風俗で出稼ぎするために上京したいのですが、資金はいくらくらい?

風俗店で出稼ぎをしようとすると東京が一番です。
しかし、すぐにお店が見つかるとは限らず、当座の生活費や住居を工面する必要があります。

地方都市より物価は高く、家賃も安くありません。
上京して働き始めるまでに一体どの程度の資金が必要なのでしょうか。

どの程度の期間でお店を探しますか?

上京して稼ぐんだと決意をする女性にとって、一番気にすべきことは生活資金です。
稼ぎ始めれば全く問題はないのですが、東京駅に降り立った時は無職でしょう。

中には、既にお店を決めて面接の予定日が指定されている場合もあるでしょう。
それでも、必要最低限の資金は準備しないと、上京の旅費すら捻出できません。
とはいえ、稼ぎ始めれば日払いのお店が多いため、資金的な問題はクリアします。
短期間の資金確保がしっかりできていれば、お店で働き始めてからの生活がグッと楽になります。

1か月あれば十分です

風俗で出稼ぎするために上京したいのですが、資金はいくらくらい?上京前にお店を見つけず、東京に着いてからお店を探そうとする場合、一体どの程度の期間を見込めばいいでしょうか。
女性側の希望にもよりますが、1カ月もあればお店を探すことが可能です。
ネットなどでどのような種類の店舗があるかを探すだけでも、選択肢は非常に多くあります。
ネットの中には風俗店のスカウトマンが運営しているサイトもあります。

そのようなサイトには、初めて風俗店で働く人のために必要な情報がいっぱいです。
自分に合ったお店を探してもらう事もできます。
一念奮起して上京した女性が希望を叶えることができる東京の風俗店は数多くあります。

上京前に見つけることも可能

もし、上京前にこのようなサイトをチェックすれば、上京前にお店を見つけることができます。

この場合、地方からの状況だからと資金や住居の相談をすることも可能です。
お店によっては、ウィークリーマンションを借り上げて女性を住まわせていることもあります。
地方都市から上京する女性にとって、かなり力強い援軍だと言えるのではないでしょうか。
上京前にお店を見つけることができれば、心配なく上京可能です。

お店の中にはグループで運営している店舗もあります。
その場合、面接の際に自分の希望する業態のお店を選択することが可能でしょう。
不安を持って上京するのと、ちょっとしたワクワク感を持って上京するのでは大違いのはずです。

お店が見つかれば資金は最低限

あらかじめお店を見つけて上京すれば、上京後の生活費は最低限で済みます。

上京してからお店を探し始めると、決まるまでは自分の貯金を取り崩しながら生活をすることになります。
貯金をある程度持っている人であっても、そのような生活を続けることは心細いものではないでしょうか。
多くのお店は、地方都市の女性に対し、一時的な資金貸付や住居の提供をしています。
特にデリヘルのお店はこのパターンが多いです。

できる限り、上京前にお店を選ぶことをお勧めします。

最大でも30万程度

カレンダーでは、東京で1か月間暮らそうとしたらどの程度の資金が必要でしょうか。
アパートをきちんと契約し、資金礼金を支払えば家賃自体は10万円以下でも済むでしょう。
しかし、お店で働き始めれば、通勤が便利な場所に引っ越したくなるものです。

そう考えると、ウィークリーマンションのような住居の方がお勧めでしょう。
他の生活費は、地方都市より東京の方が安く上がる可能性があります。
ネットに節約情報が多く載っていますが、そのほとんどは東京の生活を前提にしています。
また、ディスカウント店やドラッグストアーなども多いのです。

ただ、住居費が高いため20万できはきつく、30万円程度は必要でしょう。

ウィークリーマンションは15万

新宿付近のウィークリーマンションの相場は、1か月程度の短期入居であれば10万を超えます。
ただ、家具などは完備されているため、必要最低限の衣類などだけで入居可能です。
また、支払方法がカード決済可能な事もあるため、支払時期を遅らせることができます。

ウィークリーマンションは、賃料だけではなく光熱費との合計で判断する必要があります。
また、契約時に清掃費として2万円程度追加徴収されます。
合計すると15万円程度は必要ではないでしょうか。

生活費は5万程度

風俗で稼ぐためとはいえ、上京するとついつい舞い上がってしまい、遊びに行きたくなるかもしれません。

しかし、その前に仕事を探すことが優先です。
お店が見つかるまでは、生活費もできるだけ切り詰める必要があるでしょう。
その気になれば東京の生活であっても、1か月5万円程度で過ごすことが可能です。
ウィークリーマンションは割高だと言われますが、家具などは揃っておりホテル生活に近いものがあります。

そのため、日用品の購入額が少なくなるのです。
ちょっと羽を伸ばしたり、贅沢をしたりするのは、お店が決まって稼げるようになってからでも遅くはありません。

上京の交通費も必要

お金上京するためには交通費も必要です。
お店が決まっていても、交通費は自分で支払う必要があります。

そのお店で働くことが決まったら、交通費相当額は後で負担してくれるかもしれません。
しかし、とりあえず自分で支払をしなればいけません。
ちなみに札幌から羽田までの航空券は、時期も時間も選ばなければ1万円以下のこともあります。
しかし、現実には1万円を超えるはずです。

ちょっとした支出になるのではないでしょうか。
交通費はカード払いできる事が多いため、必ずしも現金を多額に準備する必要はありません。
ただ、予備費も含めて考えれば、30万円程度の預金は準備しておかないと上京後に困ったことになりかねません。

でも実際にこんなに必要ない事が多い

ただ、風俗で出稼ぎする全ての女性が30万円の資金を準備しているわけではありません。

それは、上京してからお店を決めようとする場合の話です。
実際にはお店を決めている人も多く、川崎の琥珀のようなソープで働こうとするのであれば、既に寮などの準備がしてあることも少なくありません。
風俗で出稼ぎしようとする女性の中には、金銭的な問題を抱えている人も少なくないでしょう。
上京後の資金が必要ないとしても、当座のまとまった資金を確保したいと考えていることもあるはずです。

お店によって違いはありますが、バンズ制度という前貸し制度もあるため、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

前貸制度もあります

風俗のお店では、お金の事情がある女性のために給料の前貸しをしてくれることがあります。
この前貸しは利息支払もないので、上京当初に必要な生活用品購入やアパートの敷金や礼金に充てることもできます。
当然、稼ぎ始めたら給料から差し引かれますが、クレジットカードの限度額にも限度があるため助かるのではないでしょうか。

もっとも、前貸し制度の有無だけを基準にしてお店を決めてしまうと、自分に合わなかったり、稼げなかったりすることもあり得るので注意は必要です。

支度金がもらえることも

東京の風俗店は入店時に祝い金として支度金をもらうことができる場合があります。
先ほど挙げた川崎の琥珀でも入店祝い金キャンペーンをしています。

上京のためにクレジットカードで支払をしている女性も少なくないでしょう。
そんな場合であっても、入店祝い金があれば安心です。
もちろん、祝い金なので返済の必要はありません。
前貸しよりずっと有利なはずです。
地方都市から風俗で稼ごうと上京する際に資金は必要です。

面接まで話が進んでいても、交通費は最低限必要です。
ただ、そこまでしても東京のお店は地方都市の風俗店より稼げます。
思い切って一歩踏み出してみませんか?

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました