風俗のお客さんがストーカーに!仕事終わりに待ち伏せされたら

風俗嬢をしていると、自分の人気は収入増加につながります。
お客さんに気に入ってもらう事は大切と言えます。
しかし、気に入られ過ぎるのも問題です。
お客さんがストーカーになってしまい、待ち伏せされたりすることもあります。
すぐにお店に相談しましょう。

ひょっとしたら・・・

お店の仕事が終わり、ホッとする退店後。
道を歩いているとどこかで見たような人。
お客さんかなと思っていると、どうも自分を尾行しているようです。
そんな経験ありませんか?
そんな予感がしたら、すぐにお店に電話をしてください。
出来れば一度お店に引き返したほうがいいです。
その日は、自宅までお店の人に送ってもらう事が必要かもしれません。
その男性はストーカーの可能性があります。
自宅などを知られると、かなり面倒なことになります。
内緒にしている風俗店の事が家族などにバレることになりかねません。

すぐに対応しましょう

警察リピーターの男性客は自分の収入アップにつながります。
大変ありがたい存在ですが、そんな男性客がひょっとしたら突然ストーカーになるかもしれません。
ストーカー行為は犯罪です。
もし、そのような行動をする男性客がいたら、トラブル防止のためにも早期の対処が必要です。
相手がいいお客さんだからとためらっていてはいけません。
危ないと思ったら、すぐに対応することが一番です。
被害に遭ってからでは遅く、少しでも早い対応をすることが危険を遠ざけます。

プライベートな話は厳禁

このようにストーカー被害に遭いそうになったら、すぐに対応することが必要です。
しかし、ストーカー被害に遭わないようにすることも大切でしょう。
お客さんとの会話で、自分のプライベートなことを言わないようにすることは必須です。
昼職がある人は勤務先を言うことはないでしょうが、仕事内容を話してしまいがちです。
お客さんとの会話をスムーズにするために必要ですが、具体的過ぎる仕事内容は相手に「ヒント」を与えます。
風俗嬢の仕事は男性客に対して「恋愛体験」をしてもらうものです。
しかし「体験」と「現実」を混同してしまう男性も少なくありません。
警戒を解いてはいけないのです。

最大の対策は予防

ストーカー被害は、一度遭ってしまうと根本的な対処が難しいです。
ニュースなどでご存知の通り、警察などが警告などをしてもストーカーをする男性にとっては効果がありません。
警察も自分の被害届だけに対応する余裕はないのです。
そのため、ストーカー被害に遭わないように日頃から心がけることが大切です。
ストーカー被害の最高の対策は予防と言えます。
例えば、店外デートをしつこく誘う常連客はストーカーになる可能性があります。
リピーターの男性客が多くなると、そのようなお客さんがたまにいるものです。
すぐにお店に連絡する必要はありませんが、しつこいようなら出入り禁止にしてもらう事も大切でしょう。

ストーカーされたら

では、不幸にもストーカーされてしまったらどうすればいいのでしょうか。
尾行されているかもしれないと言う場合は、先ほど述べた通り、すぐにお店に戻ることをお勧めします。
自宅などを知られると厄介なことになります。
また、待ち伏せなどをされたら「偶然かな」と思うのではなく「ストーカーかも」と思う警戒心も必要でしょう。

本当に偶然かもしれません。
お客さんと通勤経路などが一緒の可能性もあります。
それならば、通勤経路を変えてみましょう。
二度と会う事がなければ「偶然」でしょう。
しかし、再度会うようならストーカーの可能性が高いです。

警察や弁護士に相談しましょう

弁護士ストーカーの可能性があったら、まずお店に相談することが大切です。
その上で、警察や弁護士さんへの相談も必要でしょう。
大手風俗店などのように組織がしっかりしていれば、このような際にすぐ警察への通報や弁護士さんへの連絡をしてくれます。
自分で警察に連絡してくれと言われたり、お客さんだから大目に見てよと言われたりしたら、そのお店はすぐにやめた方がいいでしょう。

自分だけで解決しようとしてはいけません

ストーカーへの対応として一番避けるべきことは、自分で解決しようとすることです。
待ち伏せする男性に「やめてください」とはっきり言う女性もいますが、逆切れされると危ないでしょう。
もし、自分が尾行されているかもと思ったら、すぐにお店に連絡するか、近くの交番に助けを求めるという対応が必要です。
女性と男性では、女性は力負けすることが多いでしょう。
下手に自分で解決しようとして強姦などの被害に遭う事も考えられます。
危険な相手に自分一人で立ち向かうような無謀なことは避けるべきです。

事件になってからでは遅すぎます

ストーカーの加害者である男性は、往々にして相手の女性が自分に好意を持っていると誤解しています。
この誤解がストーカー行為を助長するのです。
自分に好意を持っているから、尾行したって問題はない、警察の警告など関係ない、と思い込むのです。
そうして、自分の思い通りにならないと自暴自棄になり犯罪行為に発展します。
最悪の場合、自分の体が傷つくだけではなく、内緒にしている風俗店勤務もバレてしまうのです。
せっかく風俗嬢として稼ごうとしているのに、これでは意味がありません。

ストーカー被害を避けるために

風俗の仕事をしている以上、ストーカー被害に遭いやすいことは事実です。
また、ランカー嬢として「売れている」女性ほど、ストーカー被害に遭いやすいことも事実でしょう。
風俗嬢として「優れている」ことは、同時に相手を誤解させストーカーにさせる要因を持っているからです。
では、どうすればいいのでしょうか。

駐車場は要注意

自動車好きのお客さんが来ると、自分の車の話をすることがあります。
しかし、具体的な車種や色をいうことは危険です。
案外知られていませんが、自動車のナンバーから自分の住所がわかります。
陸運局に行けば、少額の手数料で誰でも車検証の内容を照会できるのです。
風俗嬢の駐車場は、通常は男性客の駐車場と別にしてあります。
しかし、お店から遠い場所ではないことも事実です。
車種と色を特定されれば、周囲の駐車場をちょっと探すだけで特定できることが少なくありません。
ストーカーでなくても、興味本位で自分の住所を特定されたくないでしょう。

写メ日記も気を付けよう

お店からも積極的に更新するように言われる写メ日記も、場合によってはストーカー被害の原因になります。
プライベートなことを書きすぎる風俗嬢も少なくないためです。
行きつけのカフェやファーストフード店を書き込んでしまったばかりに、昼職の仕事先を特定されてしまったケースもあります。
この場合、昼職の会社には絶対内緒にしたいため、ストーカー被害に遭った場合の対応が非常に難しいです。
天気の話やお客さんへのお礼程度にしたほうがいいでしょう。
読んでいるお客さんも、毎日更新されているだけでうれしいのです。

指名が多すぎるお客に気を付けよう

Choice指名してくれる「お得意さん」は嬉しいものです。
しかし、指名が多すぎるお客さんはちょうと警戒が必要でしょう。
自分のことを気に入ってくれていることは間違いありません。
ただ、ストーカーになる要因も高いのです。
毎回通っていて、自分のことを温かく迎えてくれるのだから、自分のことを気に入っていると誤解しているかもしれません。
こんな「誤解」もストーカーの第一歩です。

まとめ

リピーターとストーカーは紙一重と言われます。
待ち伏せされたら、自分の大切なお客さんでも黙っていてはいけません。
ストーカーの被害は、一つ間違うと犯罪被害につながります。
また、ストーカーをする男性の目的は脅迫かもしれません。
自宅や勤務先を知られることを避けたいことから相手の要求に応じたくなるかもしれません。
しかし、ストーカーになった男性はもうお客さんではありません。
お店に連絡するとともに、自分でも警察や弁護士さんに相談する勇気が必要です。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました