車待機のデリヘルってきつい?疲れそうだけどメリットもある?

風俗の中で、デリヘルは最もメジャーなサービスといっても相違ないでしょう。
というのも、デリヘルは風営法に引っかからずに唯一開店できる「無店舗型」の風俗店で、今なお数を増やしているからです。
さて、そんなデリヘル店ですが、働く女性にとって大きな問題になることの1つが、待機場所。
デリヘル店の待機場所はお店にとって様々で、待機場所としてマンションなどの一室を利用しているケースもあれば、ドライバーの車で待機する、いわゆる車待機もあります。

よく、車待機はきついといわれていますが、それはなぜなのでしょうか。
その理由を含めて、デリヘルの待機場所についてまとめていきたいと思います。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

かなり疲れる?車待機についてのまとめ

車待機のデリヘルってきつい?疲れそうだけどメリットもある?ほとんどのデリヘルは、待機場所を用意しています。
しかし、ごくたまに待機場所を用意せずに店舗所属のドライバーの車に待機をするという形を採用している店舗もあるようです。
この待機方法は俗に「車待機」と呼ばれ、働いている女の子のほうからはあまり歓迎されていないようです。
というのも、この待機方法、かなり疲れると言われています。

なぜなら、狭い空間にドライバーと2人、ないしは同僚の女性と数人で待機するわけですから、人と関わるのが苦手という人にはかなりストレスになるようです。
車自体がどこに待機するのかはまちまちのようですが、ほとんどの場合はオーナーのマンションの近くに待機する場合が多くなっています。
そうなると、車特有の問題も出てくるとか。
まず、超時間同じ体勢で座り続けるため、体や腰が痛くなったりします。

他にも運転席で運転手が寝てしまうと、トイレに行こうとしたときにいきづらいですし、食事なども落ち着いて食べられません。
お店やドライバーの方針によってまちまちのようですが、エアコンがついていないと、当然夏は暑く、冬は寒くなります。
寒いのは毛布などを持ち込んでなんとかするとしても、暑いのは化粧が落ちてしまいますし、とても困りますよね。
もちろん、これらのデメリットは車待機が長引く場合のことです。

暇がないほど指名が入り続ければ、車待機のデメリットを感じることもありませんし、暑い寒いを感じることもないでしょう。
ただ、それはよほどの人気嬢でもない限り不可能でしょうし、なかなか難しいことだと思います。
ここまでは車待機のデメリットを述べてきました。
では、車待機のメリットはないのでしょうか。

もちろん、存在しています。
それは、車待機をすると、気楽だということです。
待機所を設けているお店では、ほとんどの場合、ほかの女の子と鉢合わせすることになります。
女同士、それもいわば職業上のライバルが同じ部屋に複数人居合わせるのですから、当然色々な面倒が起こります。

いつの間にか派閥が形成され、気がついたら自分が排斥される側だった、なんて話もよく聞きます。
そこまで露骨でなくとも、女同士の関係を「面倒くさい」と感じる人も多いのではないでしょうか。
車待機はほかに女の子が乗っていてもドライバーと一緒だったり、同乗人数が少なかったりするため、そういった意味では気楽なのです。
出来るだけたくさんの人と顔を合わせたくない、という人には大きなメリットかもしれませんね。

ほかの待機方法のメリットデメリットは?

車 中車待機のメリットデメリットは以上です。
では、ほかの待機方法はどうなのでしょうか。
1つずつ取り上げてメリットデメリットを紹介していきたいと思います。

まず、もっともポピュラーな待機方法である待機所での集団待機の場合。
この場合は、ほかのたくさんの女性と目を合わせることになるのが一番のデメリットといえるかもしれません。
上記の通り、派閥争いや女同士の関係が面倒くさいという人にとっては嫌な空間かもしれませんね。
一方のメリットですが、生活空間が安定しているところが一番のメリットでしょうか。

集団待機の待機部屋には通常の生活をするための生活用品が一通り揃っており、待機している間はゆっくりくつろぐことが出来ます。
また、ドライバーが待機所の近くで待機しているため、歩く距離が少なくて済むというのもひとつのメリットといえます。
また、社交的な人であれば、ここで友達をたくさん作ることも出来るでしょう。
もちろん、そううまくいかない場合もありますが、もし友達を作ることが出来れば、精神的にストレスの溜まりやすいデリヘルという仕事も、ある程度楽しめるのではないでしょうか。

事務所と一体型の待機所の場合は、常にスタッフや社長がデスクにいるので、露骨な派閥争いといったものはないと思われますが、店舗スタッフと一緒にいることがストレスという場合もあるでしょうし、そのあたりはトレードオフといったところでしょうか。
高級店や財力のある店舗であれば、フロアの一室を貸しきって、個室待機を採用している場合もあります。
この場合はほとんど別の女の子と顔あわせをすることがないですし、個室ですから好きに寛ぐことが出来るため、かなりよい環境のように思えるかもしれません。
しかし、個室待機といっても仕切りなどで簡単に大広間を区切ったものの場合が多く、ソープやファッションヘルスの個室待機のように、本当の意味での「個室」というわけではありません。

なので、隣の生活音は普通に聞こえてきますし、自分の出す音も隣にほぼ丸聞こえです。
また、待機所よりも当然一部屋一部屋が狭くなるので、体を伸ばしきれない人も出てくるかもしれません。
たくさんの女の子が同じ場所で待機するので、トイレが混んでしまうことが多いのもデメリットとしてあげることができます。
最近多くなっている自宅待機の場合はどうでしょうか。

普段自分が使っている生活空間で、指名やフリーが入ってくるまで待つのですから、一見、最も気軽な待機方法であるように思えます。
しかしながら、自宅待機は物理的に事務所から距離がある場合は許可されていない場合があるのです。
ほとんどの場合、出番が来たらドライバーが事務所から自宅に迎えに来て、そのままお客さんの指定したホテルもしくは自宅へ、というパターンが多い為、事務所から女の子の自宅の距離があると、お客さんを待たせることになってしまうからです。
加えて、自宅待機はお店に自宅を知られてしまうというデメリットもあります。

自分の家をお店に知られたくないという人もいるのでしょうし、そうではないという人も、知られる、ということは意識しておいた方がいいかもしれません。

待機方法はどれも一長一短!そのまとめ

天秤以上、デリヘルの待機方法についてのまとめでした。
様々な方法がありますが、どれも一長一短だということがわかったのではないでしょうか。

ただ、注意したいのは必ずしも求人内容などに書かれた待機方法をずっとするわけではない、ということです。
例えば、集団待機と書かれていても、次々指名が入るようであれば次々と車に乗って移動するため、結果として車待機になることもあります。
車待機は食事を取る時間も短くなってしまいますし、肝心の食事もコンビニ弁当で済ませてしまう、という人も多いのではないでしょうか。
そういった食生活は美容の大敵ですし、出来るだけ避けたいところですが、忙しいときはどうしようもないこともあるでしょう。

待機場所の問題はかなりデリケートで、きちんと届出を出していなければ違法になる場合もあります。
そのため、待機場所について尋ねるのは少し気が引けるかもしれませんが、自分の働きやすい環境を作れるよう、しっかりと聞くところは聞いておきたいところです。
また、自宅待機の場合はドライバーを使わず、自走でお客さんのところに行けば○円バックが高い、というサービスがあったりもします。
少しでも多くお金を稼ぎたいという人は、そうしたことも含めて、一度事業者に尋ねてみてもいいかもしれませんね。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

デリヘル・ホテヘル
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました