沖縄の風俗って働きやすいですか?出稼ぎを考えてます。

地方の風俗店に出稼ぎに行こうと考えていますか?
どうせ行くなら、空も海も綺麗な場所へ!って思いますよね。
そうすると沖縄の風俗店に出稼ぎに行くといった考えに至るかと思います。
沖縄って海も空もとても青くて、魅力的ですよね。

出稼ぎついでに、観光にもなりますし、一石二鳥だと思います。
しかし、当然ながら、沖縄の風俗店にも、メリットとデメリットが存在します。
出稼ぎに行く前に、しっかりと地域の特徴を把握しておき、風俗事情も調べてから行くようにしましょう。
今回の記事では、沖縄の風俗店に出稼ぎを考えている方のために、沖縄風俗について紹介したいと思います。

沖縄の風俗店は、とにかく値段が安い!

沖縄の風俗って働きやすいですか?出稼ぎを考えてます。皆さんは、沖縄県の最低賃金を知っていますか?
全国的に見ても、ワーストのほうに位置します。
普通のアルバイトで言えば、時給600円ほどしかありません。

ということは、物価も必然的に安い傾向にあるということです。
物価と同じように、風俗店にも影響を及ぼしています。
ソープランドで言えば、60分で高くて総額2万円台、安いところでは5,000円台と、かなりの落差があります。
例え沖縄県が2万円台だったとしても、本州だと2万円台後半~といった値段を取っているはずです。

それだけ沖縄県の風俗店は値段が安いので、本州から出張で来た利用者は、必ずと言って良いほど、遊んで帰ります。
それでも、回転率はそんなに良くありません。
本州だと、1日に5人くらい接客している嬢だったとしても、沖縄県だと1日に2人接客できるかどうか、といったラインでしょう。
また、利用料が安いために、必然的にバックも安くなってしまいます。

いくら回転率が高くても、バックが少ないと、結果的に収入が減ってしまいますよね。

とにかく沖縄県の風俗店は、ルーズなところが多い

値段が安いことはお分かりいただけたかと思いますが、地域の特徴が分からないと、長続きしない可能性がありますよね。
沖縄県と言えば、「時間を守らない」人が多いと聞いたことはありませんか?

それは風俗店にも適用されることで、実は営業時間を過ぎても、お客さんを受け入れてしまうお店が多いのです。
例えば、0時終了のお店でも、お客さんが来た場合は別です。
受付が0時を過ぎていても、営業してしまうのが沖縄県の風俗です。
現地の女の子も、たくさん稼ぎたいから、それを甘んじて受け入れてしまうのです。

本州の風俗店では考えられないことですよね。
でも、沖縄県では、それらが「当たり前のこと」として存在しているのです。
本州の風俗店で働いていた女の子の大半は、そのルーズさを受け入れることが出来ずに、すぐ辞めてしまうのです。
それから、ルーズなのはお店側だけではありません。

働いている女の子も時間にルーズで、0時終了なのに、23時頃に入店するなど、ルーズの中のルーズと言っても仕方のない勤務態度の女の子も存在するのです。
しかし、それでも女の子はクビになったりはしません。
先ほどお伝えした通り、お店側がそもそもルーズですので、女の子が何時に出勤しようがお構いなしです。
このようなルーズさがあるため、営業時間が守られることはほぼ無いと考えて下さい。

どうでしょうか?
本州の風俗店ではあり得ないことばかりで、とても働きたいと思えない環境ではないでしょうか。

客層はとても悪い!劣悪と言っても良い!

沖縄デリヘルの場合だと、本番は当たり前なので、拒否しようものなら強要されて強引に本番に持ち込まれてしまいます。

お店に本番強要されたことを伝えても、店員はやけに優しい対応なので、お客さんには響かず、また同じことを繰り返されてしまいます。
本州だとどうでしょうか?
本番NGのお店だと、出入り禁止になることは当たり前で、最悪の場合は警察沙汰になることがありますし、女の子に対するお店の対応は、紳士的と言えるでしょう。
もともと客層が悪いことがあり、でもお店の対応はルーズを極めている。

客のお店での振る舞いがルーズなら、お店側の対応もルーズなわけです。
時間にルーズだけではなく、考え方までルーズなので、本州では考えられないようなことが、日常的に行われています。
沖縄県の風俗店で働くには、本番は当たり前、客層は悪いと考えたほうが無難でしょう。

沖縄県の風俗店で働くメリットは?

前述では、デメリットの部分を多く挙げてきました。
では、沖縄県の風俗店で働く場合のメリットについて考えてみましょう。

観光に最適

オフの日は、観光できます。

海は本州と比べ物にならないくらいに綺麗ですよね。
スキューバダイビングなども気軽に楽しめますので、本当に観光に向いている地域なのは間違いありません。
また、基本的に出稼ぎは、3ヶ月などの期間限定で住み込んで働くことになります。
移住体験しつつも、リゾート観光も出来ますので、一石二鳥です。

最低保証金の制度を受けられる

しっかりと条件をクリアすることで、日給を保証してくれる制度です。
期間限定ということで、いつもよりお客さんが来る場合もありますが、来ない場合がほとんどです。
万一、指名が入らなかったとしても、保証を受ければ本州と同じくらい稼げる可能性があります。

18歳以上なら入店可能なお店がある

No, Badもちろん高校生ではないことが条件となりますが、18歳以上なら簡単に入店できてしまいますので、沖縄県の風俗店で入門するのも悪くないでしょう。
ただし、とてもルーズなお店が大半なことや、客層が悪いことから、嫌になってしまう可能性は十分にありますので、よく考えた上で入店するのが良いでしょう。
沖縄県の最低賃金は、本州の比較にならないほど安く、お店が提示している金額も安いです。

しかし、出稼ぎで得られるメリットはそれなりにありますので、一長一短といったところでしょうか。

稼げる時期は「夏」と「冬」

夏と冬は、観光客で賑わうシーズンです。
普段から来店する客が地元民ばかりだったとしても、この時期だけは別です。

それなりに観光客が来店する場合がありますので、普段と比較すれば稼げる時期と言えるでしょう。
夏はリゾート観光を楽しむ客層ですし、冬場は本州の寒さから逃れたい観光客が沖縄県に来ます。
必然的に、お店に遊びに来る客も確保出来ますので、出稼ぎに行くなら、夏か冬と考えたほうが良いでしょう。
ただし、観光客が必ず風俗店に遊びに来るとは限りません。

「いつもより客層が少し違うかな?」程度の場合もあります。
それでも集客に期待できるシーズンであることは間違いありませんので、狙い目ではあります。

まとめ

沖縄県の地域柄はとてもルーズです。
それは風俗店の場合も同じで、0時までの営業時間だったとしても、翌朝5時頃まで働いていた・・・なんてことはザラです。
客層の質も悪くて、本番強要なんて当たり前だし、お店に訴えても改善されるような素振りもないことが多いです。
客もお店も、とことんルーズってことですね。

しかし、それを覆すほど、沖縄県のリゾート観光には魅力があります。
青い海に、澄んだ青い空なんて、いつでも見られるものではありません。
ルーズな地域柄には、ほとほと嫌気が差しても、それを上回るほどリフレッシュできる環境が整っているのです。
本州の風俗店で忙しく働いていて、なかなか休暇が取れなかったとしても、沖縄県の風俗に出稼ぎに行けば、働くことと同時に、大きな気分転換にもなります。

また、時期に狙いをつけて行けば、本州より稼げる可能性だってあります。
しっかりと地域の特徴を捉えておき、行く前とのギャップを埋めておきましょう。
そうすれば、落胆することなく、長続きするかもしれません。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました