かないお店が増えてきています。
その代わり、元々のバック率が低く設定されています。
その為、よくよく計算してみたら、雑費を引かれるお店と手取りのバックが全然変わらなかったというケースも多々あります。

お店を選ぶ際には注意をしましょう。

風俗店の雑費はどうやって引かれるの?

風俗店の雑費は風俗嬢のバックから差し引かれます。
差し引き方法については、業種やそのお店によって異なる場合があります。

いちばん多いパターンは、その日1日で稼いだ金額から、1000円から2000円の決まった金額が引かれるパターンです。
次に多いのは、その日1日で稼いだ金額の何パーセントかを引かれる方法です。
他にも、お客さん1人を接客するごとに決まった金額を引くというものです。

お店によって引かれる雑費の金額が違うってどういうこと?

風俗店には、大衆向けのお店の他に、中級店、高級店と上質なランクのお店があります。
雑費は、大衆向けの風俗店がいちばん安く済みます。
高級店に行けば行くほど、雑費の値段も高くなり、多いと1日で2000円~5000円ほどかかります。
また、女性のモチベーションを落とさないように、一定の指名数をこなしている女性のみから雑費を差し引く風俗店もあるようです。

雑費がわずらわしい!引かれた雑費を取り戻せる方法ないの?

風俗で働いている風俗嬢は、社会的な立場上は個人事業主です。
その為、「所得」の対象となり、確定申告が必要になります。
確定申告を済ませると、1年間でどれほど稼げたのかを把握出来ます。

また、確定申告をするメリットとして、お金が返ってきます。
仕事用に買い揃えたオプションやアダルトグッズなどもすべて経費として計上出来ます。
出勤の際に使ったタクシーも経費に数えられます。
経費に出来る主な費用の一覧としていくつか挙げてみましょう。

まずは、お店までにかかった交通費全般が可能です。
美容グッズや化粧品代、下着やコスプレ衣装代、クリーニング代、エステやネイルサロンなどでかかる美容代、名刺代、お客さんの接待費、交通費など様々あります。
化粧品確定申告をするメリットの2つ目には、所得照明や納税証明が発行されるというものです。
これは、風俗という不安定な仕事柄、風俗嬢たちにとってはとても心強いものです。

所得照明や納税証明があることによって社会的信用が増します。
また、病院へ行った後の医療費控除申請の際にも大変役立ちます。

雑費を引かれすぎて損をしない為に出来ることとは?

雑費は、お店によっては「在籍料」や「厚生費」という名前が付いていることがあります。

タオル上述したように、お店によってこの雑費の引かれ方が違います。
もちろん、引かれる金額も違います。
そんな雑費のせいで損をしないようにする為には、かなり詳細にチェックをする必要があります。
チェックする点は、1回の雑費でいくら引かれるのかということや、1人の接客につき、何がいくら引かれるのかということです。

1回の接客につき、500円が引かれるお店と、1000円が引かれるお店とでは大きな差ですよね。
安易に「ココでいいや」と雑費のことを聞かずに働き始めるのはやめておいた方が身の為です。
複数のお店の面接を受けるのであれば、必ず3店舗とも雑費について詳細に聞いておき、メモを取るなどして他店と比較が出来るようにしましょう。
そうすることによって、後から大損していたことに気づく、なんてことがなくなります。

雑費なしと雑費ありのお店は、どちらが稼げる?

一見すると、雑費がないお店の方が良心的な感じがするかと思います。
でも、実は、雑費の有無はまったく関係なのです。
大切なのは、最終的にもらえるバックの金額です。

なので、雑費があろうとバックが高いお店であれば、1人の接客あたりで稼げる最低金額が高く設定されていることも少なくありません。
反対に、雑費がなくても、元々のバック率が低くて全然稼げないお店もいっぱいあります。
「うちのお店は女の子から雑費を一切いただいてないんですよ。
なので、稼ぎやすいですよ」と面接官に言われても、バック金額はいくらかをたずねるクセ付けをしておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、「風俗店には雑費がありますが、お店によって引かれる額も内容も違う?」というテーマで記事をまとめてみました。

風俗店でいうところの雑費とは、風俗嬢が業務を行う上で使用するこまごまとした消耗品にかかる経費のことです。
風俗店がそれらの経費を負担しているというところも沢山ありますが、中には風俗嬢自らに負担してもらうようなルールを設けているお店もあります。
各業態によって、雑費の対象となる消耗品は異なります。
また、お店によって雑費の引かれ方や、引かれる金額も違ってきます。

事前に自分の収入の目安を立てるには、面接の際にあらかじめ雑費の詳細について聞いておきましょう。
加えて、雑費の有無は、そのお店のバック率にはさほど影響がないようです。
雑費があってもバック率が高いお店は沢山あるということです。
反対に、雑費がなくても一概にそのお店のバックが高いとは言えません。

自分で下調べをしてから、雑費で損をしないように慎重なお店選びをすることをおすすめします。
後から雑費で損をしたと気づいても、あまりにもお店を変えていると「転々虫」だと思われてしまいますので、十分に注意しましょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました