AVや風俗のスカウトは危険?法的にはアウトだけど…

街を歩いていたら、声をかけてくるめんどくさいスカウトマン。
モデル・AV女優出演・風俗デビューなどにならないかと話しを矢継ぎ早にしていきますが、この行為は実は違法になります。
プロダクション事務所に所属している・していないフリーに関わらず、スカウトマンは全員逮捕されてもおかしくない行為なのです。
スカウトマンは、会社所属かフリーかは別にして人材紹介業のようなことを路上でしてはいけないのです。
仕事の紹介ができるのは国から許可を取っている企業のみで、代表的なところで言えばハローワークです。

だから4.5年前の迷惑防止条例で、声かけを取り締まるようになったのです。
ここ数年、スカウトマンは街角で声かけができなくなったので、ネットにサイトを開設して女性を募集していることころも多くあります。
スカウトマンは危険なのでしょうか?実際はどうなのか見ていきましょう。

風俗スカウトマンは何してくれるのか

スカウトマンの仕事は?

スーツ 男性AV女優・風俗嬢を集めるために、スカウトマンが街で声をかける行為は迷惑防止条例で違法になりますが、しかし、いまでも一切かわらずしています。
スカウトマンは、女性の耳に良い言葉を巧に使って声をかけるようになるのです。
「スタイルがいいですね。モデルプロダクションに所属している〇〇ですが、どうですモデルになってみませんか?あなたなら〇〇さんのように絶対人気がでると思います」というように、女性の頭のなかに「スタイル抜群・モデル・〇〇・人気」という言葉を残していくのです。
ここで、すぐにプロダクション事務所に連れて行くようなことはしません。
スカウトマンの目的は、声をかけて女性との連絡先を入手することになります。

街角で声をかける以外では、SNSを使ってスカウト情報を掲示板にのせて、女性から連絡先を入手していくのです。
ただ、直接接触するよりも女性の情報入手の確率は低くなります。
直接、顔をあわせて話しをするよりSNSでは信用が低くなるので、多く情報発信したとしても、連絡先の情報入手は難しいのです。

なんとか女性の連絡先が入手できたところで、女性との会話で希望している条件の職種・待遇・勤務地を考慮してAVプロダクション・風俗店・モデル事務所を選んでいくことになるのです。
女性の希望する内容が現実的でない場合は、スカウトマンから女性にあった仕事を提案して調整をしていくことになります。
あわせて、プロダクション・風俗店などと交渉していくようになります。
女性の条件に合致するところを探していくようになるのです。

候補が複数上がれば、女性に連絡してスカウトマンと一緒にプロダクション・風俗店に行って面接をするようになります。
詳細条件を交渉して採用されれば、そのまま働くことになります。
あなたにあった仕事を紹介してくれるのも、あなたの手間を考えると効率がよくありがたいことになりますが、それよりもプロダクション・風俗店との条件の交渉が一番ありがたいことになります。
はじめてであれば、何をどのように聞けばいいのかわからないものですが、あなたにとっていい待遇になるように交渉してくれるようになるのです。
その後は、紹介先での仕事はうまくいっているのかフォローしていくようになります。
紹介先の仕事をやめることになったら別のプロダクション・風俗店を探すようにするのです。
スカウトマンと信頼関係が構築できていると、長い期間付き合っていくようになります。

スカウトマンにはどんなメリットがあるのか?

Okスカウトマンは、女性と連絡先を交換する・女性にあった仕事を探す・プロダクションや風俗店と交渉・女性と面接で交渉というようなステップで進むようになるのです。
これは、SNSか直接声をかけたかは別にして同様の流れであなたをサポートしていくようになるのです。
ここまでするスカウトマンに、何もメリットがなくボランティアですることはありません。
あなたが所属したプロダクション・風俗店から、紹介手数料をもらうことになります。
本来プロダクション・風俗店は、広告をだして女性を集めるために経費を使うようになります。
その経費を使わなくてもスカウトマンがいい人材を紹介してくれるのです。
その対価として紹介手数料を支払うようになるのです。

この紹介手数料は、プロダクション・風俗店との契約によって、最初に紹介手数料を1回の場合もあれば、あなたが働いていて稼いでいる金額に対して、バックされる2つのパターンがあります。
稼いだ金額に対してバックされる契約の場合は、スカウトマンとしては長く勤めてもらうためサポートを継続してするようになります。

紹介された風俗嬢、AV女優にとってはどうなの?

メリット

プロダクション・風俗店選びは、知識がないあなたが選ぶ必要はなく、プロとしてあなたを客観的に評価して、あなたにベストなところを選んでくれます。
あなたの希望条件にできるだけ近い内容のところになるよう、話し合って調整してくれるようになります。
これから勤めるところに、待遇面の交渉をはっきりと聞けないものですが、スカウトマンが間に入ってすべて交渉してくれるようになります。
求人サイトだけの情報ではなく、業界の裏情報・新情報も知っているので、安心して紹介してもらえます。
求人サイトに記載されているキャッチーな言葉だけで騙されることはありません。
紹介先に所属した後もサポートしてもらえ、トラブルがあれば間に入って調整してもらえます。

デメリット

スカウトマンも仕事でしているので、紹介先との交渉において契約事項があります。
あなたの希望条件に沿うために1年は働いてくださいとか条件があります。
簡単に「やーめた」ではいけません。
※勤務条件については、あなたが良くないようを聞いて時間をかけて判断しないといけません。

あなたのスペックによっては、希望条件でない仕事内容になることがあります。
※あなたが嫌だったら断るようにしてください。
後から嫌だというような子供のようなことを言っても、ビジネスとして進めているので通用しません。
スカウトマンに継続して稼ぎから紹介料がバックされるので、あなたの取り分が少なくなる。
※ここは契約内容になるので、スカウトマンに事前に確認しないといけないです。
例えば、風俗店であれば、お客さんのサービス料金の約50%があなたにバックされて雑費を差し引かれて、あなたの収入になります。
残りの50%は風俗店の取り分になります。
通常風俗店取り分の50%から紹介手数料がバックされるようになっているはずです。
もし、これがあなたの取り分50%から何%かバックするようになっていれば、あなたの取り分が少なくなるということです。

ここは、曖昧にすることなく最初の段階で確認して、もしあなたの稼ぎからバックされるようになっていたら、スカウトマンとの契約を破棄するようにしてください。
法的になんの問題もありません。
風俗店側がスカウトマンを優先するようだったら、風俗店も辞めればいいだけです。

書類契約違反で損害賠償とか言ってきても無視すればいいのです。
個人情報を公開する・親に連絡するなどか言ってきたら、即警察にスカウトマンと風俗店経営者に脅迫されていると言えば、すべてが解決されることになります。
スカウトマンでも悪質な人もいるので、注意が必要になります。
だれが、いいのかはわかりません。
スカウトマンはきちんと交渉していたとしても、風俗店側がいい加減なことをする場合もあります。
良いスカウトマンであっても、途中から悪人になる人もいます。
スカウトマンと風俗店がグルになっていることもあります。

スカウトマンをたてるにしても、ネットで調査をして予備知識を持ってからスタートするほうがいいでしょう。

まとめ

スカウトマンだから、丸投げしていたら安心・安全ということはない。
スカウトマンの仕事内容を理解して、スカウトマンの人となりをチェックして、気を抜かず交渉することがポイントです。
ご参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました