デリヘルを自宅に呼ぶのはキモ客が多くない?片づけとか大変だし。

デリヘル嬢にとって、客の自宅に行くのはちょっと勇気がいります。
どんな相手かわかりませんし、男性の一人暮らしは不潔なキモイ客というイメージもあるでしょう。

しかし、客の立場からすれば自宅に来てくれる方が便利です。
気に入られればリピーターですよ。

緊張します

とはいえ、見ず知らずの男性の自宅に二人きりになることは恐怖としか言いようがないのも事実です。

何度か指名を受けて相手の素性がわかっていれば、自宅に行っても怖くはないでしょう。
しかし、初めて指名するデリヘル嬢に自宅に来て欲しいというのは相手のことを全く考えていないとも言えます。
また、そのような客に限って部屋が汚かったり、コップが汚れていたりして、うがいもできないという悲劇的な事態になりがちです。
仕込みローションをどうするかとか、ごみの処理とかを考えると緊張するだけではなく、気が重くなりますよね。

怖い

怖い 女性玄関に入ると、嫌な臭いがすることがあります。
それだけなら我慢すればいいのですが、たまに靴が何足も出ていることがあります。
男性が一人ではなく、何人もいるのではないかと不安に思う事もあるでしょう。

デリヘルはいざという時にすぐ助けてくれる人はいません。
電話をすれば男性スタッフが来てくれますが、まさか玄関前に待機してもらう事もできません。
百戦錬磨のデリヘル嬢であっても、お客さんの自宅へ行くのは結構怖いと言われることが多いようです。
まして、経験が多くないデリヘル嬢にとって、お客さんの自宅に行くことは不安がいっぱいです。

デリヘル側も入店後しばらくは自宅主張をNGとしてくれることがあります。

不潔

年配者が自宅へデリヘル嬢を呼ぶ際には、自宅の衛生状態も気にかかります。
キモイ客が多いというだけではなく、室内にゴミが散らかっていたり、汚かったりすることが少なくありません。

最悪の場合、室内にダニがいてアレルギーの女性の場合は、体に湿疹ができてしまうこともあります。
このような客に限って態度が大きく、お金を払っているのだから文句を言うなという態度を取ったりします。
下手をすると、ちょっと片づけてくれと言い出すキモイ客もいるため腹が立つこともあります。
また、タオルは自分で持って行きますが、シーツなどは自宅の物を利用するしかありません。

シーツが汚れていたりすると気分は最悪になるでしょう。

片付けが大変

お客さんの自宅へ行く際、一番の問題は後片付けではないでしょうか。
自分が持って行ったタオルとかは別として、ゴミも回収しなければいけません。

仕込みローションの容器も持ち帰る必要があります。
ホテルならティッシュなどはゴミ箱に捨てればいいのですが、自宅の場合回収の必要があります。
キモイ客の中には、デリヘル嬢の吐き出したティッシュを喜んで触ったりすることもあります。
自分は見ていないからいいものの、考えるだけでゾッとしますよね。

そう考えると、ゴミの一つでもすべて回収したいものです。

お客が増えます

怖い 女性こんなネガティブな要素が多い自宅出張ですが、メリットがないわけではありません。
客の立場からすると、自宅に来てくれる方が楽なことは確かです。

ホテルに一人で入店して女性を待つのは抵抗があります。
それより、自宅でサービスを受けたほうがいいです。
自宅に来てくれるデリヘル嬢は人気が高いです。
最初から自宅出張が絶対NGという女性は、最初から指名しない男性も少なくありません。

最初はホテルに呼び、気に入ったら2回目から自宅に呼びたいと言うわけです。
キモイ客でなければ自宅へ出張しても問題はないでしょうから、ちょっとしたお願いだけして2回目以降の指名を待つのも悪くはないでしょう。

自宅希望の客は多い

男性の立場からすると、自宅のベットで女性からサービスを受けると本当に恋人気分になります。

独身男性にとって、恋人と自宅で過ごすのは一つの憧れです。
自宅に来てくれるデリヘル嬢はそんな夢をかなえてくれる存在と言えます。
確かにキモイ客もいますが、自宅で恋人気分になりたいという男性客はデリヘル嬢に気を使ってくれます。
このようなお客さんは、自宅に新しいタオルを準備していたり、飲み物やちょっとしたお菓子などを準備していたりしてデリヘル嬢が恐縮してしまう事もある程です。

ホテルに抵抗がある男性

男性にとってファッションホテルに一人で入るのは抵抗があります。
また、デリヘルの料金は安くないので、それにホテル代までプラスされるのは抵抗があることも少なくありません。
ホテルまで行くなら箱ヘルでもいいじゃないかと思う男性も多いです。

もちろん箱ヘルのプレイルームは狭いので、大きな部屋があるファッションホテルの方がゆったりしています。
また、出張の際にビジネスホテルにデリヘル嬢を呼ぶのも悪くありません。
とはいえ、男性客がファッションホテルで待つのは、デリヘル嬢が考えている以上の負担を男性に強いていることも事実です。

キモイ客ばかりではない

最近の風俗サイトは、デリヘル特集が多くなりました。
その中には、デリヘル嬢を自宅に呼ぶ際の記事も少なくありません。
そこにはケチケチしないとか部屋をきれいにするとか、女性に嫌がられないコツが載っています。
男性側もデリヘル嬢を自宅に呼ぶ際にはドキドキしています。

部屋の中の温度をちょっと上げて寒くないように気を使ったり、部屋を掃除したりしていることが少なくありません。
タオルはデリヘル嬢が準備するものの、紙コップをいくつか準備することで、女性が気持ちよくサービスを提供できると紹介している記事もあります。
必ずしもキモイ客ばかりではないことは知っておいたほうがいいでしょう。

指名につながる自宅出張

自宅出張を望む男性客が多いことはお分かりになったことでしょう。
男性客を掴むために自宅主張は大きな武器になります。
最初から自宅に行くのではなく、一度ホテルなどでサービスをして、相手の素性を判断してから自宅出張をOKしてもいいのではないでしょうか。
男性客も、最初から自宅に女性を呼ぶのは抵抗がある場合が少なくありません。

一度相手をしてもらった女性であれば抵抗なく自宅に呼ぶことができます。
デリヘル嬢も自分の指名獲得につながるので悪い話ではないはずです。

稼げます

線グラフデリヘル嬢にとって効率的に稼ぐ手段はリピーターの確保です。

自分を気に入ってくれる男性客が多いほど効率的に稼ぐことができます。
そのことは、デリヘルにとってもメリットがありますから、積極的に自分をアピールしてくれるでしょう。
そのためには、あまり制約を作ることは望ましくありません。
リスクを限りなく少なくしつつ、男性客の要望に応えることが指名獲得の道ではないでしょうか。

自宅出張NGのデリヘル嬢が多い中、OKの女性は男性客の指名を受ける可能性が高くなります。
結果として稼ぐことができるわけです。

リピーターを作る手段にしませんか?

このように人気が上がることで人気が出てリピーターを確保する手段になります。

安心して自宅に行けるリピーター客が増えれば、自分も自宅出張のノウハウが身に付きます。
そのことが自宅出張に対する抵抗感を少なくして、自然と氏名が増えていくことになるでしょう。
発想を転換して自宅出張をリピーター作りの手段にしませんか?

まとめ

デリヘル嬢にとって、男性客の自宅に行くことは抵抗があります。
怖い人ではないかとか、不潔で汚いのではないかとか、ネガティブなイメージが多いでしょう。
デリヘルも女性の希望は聞いてくれるので、自宅出張をNGとすることは可能です。
しかし、それでは稼ぐ機会を失うことにもなりかねません。

場合によってはOKというような表示をしてもらえば、リピーター限定で自宅出張ということが可能になります。
稼ぐ機会が増えますから、自宅出張を一つのチャンスととらえてみてはいかかでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました