給料の金額が高過ぎる添い寝リフレの求人は危険です!

添い寝リフレは、安全で稼ぎやすそうなお店ですが、給料の金額が高すぎるようなお店のバイト求人には注意が必要です。
給料が高いということはそれだけ高度なことが求められたり、お客さんが高いお金を払う価値があると思うような濃厚な風俗サービスがあったりするかも知れません。
また、中には違法店もあるので、自分の身を守るためにも店選びは慎重に行いましょう。

添い寝リフレのお店の選び方や本来のサービス内容を紹介します。

添い寝リフレってどんなお仕事なの?

添い寝リフレは「寝ているだけでお給料がもらえちゃう!」「誰でもカンタンに稼げます!」といった旨いうたい文句で求人を行っている「添い寝専門店」です。
本当に「寝ているだけ」で「誰でも」できる内容が基本のサービスとなりますが、もちろん大変なこともあります。

また、時給はコンビニのレジ打ちやファーストフード店と比べたら高めとなっていますが、稼げることばかりではありません。

基本は添い寝と簡単なマッサージ

添い寝リフレの仕事内容は、基本的には添い寝とマッサージです。
添い寝はお客さんの寝ているベッドなり、添い寝スペースに一緒に横たわるというサービスで、本当に横に寝てあげるだけのものとなります。

ベッド 女性接触もなく、当然のことながらお客さんから胸や性器などを触られることもありません。
また、裸になって添い寝を行うこともNGです。
マッサージの方も特に専門的な技術が必要となることはなく、簡易的なものとなります。
優しく癒してあげるようにマッサージをしてあげればOKです。

お給料は最低保証のない時給制が基本

添い寝リフレのアルバイトのお給料システムは、基本的には最低保証のない時給制となります。
つまり、お客さんに付いた時間帯だけお給料が発生して、それ以外の時間は無給というシステムです。
時給は3,000円程度と高額になりますが、お客さんがいなかったら0円となる歩合制と同じことなので、稼ぐには自分の人気を高めることが必要です。

バック料金はオプションごとに差が大きい

添い寝リフレには、風俗や水商売のようなオプションバックのシステムがあります。
とは言っても、別に風俗のようなサービスをするのではなく、「耳かき」や「膝枕」「一緒に外出」などのオプションが一般的です。
また、ちょっと高度なものには「ハグ」や「腕枕(男性の腕枕で一緒に寝る)」「お尻枕」「馬乗りサービス」などがあります。

こうしたオプションは難易度やエロ度が高くなるに比例してバックも大きくなり、難易度の高いオプションができる女性はそれだけ稼げます。

JK(女子高生)リフレといってもJK(女子高生)は働いていない

添い寝屋やリフレ店は、JK(女子高生)リフレとしても人気を集めていましたが、現在では摘発を恐れてJK(女子高生)を働かせるお店は少なくなっています。
つまりJK(女子高生)リフレと銘打っていても、実際には成人した女性が制服を着てお出迎えしているだけです。

もしかしたらあるかも知れない危険な添い寝リフレ

意外と健全そうな仕事内容となっている添い寝リフレですが、全てのお店がルールを守って健全なサービスのみを行っているとは限りません。
お店によっては過剰サービスを行っていたり、届出を出さずに風俗のようなリフレ店を経営していることもあります。

非風俗添い寝リフレと風俗添い寝リフレ

お金添い寝リフレには、非風俗添い寝店と風俗添い寝店があります。
非風俗添い寝店は、上記に挙げたような添い寝プラスマッサージという基本サービスとなっているもので、風俗添い寝店ではそのサービスにエッチなサービスがプラスされます。
エッチなサービスの内容としては、ソフトなヘルスサービスやハンドサービス(つまり手コキ)、男性のオナニーを見るサービスなどがあります。
あくまでもソフトサービスなので、本番行為をするようなことはありません。

お給料が高いリフレはリスクも高い

もしも、添い寝リフレでのアルバイトに風俗要素のないサービスを希望しているのであれば、お給料が高いリフレ店は注意が必要です。
非風俗リフレでは時給3,000円程度だったシステムが、風俗リフレになると5,000円以上も多くなってきます。
そのため、目安としてお給料の額が異常に高いお店は、風俗サービスをしたくない人は避けるようにした方が安全です。

風俗リフレでも届出のない違法リフレ店も

風俗的なサービスもお金のためであればやむを得ないと考えている場合にも、注意は必要です。
風俗系サービスのあるリフレ店の中には風俗店として届出を行っていないお店もあり、違法営業で摘発される恐れがあります。

入店後に無理なサービスを強要?

添い寝リフレとして経営しており、サービス内容も特に危険なものがなさそうなお店であっても、入店後に自分のやりたくないサービスを強要されるような悪質な店もあります。
場合によってはリフレ店として求人を出していたのに、面接に行くと系列のヘルス店などを進められることもあります。
こういったお店の誘いに乗ってしまうと、自分の思ってもいなかった仕事をさせられることもあるので注意が必要です。

危険な添い寝リフレ求人の見分け方

危険な添い寝リフレ店に引っかからないためには、求人を見つけたらすぐに飛びつかないことが大切です。
まずはじっくりとお店のことを調べて、あまりにも旨い話の場合には用心しましょう。
1度お店に面接に行ってしまうと断りにくくなることもあるため、行く前に調べることが必要となります。

やたらと給料が高くて最低保証もある

お金求人の内容があまりにも良い場合には、風俗サービスのある添い寝リフレ店かも知れません。
特に最低保証のあるお店は風俗サービスの可能性が高くなります。
また、風俗添い寝店での勤務が可能な場合にも、高すぎるお給料のお店で無理やりしたくないサービスをさせられる可能性があるので注意しましょう。
こうした求人を見たら、お店のお客さんが見るためのホームページのチェックが必要です。

お客さんの見るページには料金からオプションの種類が書いてあるので、そこでどんなお店なのかは判断できます。
基本料金が高すぎる、またはオプションで自分のできないサービスが多い場合には、避けた方が良いでしょう。

お店や事務所が架空

添い寝リフレ店として求人を出しているのに、お店はおろか事務所もない、架空の店の場合もあります。

こうした店ではリフレの求人で集まった女の子をヘルスなどに誘うことを目的としており、最初から添い寝の仕事はありません。
また、お店ではなく派遣型のリフレはヘルス系の仕事の場合が多くなります。

本当のJK(女子高生)がいる

お店に入店してから違法リフレ店であることに気づいたら、できるだけ早めにお店を移りましょう。

特にJK(女子高生)リフレとして売り出しているお店で本物のJK(女子高生)が働いている場合には違法となります。
こうしたお店では女の子を大切にしてくれないことが多いため、トラブルの可能性もあります。
直接店長などに辞めると言えない場合にも電話などできっぱりと断り、ずるずると勤めを続けないようにしましょう。

まとめ

添い寝リフレのお店はアルバイトとしても人気が高く、働きたいという女性も多いものです。
しかし、かなりグレーなお店も多いので、お店選びには十分に注意しましょう。
危険そうなお店があった場合には、お給料が高くても飛びつかないようにすることが大切です。
また、添い寝リフレにも風俗寄りのお店があるため、自分のできるサービスを取り扱う店を探すことも必要となります。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

嘘・詐欺・危険
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました