キャバクラで働くことは親に言ってる?理解してくれてる?

キャバクラで働くと親に言えば、まず反対されます。
しかし、公務員の女性もこっそりキャパ嬢やクラブのホステスとして水商売のバイトをすることがあります。
ホストクラブのお金や、会社の給料が安いからと事情はあるでしょうが、バレないように稼ぎましょう。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

親は理解してくれません

キャバクラという店舗に対するイメージはあまりよくありません。
居酒屋だったら問題は起きにくいのですが、店のイメージや客層が良くないという意識があるのでしょう。

かなり誤解があるような気もしますし、居酒屋も似たようなものです。
しかし、多くの親が持つイメージを簡単に変えることはできません。
そのためキャバクラで働こうとする際には、下手に親を説得したり理解させたりすることはお勧めしません。

風俗嬢とは違うのですが、内緒にすることを強くお勧めします。

身勝手な父親

父親「うちのパパだってキャバクラ行ってるんじゃないの?」と思う女性も少なくないでしょう。
実際にキャバ嬢をしている女性なら、自分の父親の年代が多く来店し、奇声を上げている光景も見ているでしょう。
しかし、そんな父親の多くは「娘はここで働かせたくない」と思っています。
自分はストレス発散のためにキャバクラで遊んでいるのですが、自分の娘をストレス発散の対象にしたくはないものです。

そんなの身勝手じゃないかと思われるかもしれません。
でも、それが現実です。
キャバ嬢をしていることがバレた際に嘆くのは母親より父親です。
母親は「変なバイトして」と怒る程度でしょう。
とりあえず風俗嬢ではないためです。
しかし、父親は風俗嬢もキャバ嬢も一緒です。
裸になるかならないかの違いとしか思っていません。

無理解な母親

とはいえ、母親がキャバ嬢をしていることに理解を示してくれるということはありません。
母親の年代になると、娘の結婚のことを冷静に考えます。
キャバ嬢経験がある女性にいい縁談など来ません。
結婚後にバレても家庭騒動の原因です。
結果として「すぐやめなさい」と強制退職です。
しかも、キャバクラに実際に乗り込んで、本当に退職させたかを確認することも少なくありません。
父親がハートの部分で嘆いているのに対し、母親は冷静に女性の本能で判断します。

コッソリ働くことがお勧め

キャバクラに対する親の認識はこの態度のモノです。
絶対理解などしてくれません。
そのため、こっそり働くことが必須です。
特に母親の中には、自分の知り合いなどキャバクラで働いていた経験者がいることがあります。
最近は「熟女キャバクラ」もあるため、キャバ嬢の範囲は広いです。

しかし、そのような女性の多くは、何らかの問題を抱えています。
同じ女性として「関わり合いたくない」人も少なくないようです。
自分の娘をそんな環境で働かせることは絶対できないと思うでしょう。
キャバクラで働くなら、親バレは厳禁です。

どうして居酒屋はいいの?

質問これに対し、居酒屋のバイトは親にも理解されやすいバイトです。
どこが違うのかといわれるかもしれません。
居酒屋はチェーン店で大手だから大丈夫だと言われるかもしれません。
しかし、キャバクラやクラブも同じで、どちらかといえば大手のチェーン店の方が多いです。
ただ、親世代の持っているイメージは居酒屋とキャバクラでは雲泥の差があります。
居酒屋は父親だけでなく、母親もママ友などと利用していることがあるでしょう。
最近はランチ営業をしていることがありますから、身近な存在ではないでしょうか。

「それならママも一度熟女キャバクラで・・・」なんてことは間違っても言ってはいけません。
一生埋めがたい溝ができかねません。
黙っていたほうがいいのです。

仕事内容が違う

居酒屋とキャバクラでは仕事内容が違います。
居酒屋はファミレス同様にテーブルまでお酒や料理を運ぶだけです。
しかし、キャバクラはお客さんの隣に座って会話をしたり、お酒を注いだりします。
仕事内容が全然違います。
ただ、最近は「居酒屋」もいろいろな種類があります。
通常はハッピのような制服が多いのですが、レオタードや水着が「制服」のことがあります。
また、お客さんの横に座って話をするような居酒屋もたまにあるのです。

キャバクラのイメージはよくない

先ほど述べた通り、親世代が持つキャバクラのイメージは非常に悪いです。
母親によっては、父親がキャバクラに行くだけで激怒することもあります。
若い女性とイチャイチャしているイメージがあるからでしょう。
実際にそのようなお店ですから、父親も文句の言いようがありません。
最近増加している熟女キャバクラも話は同じです。
女性の年齢層が違うだけで、水商売であることに変わりはありません。
親が反対するのは当然です。

居酒屋は安心ではないのですが…

では、居酒屋なら大丈夫かと言えは、先ほど述べた通り安心とも言い切れません。
キャバクラやクラブのバイトは親がうるさいからと、時給のいい居酒屋に応募し、「制服」を見てびっくりすることも少なくありません。
このような「居酒屋」で働き、親がネットなどでどんな店か調べるとビックリされます。
とはいえ、居酒屋だと言えば、親はとりあえず安心でしょう。

風俗店も水商売もコッソリがお勧め

このように水商売のキャバクラで働くことは親には絶対内緒にすることが必要です。
また、公務員や会社勤めの女性のように昼職のある場合は、勤務先にも内緒にしなければいけません。
ただ、風俗店よりオープンな店舗ですから、完全に自分の存在を隠すことは難しいです。
もちろん、メイクで顔をごまかすことができないわけではありません。
しかし、何事も限度があります。
キャバクラのような店舗は、いつ誰が来店するかわかりません。
自分では気が付かなくても「あれっ?」と思われることも少なくないのです。
親や昼職の会社にバレる原因は、案外こんなところにあります。

副業禁止

禁止 マーク昼職の会社などは副業禁止のことがほとんどです。
バレたら職務規定違反で解雇も覚悟しなければいけません。
先ほど述べた通り、キャバクラは店舗内がオープンで、来店客がすべての女性の顔を見ることができるようになっています。
これに対し、風俗店は外部にバレないように気を遣っていることが多いです。
副業のキャバクラ勤めはお勧めできません。

親バレは強制退職

先ほど述べた通り、キャバ嬢をしていることが親にバレると一発で辞めさせられます。
キャバ嬢をしていると、ある日突然同僚の女性が来なくなり、連絡が取れなくなったと言う経験を持つこともあるでしょう。
その多くは親か職場にバレたケースです。
場合によっては自宅内に軟禁され、外出もさせてもらえない事もあります。
仕事に行く際は、親が会社玄関まで同行し、退社時には一緒に帰ってくるのです。
キャバクラのバイトを二度とさせないため鉄壁の監視体制を敷かれてしまいます。

目立たないように

キャバクラに限りませんが、水商売や風俗嬢のような「稼げる」仕事を始めると、生活が無意識のうちに派手になります。
周囲の人から浮いたようなブランドバッグなどを持っていると目立つのは当然です。
水商売や風俗店のバイトがバレる原因として、こんなこともあるのです。
仕事を目立たないようにコッソリすることは当然大切でしょう。
しかし、同時に目立たないように生活を続けることも大切なのです。

まとめ

キャバクラと風俗店は大きな違いがあります。
しかし、親から見れば大差ありません。
父親の中にはキャバクラ経験者も少なくないはずで、どんなお店かも知っているでしょう。
だからこそ、娘を働かせたいと思う父親はまずいないのです。
キャバクラも居酒屋も似たようなものですが、どういうわけか居酒屋は理解してもらえるようです。
最近はいろいろな「居酒屋」があるんですけどね。
キャバクラで働く際には「居酒屋でバイトをする」と言っておいたほうが堅いでしょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

キャバクラ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました