キャバクラで指名客の最終目的ってセックスする事ですか?

キャバクラに来店するお客さんの目的は何でしょうか。
アフターにキャバ嬢の身体目当てかもしれません。
男性ですから、指名するほど気に入った女性とセックスしたいのは当然でしょう。
それに応じて男女の関係にするかどうかの判断基準はあるのでしょうか。

貴女の決断です

男性客がキャバクラで女性を指名する際、必ず身体を見ています。
実際にセックスに持ち込むかどうかは別として、目が行くことは間違いありません。
キャバクラで働くことは、服を着て相手を誘惑することなのです。
ただ、そのまま相手の欲望を簡単に満たしたら意味がありません。
そんなことをするなら、最初から競争の厳しいキャバクラではなく、ソープランドで働いた方が効率よく稼げるでしょう。
しかし、お店から厳しいノルマを課されると、お客さんに何らかのお願いをしなければいけま
ん。
お客さんの中には気安く受けてくれる男性も多いでしょうが、見返りを求める男性も少なくありません。

ノルマ

チェックリストキャバクラは女性に対してノルマを課します。
指名客数、同伴出勤回数、ドリンクの数…と様々です。
これらのノルマを達成しないと自分の給料に跳ね返ります。
逆に易々と達成できるランカー嬢は、悠々自適の生活をしているのです。
ノルマを達成できないからと慌てて男性客に指名のお願いや同伴のお誘いをしても簡単に応じてもらえません。
一度のノルマを達成するため、自分の身体を明け渡すことも珍しくないのがこの業界です。
そこでノルマを無理やり達成することを優先するか、未達のペナルティを甘んじて受けるか、そこは貴女の判断です。

来店回数が多ければ…

この場合、来店回数が多く、自分のことをソコソコ指名してくれる男性なら仕方ないと割り切れるかもしれません。
同伴出勤は、相手に負担を掛けますから、なおさら「見返り」が必要です。
指名客の男性はセックスのチャンスが目の前にチラチラすれば、ほぼ間違いなく指名も同伴も応じてくれるでしょう。
ただ、食い逃げを防ぐために「目的達成」までは、お預けさせる必要があります。
もっとも、男性客が裏切られると仕返しも怖いです。
表面上は「いいよいいよ」と言っていても、同伴のドタキャンなどで「江戸の敵を長崎で討たれる」ことになりかねません。
約束は厳守です。

セックスが誘客手段でいいの?

ただ、ノルマ達成とはいえ、セックスが誘客手段になってしまっていいのでしょうか。
それなら最初からソープランドで働いた方が効率的でしょう。
実際にそのような理由でキャバ嬢がソープ嬢に「転職」することは少なくありません。
接客は上手なので、高級ソープに採用される可能性が高く稼げます。
もっとも、キャバクラ嬢の全てが身体を明け渡す「枕営業」をしているわけではありません。
長い付き合いをしてくれる男性客は、指名している女性とセックス経験がない事が多いです。
どうしてでしょうか。

身体目当てのお客はすぐ飽きる

女性 セクシーキャバクラ嬢を指名する目的がセックスという男性は、目的が達成されると次の女性を探します。
そのような目的で指名し続けている男性客は、貴女自身ではなく、貴女の身体をいつも見ています。
そして、一度目的を達成したら、次の目的をロックオンします。
つまり、身体目当てのお客は飽きるのも早いのです。

目的達成で浮気開始

一度セックスをしたキャバクラ嬢は、無意識のうちに相手の男性に対する「要求」が高くなります。
指名や同伴が足らなければ、一度セックスしたお客さんを頼りがちです。
再度セックスできるかもしれないと期待するお客さんは最初のうちは気安く応じるでしょう。
しかし「お預け」の期間が長いと嫌になって離れます。
そのような「遊び方」をする男性は、面倒なことになる前に女性を変えてしまいます。
自分の奥さんや彼女は簡単に取り換えできません。
しかし、キャバクラ嬢の指名は簡単に変更できます。
一度、自分の身体を明け渡したら、すぐに浮気される可能性があるのです。

相手の目的を最大限利用しよう

セックスをエサにして営業をする方法が悪いわけではありません。
ただ、簡単に目的を達成されてしまうと、それっきりになる可能性があります。
身体目当てであれば、その目的を最大限に使う事も一つの手段でしょう。
もっとも、あまり「お預け」をし続けると、お客さんは離れていきます。
それどころか投稿サイトに悪い評判を書き込みされかねません。
何事も頃合いが大切です。
男性は女性とセックスをしたいのは一つの本能です。
自分の横に座った男性客の股間がもっこりしているのをチラ見したことがあるキャバクラ嬢は少なくないでしょう。

最終目的を簡単に達成させてはいけない

このような男性の目的を最大限に利用し、長く続かせることは大切です。
しかし、簡単に達成させてもいけません。
セックス目的の男性客は、一度体を明け渡したら、もうそれっきりになるかもしれないと思うべきです。
もし、次回以降の指名も獲得できたらラッキーだと思えばいいでしょう。
ただ、日頃の接客がうまくできていれば、次回以降も途切れることなく指名されるでしょう。
セックスは一つの目的のことが多いです。
セックスだけを目当てにして来店し、1人の女性を指名し続ける男性は多くありません。

男性客の目的は店外デート

恋愛キャバクラに来店する男性客は、ただ単にお店で騒ぎたかったり、お気に入りの女性と話したかったりする事も少なくありません。
ただ、キャバクラのランカー嬢は他の男性客からも指名がかかるため、必ずしもずっと自分の横にしてくれるわけではありません。
そんな女性を自分だけのものにする手段として同伴出勤があります。
自分と一緒に食事をしてから出勤するのですが、他の指名客より優先して相手をしてもらえます。
必ずしもセックスだけが指名客の目的ではないのです。

同伴を喜ぶ男性

同伴出勤はキャバクラ嬢の悩みの種であることが多いです。
ノルマを課されるものの、お客さんに金銭的な負担をかけてしまいます。
ただ、お客さんが自分のことを気に入ってくれれば、同伴出勤に喜んで応じてくれます。
同伴出勤の相手に苦労しないようになれば、そのキャバクラ嬢はセックスを営業の手段とする必要はありません。
相手への心遣いをして、気持ちいい時間を過ごすようにさせてあげれば、再度指名してもらえるものです。

セックスを警戒する男性

男性客の中には女性からの「枕営業」の気配を察知すると警戒して指名するのをやめてしまうことがあります。
ズブズブの関係になることを警戒しているのです。
自分の気に入った女性ですから誘われて悪い気がするわけがありません。
しかし、自分から誘ってくる女性は他の男性客にも同様に誘っていると思われます。
男性客の視点からすれば「興ざめ」してしまうでしょう。
営業のために誘うのは結構ですが、相手の見極めは確実にすることをお勧めします。

指名と同伴を増やすのが王道か?

キャバクラ嬢として成績を維持するためには、指名と同伴を両立させるのがベストだと言えそうです。
確かに指名客の目的はセックスだからとギリギリまで引き延ばしてから応じてあげるのも一つの方法でしょう。
ただ、そんなことをしなくても営業成績は維持できます。
枕営業をしているキャバクラ嬢の多くは成績があまり良くありません。
成績がいい女性もいますが、ソープランドに転職した方がもっと稼げるでしょう。
まずは指名数を増やす努力をすることが大切です。

まとめ

キャバクラのランカー嬢には二つのパターンがあります。
ひとつは「枕営業」を盛んにすることで指名を勝ち取るパターンです。
来店回数によって「ランク」を付け、一定回数をクリアしたらアフターで一夜を共にするのです。

もう一つは絶対に身体は明け渡さないパターンです。
アフターに付き合ってもそれ以上は発展させません。
指名や同伴で実績を積み上げるのです。

どちらの女性になりたいですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました