セクキャバでクレームが入らないキスの断り方ってある?

セクキャバで働いている女の子の中には、出来る限りお客さんとキスはしたくないと考えている女性が多いと思います。
セクキャバのサービス内容は非常にラインが曖昧で、どこまでしなくてはいけないのか、何ならしなくても良いのかと言うのはセクキャバ嬢自身のテクニックによって大きく変わります。
だから、絶対にクレームが入らないキスの断り方というものはありません。
でもお客さんのあしらい方が上手な女の子の中にはクレームなしで全くキスをせずに接客している子もいます。

この記事ではセクキャバでクレームをできるだけ入らない様にするキスの断り方についてご紹介します。

セクキャバでは客とのキスは必須なの?

セクキャバでクレームが入らないキスの断り方ってある? (2)セクキャバとは、キャバクラのようにお客さんと一緒にお酒を飲みながら会話を楽しむサービスと、お客さんがセクキャバ嬢の体に触れるなどの性的なサービスが合わさった営業スタイルのお店のことです。
セクキャバと呼び方は地域によってかなり違いがあり、セクシーパブおさわりパブという言い方をすることもあります。

関西では、サロン呼ぶ事もありますが、ピンクサロンとは全く違うので気をつけましょう。
さらにすすきのでは、このようなサービスをするお店のことをキャバクラのとを呼び、おさわりが一切なしの店のことはニュークラブと呼んだりします。
基本的にはキャバクラと同じように夜に営業するのが普通ですが、東京や大阪など繁華街が多い地域であれば昼に営業するお店も増えてきました。
セクキャバはお水や風俗の仕事の中間に位置するようなお仕事で、お客さんを射精する必要はありませんがエッチなサービスはしなくてはいけないし、キャバクラのように会話でお客さんを楽しませる力も必要になります。

風俗の様な過激なサービスをする必要がないと言うのは大きなメリットでもありますが、どれくらいお客様満足させることができるのか、クレームを出さずに上手に接客をして指名を取れるのかと言うのは風俗嬢自身の能力によって大きく左右されます。
セクキャバではキスが必須なのかということについては、ソフトセクキャバなのかハードセクキャバなのかによっても変わってきます。
どちらも同じセクキャバですが、サービスの度合いによって二つに分かれます。

ソフトセクキャバとは

セクキャバの中でも性的なサービスの部分が非常にソフトお店です。
軽いお店であれば、ほとんどお酒を飲むことがメインで、お客さんは服の上から女の子の胸にさわることしか許されていません。
サービスタイムもありますが、お店を暗くして女の子がおっぱいお客さんに見せると言う程度のものです。
ソフトセクキャバは地域によってはイチャキャバという呼ばれ方もします。

ハードセクキャバとは

セクキャバの中でもハードなお店の場合、お客さんが女の子の膣に指入れするところまでオッケーなお店もあります。
ただし、セクキャバは風俗ではなくキャバクラと同じ許可しか風営法で受けておりませんので、女の子がか半身の衣服を脱いでしまうと違法になります。
ハードセクキャバの場合サービスタイムは女の子が脱ぐだけではなく、お客さんは女の子を触り放題というケースが多いようです。

ソフトセクキャバとハードセクキャバにはこのような違いがあり、要するにハードセクキャバの方が性的なサービスの度合いが高いと言うことです。
ソフトセクキャバの中には、お店として「キスなし」と定めているお店もあります。
お客さんをあしらうテクニックにあまり自信がなく、でも絶対にキスはしたくないと言う女の子はそもそも「キスなし」で求人を出しているお店を選ぶのが良いでしょう。
「キスなし」ではないお店の場合、キスをするかどうかはお客さんとセクキャバ嬢の空気次第ということになります。

当然、ハードセクキャバの方がお客さんからキスを求められる機会も増えてきます。
お店としてキスを禁止しているわけではない場合、むしろキスをした方がお客さんの満足度が高まるため、できればキスをするように求められる機会が多いでしょう。
女の子としてもお店が禁止してくれているわけではないので、キスを断る正当な理由はありません。
だから、お客さんとうまく会話をしてキスをしなくてもいいように自分の力で持っていかなくてはいけないのです。

セクキャバで客とのキスを断りたくなる理由

キス女の子は、そもそも特別な理由がなくてもできれば客とキスをしたくないと思います。
それに加えてセクキャバで働いていると、「さすがにこの人とキスをするのはツライ」と感じるような人も来店します。

口臭

不特定多数の男性が来るわけですから、口臭がきつい人もたくさんいます。
ましてやセクキャバにくるタイミングの男性は歯磨きをした直後などではなく、ご飯の後や仕事の後などのですので、口が汚い状態の人も多いのです。

ヘルペス

お客さんの中には明らかに口唇ヘルペスになっている人もいます。

口唇ヘルペスの症状は唇の周りに水泡が出来ていてひどくなると膿のように白いものが出ることがあります。
性病として感染するだけではなく体質的に疲れたりストレスがたまると症状が強くなってしまう人もいます。
もちろん口唇ヘルペスはキスをするとうつる可能性があるので、出来ればキスしたくないところです。

キモいヒゲ

無精髭がある男性とキスをすると肌にチクチクと刺さりとても痛いです。
好きな男性ならともかく、痛い思いをしてまでお客さんとキスをしたくないのは当然と言えます。

キスマーク

これは実際にキスした後になってわかることですが、お客さんが強く吸いすぎてキスマークが残ってしまう体験をしたことがあるセクキャバ嬢はたくさんいます。

セクキャバに来るお客さんは酔っていたり、女の子慣れしてない男性も多く、痕が残るくらい強く吸われることがあるのです。
お客さんにキスマークを残されること自体も非常に大きなストレスとなりますし、しかも彼氏に見られる可能性があるなど別の被害が発生する可能性もあるので、仕事でキスマークをつけられるのは絶対避けたいところです。

セクキャバでクレームが入らないキスの断り方はある?

このようにセクキャバで働いていてお客さんのキスを断りたい場面はたくさんあります。

しかし上でも説明したように、キスなしのお店ではない限りお客さんは当然キスをしたがりますし、女の子がキスを断る正当な理由もありません。
だから、絶対にクレームが入らないキスの断り方というものはありません。
ただし、会話や雰囲気をうまくコントロールできればお客さんからのキスをクレームなしで断れる可能性が高まりますので、そのための方法をご紹介します。

明るく避ける

お客さんからのキスを断る時には、出来る限り冷たい態度に見えないようにしなくてはいけません。
「ヒゲがチクチクするからいや~!」など笑いながら明るい雰囲気で断ることを心がけましょう。

ヘルペス出来ているからと断る

何があっても絶対にキスがしたくない場合の手段として、自分が口唇ヘルペスになっていることにするセクキャバ嬢もいるようです。

ただし、この断り方はお客さんがその気になれば「性病にかかっている女の子を接客につかせるのか」というクレームになるため、使いどころには気をつけましょう。

キスをしないなら他の事を頑張る

セクキャバに来たお客さんは「キスしたい」という目的ではなく、お酒を飲みながら楽しんで少しエッチなこともしたいという目的を持っています。
だから、最終的にクレームにつながるのはキスのあるなしではなく、「どれくらいエッチなサービスを受けることができたか」にということになります。

たとえキスがなかったとしても、エッチな雰囲気を十分に楽しめればクレームをすることはほとんどありません。
絶対にキスが嫌なのであれば、その代わりにお客さんに胸をたくさん触らせたり、ハードセクキャバなのであれば下半身を触らせたり、お客さんをたくさんせめることによって満足させることができます。

キス以外に誘導する

拒否お客さんとの会話を盛り上げて楽しませることができる女の子であれば、キス以外の時間を長く取ってキスを避けることができます。

セクキャバでは風俗のように「最終的に射精をする」というゴールがあるわけではありませんので、接客全体を通して良い雰囲気を作りお客さんを楽しませることができれば、キスは無しでも大丈夫なのです。

指名をたくさんとる

直接お客さんとのキスを避ける方法ではありませんが、結局お店としてはどれほどお客さんからクレームが来ているとしても、その女の子がたくさん指名をとって売上に貢献しているのであれば問題視しません。
指名さえたくさんとっていれば大抵の問題は許されて、快適に働くことができるということは覚えておきましょう。

まとめ

セクキャバでクレームをできるだけ入らない様にするキスの断り方についてご紹介しました。
基本的にセクキャバで絶対にクレームが入らないキスの断り方というものは存在しません。
しかし、キス以外の要素でお客さんを楽しませることができればクレームにつながることがほとんどないので、どうしてもキスがしたくない方はキス以外の会話やテクニックを磨いてお客さんを満足させる努力をしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました