探偵を雇われると風俗嬢だった過去はバレる?現役ならわかるけど

過去に風俗嬢として働いていた女性というのは意外に多いものです。
中にはそのような事実を隠し、今では結婚して平穏に暮らしている女性もいるでしょう。

しかし、風俗で働いていた風歴というのは、探偵が調査をすればバレるものです。

過去に風俗嬢だった女性たち

探偵を雇われると風俗嬢だった過去はバレる?現役ならわかるけど短期間で高収入を得られるといったメリットがある一方で、世間体が悪いのが風俗嬢というものです。
確かに一時的には大金を得られるかもしれませんが、風俗嬢であった過去の歴史、いわゆる風歴というのはいつまでも残るものです。

というのも、女性が風俗嬢になる際に、身分証を提示して働くことになるからです。
風俗のお店といっても、営業許可を出している以上、働くにあたって身分証の提示は必須です。
ソープだろうがデリヘルだろうが、身分証を提示して初めて働くことができます。
反対に、もしも身分証の提示を求めないお店があったとしたら、違法なお店である可能性が極めて高いので、働かない方が良いでしょう。

風俗店に身分証を提示すると、その身分証はコピーされ、三年間はコピーを保管することが法律によって義務づけられています。
つまり、どれほど短かったとしても、3年間はお店に在籍していた証拠が残るというわけです。
では、3年が経過すれば身分証のコピーは破棄されるのかというと、それはお店次第になりますので、確実なことは言えません。
このようなコピーが後々になって発覚した場合、様々な影響が元風俗嬢に及びます。

特に現在は風俗とは無縁な環境、例えば結婚してお嫁さんになっている場合、家族に知られることで受ける悪影響は甚大でしょう。
仮に世間に風俗嬢で働いていたことが露見しなかったとしても、もしも過去に勤務していたお店が警察に摘発され、その際に身分証のコピーが押収されると、少なくとも警察には過去に風俗嬢であったことがバレてしまいます。
元風俗嬢の風歴がバレる理由は様々です。
もちろん、必ずしもバレるとは限らず、中には風俗嬢であったことがバレないこともあります。

ただし、もしも現在結婚していて、旦那さんに風俗嬢だったのではないのかと疑われているという場合には注意が必要かもしれません。

風歴がバレる可能性

たとえ過去に風俗で働いたことがあったとしても、ブログやSNSから風俗に関する情報を削除し、自宅からは風俗で使用しそうな衣類や道具を処分し、風俗関係の人たちとの連絡先を全て消去するなど、身近にある風俗関係の情報を全て一掃させてしまえば、風歴がバレるということはそうそうないでしょう。
人の過去の経歴を探るというのは意外に大変です。

特に風歴となると本人はもちろん、その周囲の人たちも自ら話そうとはしないため、一般の人が調べたところでなかなか真実には辿り着けないものです。
しかし、それはあくまで一般人が調査した場合の話です。
これが調べる事のプロ、例えば興信所や探偵ならば話は別です。
興信所や探偵の仕事は調べることです。

もちろん、大がかりな調査には高額の費用が発生するため、依頼人によってはそれほど費用をかけず、全てを把握する前に調査が終了し、最後まで調べられることもなく、風歴がバレないこともあるでしょう。
しかし、それは逆に言えば、費用さえ払ってしまえば探偵や興信所というのは風歴の事実を掴んでしまう確率がかなり高いということです。
探偵や興信所というのは、調査にあたって証拠や証言を取るものです。
噂程度であれば特に気にする必要はないかもしれないですが、はっきりと元風俗嬢であったことを証明されてしまったら、もはや誤魔化すことは不可能でしょう。

探偵探偵というのは調査のプロです。
一旦調べるとなれば、過去の記録や個人情報を徹底的に調べます。
中には風俗嬢として働いていたという事実のみならず、どのようなお客さんと親交があったのかといった、細々とした個人情報や記録まで調べ上げることもあります。
元風俗嬢であったことだけでなく、さらには交友関係、プレイの内容、性病の有無といった個人情報や経歴まで調べられ、それを旦那さんや家族に知られることは、この上なく世間体の悪いことでしょう。

風俗嬢といってもオナクラ嬢ぐらいだったら許してくれるかもしれませんが、流石にソープ嬢やデリヘル嬢ともなるとプレイの内容も濃厚になるため、何も知らなかった家族にはショックが大きいでしょう。
元風俗嬢であった過去の記録がバレることは、そのまま家族関係を見直されたり、さらには家庭崩壊のキッカケにもなります。

警察から風歴がバレる可能性

調査のプロといえば探偵や興信所以外にもあります。
それは警察です。
街の治安を維持する以上、警察の目というのはどこにでもあります。
特に風俗のお店ほどその監視の目は強くなり、風俗嬢の動向はチェックされやすくなります。

もしも女性が風俗嬢になった場合、かなり高い確率でその経歴は警察にバレることになります。
というのも、警察は時折風営法の対象業者のもとへ巡回をし、その際に従業員名簿の提出を求めるからです。
警察に従業員名簿を見せるため、風俗嬢の情報は少なからず警察は掴んでいることになります。
そのため、親や親戚、彼氏や旦那さんが警察関係者ですと、そこから風俗嬢であることがバレるリスクはあります。

では、このような警察が掴んだ情報を通じて、探偵や興信所に元風俗嬢であった過去がバレることはあるのでしょうか?
確かに、警察は風俗嬢の情報を掴んでいるかもしれませんが、その情報を外部に漏らすことはありません。
たとえ興信所や探偵であっても、警察から風歴を掴むことはできません。
個人情報の保護が叫ばれている今の時代、警察が個人情報を漏らすようなことになれば大問題です。

それだけに警察は情報の管理を徹底しているため、警察にバレているからといって、それが理由で家族にバレる心配はあまりないです。
いくら調査のプロといっても調べられる範囲には限度があります。
警察の情報源から調べられることはないでしょう。
ただし、探偵は過去の交友関係や、在籍していた時の証拠や手がかりから風俗で働いていた事実を掴む可能性はありますので、注意が必要です。

もしも風歴がバレてしまった場合

探偵を雇われ、過去の記録を調べられることで、いずれは旦那さんなどに元風俗嬢であった過去がバレてしまうかもしれません。
では、結婚している女性にとって、この風歴というのは致命傷なのでしょうか?
もしも、現在もソープ嬢として働いているというのであれば離婚の原因になるのですが、風俗の仕事をしていたのが結婚する前であれば、必ずしも離婚できるとは限りません。

風俗の仕事というのはエッチなサービスを提供するお仕事です。
このエッチなサービスというのは法律で言うところの不貞行為にあたるため、もしも現在も風俗嬢として働き、旦那さん以外の男と肉体関係にあれば、民法770条を根拠に離婚することができます。
ただし、元風俗嬢の中には今では風俗の世界から足を洗い、旦那さん以外の男性と肉体関係が全くない女性もいます。
そのような場合ですと不貞行為に該当せず、たとえ元風俗嬢だと知らずに結婚したとしても離婚は難しいでしょう。

もしも結婚した相手が実は重大な犯罪をおかした前科者だというのであれば離婚の原因になりますが、過去に風俗嬢であったという風歴だけでは離婚の根拠として裁判所も認めてくれないでしょう。
探偵ただし、現役であれば話は別で、離婚の根拠になります。
探偵に調べられることで、元風俗嬢の経歴がバレる可能性はとても高いです。
ただし、仮にバレたとしてもそれだけでは離婚にはなりません。

未だに現役で風俗の仕事を続けているというのであれば離婚されても文句は言えませんが、完全に止めてしまっているのであれば、離婚についてはそこまで心配する必要はないかもしれません。
ただし、元風俗嬢であったことが世間にバレると、世間体は悪くなり、家庭環境が悪化するかもしれません。
最悪、それが原因でいよいよ離婚されるといったこともあります。
元風俗嬢の過去というのは、いつどのような形で露見するかはわかりません。

いつまでもバレやしないかと怯えてしまうくらいなら、結婚をする前に男性に打ち明けてしまった方が良いかもしれません。
もちろん、具体的にプレイの内容など話す必要はないのですが、風俗嬢であったことを教えておいた方が、後々になってトラブルに見舞われるリスクも減り、安心して結婚生活を送れます。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました