デリヘル嬢という仕事のメリットとデメリットについて教えて

日本には様々な種類の風俗店がありますか、その中でもデリヘルは日本で一番多いと言われています。
だから風俗で働いてみたいという女の子が風俗店について調べれば必ずと言っていいほど最初にデリヘルと言うお仕事に行き着くと思います。
でも風俗店は種類が多すぎて、お店ごとにどういうメリットとデメリットがあるのか分かりにくいものです。
この記事では、デリヘル嬢という仕事のメリットとデメリットについてご説明します。

デリヘル嬢ってどんなお仕事?

デリヘル嬢という仕事のメリットとデメリットについて教えてデリヘルと言うのはデリバリーヘルスの略で、ホテルやお客さんの自宅などに女の子が派遣をされて性的なサービスをするお仕事です。
風俗店は性的なサービスの度合いによって何段階かに分かれていて、デリヘルはヘルス系という分類に所属しています。
ヘルス系というのは、要するに「本番(挿入)以外の大抵のことはするお店」です。

挿入以外であれば、キスやディープキス、お客さんから女の子へのペッティング(胸や性器へのタッチ、指マンなど)、クンニ、フェラなど普通のセックスで行うようなことはすべてやります。
規則としては本番は禁止されていますので、最終的に手コキやフェラでお客さんを射精させてあげることまでがお仕事です。
その他にオプションと言って、お客さんが追加料金を支払うことによって行うことができる特殊なプレイもあります。
オプションとして代表的なものとしては、口内射精、ごっくん(精子を飲むこと)、アナル舐め、おもちゃプレイ、聖水(おしっこ)プレイなどがあります。

オプションは女の子がNGに指定することも出来るので、やりたくないプレイは拒否することもできます。
ただし、オプションに対応するとその分オプションバッグというお給料が追加されますし、お客さんからも指名を取れる可能性が高くなります。
デリヘル嬢で働くのであれば知っておかなくてはいけないこととして、本来本番は禁止されていますが、お客さんの中には挿入をしようとしてくる方がたくさんいます。
逆に本番をすることによって指名を稼いでいるデリヘル嬢もたくさんいます。

本番をするのかしないのかということについては基本的に女の子が自分で決めることができますが、規則で禁止されているとはいっても現実的にはデリヘルで本番をしている人はたくさんいるという事を覚えておきましょう。

デリヘルで働くメリット

では実際にデリヘルで働くことのメリットについてご紹介します。

日本の風俗で一番多い

デリヘルは日本で最も店舗数が多いと言われています。
店舗数が多いということは、その分選択肢が多いということです。
例えばお客さんが支払う金額が高い順に高級店、大衆店、格安店という呼び方をします。
基本的にデリヘル嬢の給料はお客さんが支払った金額の50%から60%が風俗嬢にバックされるシステムになっていますので、当然金額が高いお店に在籍するほどお客さん一人当たりの単価が高くなります。

さらにお店によって待遇も違っていて、寮があったり、子供がいる女性向けに託児所が用意されていたり、終電がなくなっても無料で送迎をしてくれるなどお店によって様々です。
自分の容姿やスタイル、接客テクニックなどを考えてできるだけ高くて待遇が良いお店で働くのがたくさん稼ぐための近道ですが、デリヘルは店舗数が多いため自分に合ったお店を見つけられる可能性が高いということです。
また、デリヘルは都心の繁華街だけではなく、風俗店がほとんどないような地方であっても存在します。
だから、風俗店が多くないという地域に住んでいる方であってもデリヘル店は大抵あるので働くことが出来るということです。

お給料が高い

質問風俗で働くことの魅力は何と言っても給料が高いことです。
デリヘルは様々な風俗店の中でも高いお給料をもらえる可能性があるお仕事です。
高級店の人気嬢であれば100万円以上稼いでいる方も珍しくありません。

本番をしなくていい

デリヘルではお店の規則として本番をすることが禁止されています。
ですから、妊娠や性病に感染するリスクが低いということです。

身バレするリスクが低い

デリヘルでは、自分の知り合いがいるような地域への派遣をNGにしておくことが出来ます。
さらに移動はお店が用意してくれている送迎車の場合がほとんどなので、知り合いに会う可能性が非常に低いと言えます。
ホームページにプロフィール写真が掲載されますが、風俗店の写真は大抵修正を入れてくれますし、どうしても身バレを避けたいのであればお店と相談をして写真を掲載しないこともできます。

人間関係が煩わしくない

風俗で働く時にストレスの種となりやすいのは、同僚女性との人間関係です。
店舗型の風俗店の場合、待機室というものがあり出勤をしたら女の子達は同じ空間で過ごすことになります。
当然コミュニケーションをとることになりますので、人間関係のトラブルが発生する可能性があります。
しかしデリヘルの場合店舗がないので、待機するのは自分の家や、決められた場所周辺の喫茶店などになるので、人間関係に煩わされることもありません。

デリヘルで働くデメリット

デリヘルで働くことのデメリットには以下の様なものがあります。

本番強要を自力で断らなくてはいけない

デリヘルは本番禁止ですが、かなり頻繁にお客さんから本番を求められます。

もちろん規則として禁止ですし、お客さんが強引に本番をしようとすればレイプと変わらない犯罪になります。
しかしデリヘルはホテルやお客さんの自宅などでサービスを行うため、いざという時にお店のスタッフの助けを呼ぶことができません。
だからデリヘルで働くのであれば、お客さんから本番を求められた時に自分で断れるようにならなくてはいけません。
本番をするつもりがない女の子にとって面倒なのは、実際に本番をすることによってお客さんからの指名をとっているデリヘル嬢の子も少なくないと言うことです。

そういう女の子がいる以上お客さんは「この子も交渉すれば挿入させてくれるかもしれない」と思ってしまう可能性が高いのです。
中にはお客さんからお金を受け取って本番をする「円盤」と呼ばれる行為をしている女の子もいますが、お店を通さずにお金をお客さんから受け取るのは重大な規則違反なのでお店にバレたら即クビになります。

移動が面倒くさい

デリヘル嬢がお仕事をするのはお客さんが指定するホテルや家などですから、接客の度に移動をしなくてはいけません。

移動はお店が用意してくれている送迎車に乗るだけですが、それでも毎回移動をすることに疲れてしまう方もいます。
また毎回移動時間がかかりますが、時給制ではないためその時間はお金を稼ぐことができないと言うことです。
お客さんが多い店舗型のお店であれば移動時間がない分、無駄な時間なく次々とお客さんに付いて効率的に稼ぐことが出来ますが、デリヘルではどんな人気嬢であっても必ず移動時間の分ロスしてしまうということです。

デリヘルに似ているお仕事との比較

お金 時計デリヘルとの比較として、仕事内容やお給料が近い箱ヘルとソープの特徴を簡単にご紹介します。
デリヘルは自分に合わないと感じる場合にはこれらのお店で働くことを検討してみましょう。

箱ヘル

サービス内容はデリヘルと変わりませんが、店舗でサービスを行うタイプの風俗店でファッションヘルスなどが箱ヘルにあたります。

店舗のフロントでお客さんは写真をみて女の子を選びます。
近くにスタッフがいるためいざという時にすぐに助けが呼べるというメリットがありますが、デリヘルよりも10%程度客単価が低くなります。

ソープ

ソープは日本で唯一本番が許されている風俗で、本番をしなくてはいけないという負担がある代わりに稼げる金額も一番高いと言えます。

まとめ

デリヘル嬢という仕事のメリットとデメリットについてご説明しました。
デリヘルは日本で最も店舗数が多いため選択肢が広く、お給料も風俗店の中でも高い方であるというメリットがあります。
デリヘルのデメリットとしては、いざという時すぐにスタッフの助けを呼ぶことができないため自分の力で自分を守らなくてはいけないということです。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

デリヘル・ホテヘル
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました