飛田新地の嬢はどんな事してる?具体的な仕事内容が知りたい

飛田新地とは

まず最初に飛田新地について紹介します。

飛田新地は、大正時代に大阪に築かれた、日本最大級の旧遊廓です。
赤線や、ちょんの間といった呼ばれ方もあります。
日本各地にこういった場所は少数ながら残っていますが、大阪には飛田新地、松島新地、信太山新地、今里新地、大阪からすぐ近くの兵庫県尼崎市にはかんなみ新地もあります。
その中でも飛田新地は、日本最大級、集客数も多く、女性のルックスレベルも高いエリアです。

これらの新地、旧遊郭は、男性がお金を払って性交をさせてもらう場所で、起源は安土桃山時代まで遡ります。
しかし、現在の日本では、1958年に売春防止法が施行されて以来、性交は禁止とされています。
この法令により、デリへルなどの風俗では本番行為が禁止されているわけです。
しかし、飛田新地では本番行為があります。

飛田新地の仕組み

飛田新地の嬢はどんな事してる?具体的な仕事内容が知りたい飛田新地は現在、飛田料理組合という名目で
活動しています。
いわゆる、料亭というかたちをとっています。

一般的な料亭とは違いますが、営業の仕方としては、ソープと一緒になります。
料亭にお客さんが上がり、女性(仲居さん)が接客をする。
お客さんと女性が恋に落ちる。
お客さんと女性が性交(本番行為)をする。

つまりは自由恋愛、お店は関与していませんといったわけです。
こういった理屈で、本番行為が可能ということになります。
この料亭の部分を風呂屋、仲居さんの部分を湯女に替えたものがソープになります。

飛田新地とソープの違い

飛田新地は、本番行為があるといった点ではソープと一緒ですが、それ以外の違いは多くあります。
まず飛田新地がソープを含む他の風俗と大きく違うのは、現物指名ということです。
他の風俗では、ネットで指名をしたり、店舗の受付で写真を見て指名したり、はたまたフリーもあります。
しかし、飛田新地は玄関に座ってお客さんを待ち、現物を見て指名してもらうのです。

ライトはありますがネットや写真ほどは修正がききません。
パネマジが出来ないということですね。
顔やスタイルはもちろん、愛想や笑顔、髪型、服装、メイクはお客さんの上がりに直結します。
それらは他の風俗でも言えることですが、飛田新地は比重が重いです。

また、玄関に座ってお客さんを待つということで座り方なんかも重要になってくるのです。
そして、他の風俗店でのスタッフは黒服、ボーイさんなのに対し、飛田新地はいわゆるおばちゃんになります。
女の子が座る玄関の横にこのおばちゃんがいて、呼び込みをしてくれます。
この点が特に他の風俗と大きく違うところではないでしょうか。

女の子自体の能力はもちろん、このおばちゃんの能力もお給料に関わってきます。
そして、時間設定も大きく違います。
ソープは短いと45分からもありますが、基本的に60分からが多いです。
一方の飛田新地は15分からの時間設定になります。

この時間設定をメリットと捉えるか、デメリットと捉えるかは女の子次第です。
短時間なのでお風呂の時間もないということになります。
そして単価も大きく違います。
ソープはお店の種類にもよりますが、激安店になると60分10,000円を切っているお店もありますし、格安店、大衆店、中級店は、幅が広いですが、16,000円前後から30,000円前後、高級店は120分で60,000円が相場になります。

料亭一方の飛田新地は、15分で11,000円、20分で16,000円、30分で21,000円、45分で31,000円、60分で41,000円といった価格設定になります。
ちなみに飛田新地はお店の種類ではなく通りによって価格が若干変動します。
青春通り、メイン通り、妖怪通りという呼ばれ方をしていますが、わかりやすく説明すると、一般店と人妻店の違いのような感覚です。
基本的には上記の価格ですが、先に出たおばちゃんによって若干変動するというわけです。

飛田新地の具体的な仕事内容とは

それではいよいよ飛田新地の具体的な仕事内容を説明していきましょう。
出勤したら玄関に座り、お客さんに選んでもらうまで待ちます。
何人か出勤している女の子がいるので、選ばれるまで座るわけでもなく、お店にもよりますが大体10分前後でくるくると交代制です。

選ばれれば、2階に上がって自分の部屋へお客さんを案内します。
ここでお客さんに時間を確認して、直接お金を頂いたら、玄関に降りておばちゃんにお金を渡します。
そして、お盆にお茶とお菓子を乗せて2階の部屋へ戻ります。
料亭といったかたちをとっていますが、実際料理は出しません。

一応のお茶とお菓子ですね。
時間設定も短いので、2階に上がったところからがプレイ開始です。
プレイはまず、お客さんに寝てもらい、アルコール消毒のウェットティッシュなどで体を拭いてスタートします。
そして飛田新地ではプレイ全てがコンドームをつけての接客になります。

原則としてキスもお触りもありません。
早い話が挿入のみ、本番行為のみということなのですが、女の子によっては他風俗のように上半身~下半身へのリップサービスをする場合もあります。
お客さんが勃起したらコンドームを装着し、フェラをしてから、ローションをつけ、本番行為になります。
この場合も、飛田新地は基本的に本番行為のみのサービスなので、フェラを省いても構いません。

ローションをつけて勃起したら、コンドームをつけてそのまま挿入という女の子も少なくありません。
キスやお触りもなしなので、女の子が責められるということも原則ありません。
そもそも他風俗のようにサービス内容が明記されておらず、あくまで自由恋愛というかたちがポイントです。
こういった理由もあり、プレイ内容も他の風俗と違いますね。

そしてプレイが終われば始まりの時と同じように、お客さんの体を綺麗に拭き、飴を渡して終了です。
ちなみにこの飴はお客さんにとって遊んだ合図になるので、帰りがけに他のおばちゃんに呼び込みされなくなるという仕組みになっています。
具体的な仕事内容と流れは以上になります。

肝心のお給料について

お金 時計お客さんから頂く時間単価が高いので、お給料の時間単価は高くなります。
相場としては、15分で5,500円、20分で、8,000円、30分で10,500円、60分で20,500円になります。
また、お客さんのほとんどが20分を選ぶことが多いので、1人当たりの単価としては特別良く感じるわけではありませんが、時間設定が短いので回転率も良いです。
責められることも原則ありませんので、本番行為以外の身体の負担もありません。

しかし、回転が良いということは短時間で10人前後を相手することになりますので、軟膏は必須と言えます。
一日のお給料の相場としては70,000円前後とは言われていますが、それ以上ももちろん可能です。

まとめ

飛田新地について説明してきましたが、具体的な仕事内容などはおわかり頂けたでしょうか。

他の風俗とは違う点が多かったと思います。
飛田新地は全プレイ完全コンドーム着用、キス無しお触りなしということで、原則受け身なし、時間設定が短く、時間単価が高いといったようなメリットがあげられます。
他にあえてあげるなら、雑費がないこと、現物指名なので、飛田新地を歩いている人以外にはバレることがないということではないでしょうか。
デメリットとしては、コンドーム着用とはいえ、シャワーやお風呂がないことを、ソープなどに比べて衛生面が劣っていると捉える場合、接客数が多くなるのである意味身体的負担が大きいといったあたりではないでしょうか。

他の風俗経験者の中には、飛田新地は楽で稼げるという話もあります。
仕事内容を理解して、向いているかもと感じた女の子は大阪という限定された立地ですが、飛田新地という選択肢もあるということを覚えておいてみても良いかもしれませんね。

オススメ風俗求人サイト

当サイトおすすめの優良風俗求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて! Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い風俗求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」! スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の風俗求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

大手・グループ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました