M性感で働く風俗嬢が悩むことは何?道具の使い方とか?

風俗のジャンルの中の、比較的よく見かけるキーワードのひとつに「M性感」というものがあります。
風俗ジャンルの有名どころとしては、「ソープ」、「ヘルス」、「イメクラ」、「ピンサロ」などが王道ですが、それらと比較すると、ややマニアックな響きがあるM性感は、他にはないユニークな特徴があります。
M性感で働くにあたって、風俗嬢が悩むことはあるのかないのか、他のジャンルでは使わないような道具の使用などはあるのか、そのあたりを紹介していきます。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

根強い人気を誇るM性感

SM系プレイが発端

SmそもそもM性感というジャンルは、大昔(といっても昭和の時代くらい)には、存在はしていても、今ほど手軽に楽しめるジャンルではなかったようです。
歴史上でいいますと、18世紀頃の貴族で、小説家でもあったマルキ・ド・サドという名のフランス人がいわゆる「SM」の元祖ともいえる人物で、彼の作品に暴力的な描写と性的な興奮を組み合わせたものが多かったことから、その名をとって「サディズム」という言葉ができたようです。
これに対して19世紀のオーストリアの作家であるザッヘル・マゾッホは、サドとは逆に、身体的精神的苦痛を受けることで、性的に快楽を覚えるという嗜好を生み出した人物として知られていて、いわゆるMの語源となっています。

SMプレイができるお店

こういった背景で「SM」という言葉ができたのですが、その後日本にもその概念が伝わり、1979年には、SMの嗜好に特化したエロ本の一種である「SMスナイパー」が創刊されています(現在でもウェブサイトが開設されていて、SM趣味の人達でにぎわっているようです。
この雑誌は、昨今の出版業界不況の中、なんと2016年に復刊しています)。
それからピンサロに変わって、ヘルスが一大勢力となっていく1980年代から90年代の時代を経て、ヘルスの亜流として「性感マッサージ」、別名「M性感」なるヘルスの一種が流行るようになっていきます。
これが、ここで取り上げているM性感の原点なのですが、通常のヘルスやピンサロ、ソープなどと比較すると、Mな人向け、つまり「(お客さん側の)受け身重視」であることが特徴としてあげられます。
本格的なSMプレイができるお店も存在していますが、M性感は、M嗜好を持った男性客が中心となっている、といえます。

特殊なテクニックが必要?

通常のヘルスとは違って、かなりユニークな立ち位置に位置づけられるM性感ですが、働き手である女性側目線で見てみると、メリットも結構あります。
まずプレイの内容が受け身、女性目線でいうと「とにかく攻め一本やりで、一切触られることがない」というプレイ内容が中心である、ということです。
風俗という業種や仕事は、本質的に「女性が男性が攻められる」といったプレイやシチュエーションが多いのですが、M性感は逆パターンである、ということです。
SMクラブだと「攻めつつ攻められつつ」という、攻守入れ替わりも発生するのですが、M性感はそもそも「攻めることがサービス」なので、こういった業態が成り立つわけです。
しかしその分、かなり特殊なテクニックが要求されます。

Mな欲求を満たすためのテクニック

M性感の女性の悩みどころ

M, アルファベットお客さんを攻めることが中心の仕事になりますので、働く女性の体の負担は、他のジャンルで働くことと比較すると「軽い」、という見方もできますが、その分、「本格的な攻め自体が仕事」になりますので、それ相応のテクニックが必要になってきます。
ヘルスの場合だと、お客さんの攻め(お店によって許容される内容は違ってきますが、概ねキスやタッチをはじめとして、体に直接触られる内容です)が中心となって、いわゆるマグロ状態、つまり「(マナー的なところは別としても)業務的なスキルを身に着けておく必要」は、それほど多くは問われません。
しかし、M性感は、攻めるためのさまざまなスキルを身に着けておく必要があります。
いくつかご紹介しますと、まずは「言葉攻め」です。
これは、文字通り「お客さんにいやらしい内容を話しかける」ことによって成り立つプレイなのですが、通常のヘルスやピンサロだと、こういった内容のサービスは要求されません。
言葉による攻めが苦手な人もいるでしょうから、ある意味「人を選ぶプレイである」、ともいえます。

パウダーやローションを使うことも標準

また、「道具」という観点でも、普通のヘルスとはかなり異なります。
イメクラやコスプレヘルスなどでは、コスチュームやシチュエーションプレイ、場合によってはそれなりのセリフなどを要求される程度で、それほど「道具を使うこと」が要求されることはありませんが、SM系ともなると、衣装はいわゆるボンデージ(革やビニール、ゴムなどでできた、体にぴったりとくっつくようなSMプレイ独特の衣装。
目につけるマスクやニーハイのブーツなどとセットで着用を要求される場合が多いようです)、女王様的な高圧的なセリフを話したり、鞭やろうそくを使うなど、小道具の活用が要求されるのです。
M性感ではここまではいきませんが、それでもパウダーやローションは、ほぼ必須で使いこなさなければなりません(パウダーは、赤ちゃんに使うベビーパウダーやシッカロールのようなもので、かつて「天花粉」と呼ばれていたものです。
ローションは、いわゆる「ラブオイル」というもので、料理などに使う油ではありません。
体に触れたときの滑りをよくしたり、体温を伝えたりするのに使われます)。

独特のテクニックのための講習もおこなわれる

ローションさらに、パウダーやローションをただ認識するだけでは当然不足していて、これらを使いこなすためのテクニックも要求されます。
パウダーのほうは、横たわっているお客さんの体にまぶして、触れるか触れないか程度の感覚で(「さわさわと」触る、という感じです)全身に広げたり、オイルだと、洗面器などで人肌に温めたり、お客さんに不快感を与えないように、かつ快感を永く保つことができるように、「いろいろな部位をうまく触る」、という特殊なテクニックが要求されます。
これはスキルがなければなかなか難しいものなので、M性感のお店の多くは、インストラクターを置いて、講習や教育等をおこなっているようなところもあるようです。
こういったテクニックを身につけたうえで、先ほどお話した「言葉攻め」や「シチュエーションプレイ」を組み合わせたり、場合によってはそれなりのトークを要求されたりもするため、一般的な風俗ジャンルよりも、サービスレベルといいますか、やや専門性が高いところは、M性感ならではの特徴です。

まとめ

M性感という風俗ジャンルは、普通のソープやピンサロ、ヘルスなどとは違い、ローションやパウダーの使い方はもちろんのこと、通常のヘルスでは要求されない「言葉攻め」や、完全に受け身の男性客に対するマッサージ的なサービスなど、見ようによってはかなり高い専門性が問われる内容になります。
その一方で、からだが資本の風俗嬢にとっては大きなメリットともなりうる「(高額のオプションサービスが設定されているような場合を除いて)ほとんどのお店で、嬢へのお触りが禁止されている」という基本的なサービス設定が、M性感にはなされています。
これらを踏まえて「どうするか?」というところは考えものではありますが、考えようによっては「風俗ではないマッサージやアロマテラピー的なお仕事」に応用できるメリットを含めて、一考の価値はありそうです。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

SM・M性感
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました