風俗嬢が昼職できない理由は昼職の給料が低すぎると感じるから?

風俗で長年働き出すと、中々抜けれなくなるという話は有名です。
元々は短期間だけのはずが、給料が多いためそれに合わせた生活水準になってしまい、昼の仕事の給料では生活していけないと嘆く女性がいます。
風俗嬢が昼職できない理由について調べてみました。

学歴と職歴がない

学歴がない事が理由でまともな昼職に就けない女性がいます。

アルバイトやパートとして働く事はできますが、風俗での収入とはかなりの差があり、稼げません。
そのため長続きせず結局風俗に戻ってしまう事があります。

派遣社員などで工場で働きはじめる女性もいますが、仕事がきつく内容を覚えるのにも苦労してしまい、すぐに辞めたいと感じてしまうそうです。
女性が工場で働く場合の時給は800円〜900円、深夜手当がついても1,000円〜1,125円です。
風俗での時給を思い出したらやってられないと感じてしまいます。

職歴もないと、安定した企業や会社での採用は難しいです。
若い頃から風俗で働きはじめたため、履歴書に今まで経験した仕事を書く事ができません。
間違ってでも経歴に風俗と書いてしまうとそれだけでマイナス評価です。

風俗以外の仕事で高収入な仕事がない

パソコン オフィス一度高収入の仕事を経験してしまったら、安い給料で働くのには嫌になります。
風俗で働いていた時の生活水準を下げるのは難しく、昼職を探す時も高収入な仕事を探すようになります。
当然ながらそんないい仕事が見つかる訳もなく、ズルズルと風俗の仕事を続けてしまいます。
仮に割りと収入の多い仕事に就けたとしても、仕事内容が大変だったりで頑張る事ができず、また風俗に戻ってしまいます。

30代40代は昼食に就いても風俗に戻ってくる確率が高い

30代40代になると中途採用してくれる企業がさらに少なくなります。
仕事の内容を選ばなければ色々な職に就けるのですが、長年風俗を続けていると収入も多く、割りと自由な生活ができた風俗が恋しくなります。
昼職の仕事でトラブルや嫌な事があったら逃げるように風俗の仕事に戻ってしまいます。
風俗では30代40代でも、まだまだ現役で活躍できる場があるので、一生の仕事として風俗に専念する女性もいます。

昼職の時間帯がきつい

風俗業は基本的に夜の仕事になっています。
そのため体のリズムも夜型になっています。
長年風俗を続けていた場合は特に昼の時間に戻すのに苦労してしまいます。
昼職の仕事をはじめたのはいいけど、朝起きるのが苦痛で、仕事中も頭がぼーっとしてしまいやる気もでてきません。
昼職の時間帯に合わせるのが困難で、また風俗の仕事に戻ってしまう事もあります。
慣れるまでは大変ですが、一度リズムが戻れば昼職の仕事も楽に感じるはずです。

不真面目な女性が多い

風俗で働く女性には根が不真面目な女性が多いです。
風俗の仕事も真面目に出勤する時もありますが、体調や気分が乗らない日は当欠してしまいがちです。
しかし昼職は少々熱があっても出勤するのが普通である風潮があります。
気分が乗らないから休むというのは風俗では通用しますが、社会ではまったく通用しません。
風俗の仕事は女性を考慮して少し甘くなっています。
それに慣れてしまっているので、昼職の厳しさについて行けず、根を上げてしまい結局風俗に戻ってしまいます。
不真面目な女性は昼職の仕事中も勤務態度が悪く、職場の人たちから敬遠されがちになります。
自分はそんな不真面目なつもりはなくても周りの評価は厳しかったりします。
その視線に耐えるのが慣れない内はツライので昼職の仕事を辞めたいと感じてしまう事もあります。

風俗上がりは、介護師になるパターンが多い

介護民間の調査機関の発表によると、風俗から足を洗った女性が就く仕事No,1に介護師が多いようです。
その理由は介護では人の体に直接触る仕事が多く、汚物の片付けなど慣れない内は苦痛に感じる仕事も元風俗上は平気でこなすようです。
仕事柄、人の素肌に触る事に慣れているので、介護師の仕事が向いている女性が多いようです。
しかし、介護師は仕事のハードさに見合わない低賃金として有名です。
介護に必要な資格やスキルを取得する事で賃金を上げる事ができるので、そのために勉強をする元風俗嬢たちがいます。

風俗を辞めるにはまず昼職との掛け持ち

風俗をいきなり辞めてしまうと収入面でとても苦労します。
仕事を辞める前に、次の仕事先を探しておくのが理想です。
さらに言えば、昼職と風俗の仕事を掛け持ちする事で風俗から楽に足を洗う事ができます。
掛け持ちは大変ですが、昼職の仕事をする事で徐々に仕事と生活リズムにも慣れ、昼職の仕事に慣れる頃には風俗の仕事を辞めてもなんとかやっていけます。
掛け持ちは大変ですが、風俗の仕事を辞めれば昼職の仕事に専念する事ができます。
片方の負担が取れたので、掛け持ちしていた頃よりは仕事も楽に感じるはずです。

昼職との掛け持ちのメリット

Ok昼職と掛け持ちする事で風俗から楽に足を洗える以外にもメリットがあります。
それは2つの仕事の給料を得られる事です。
昼職をメインに仕事をして月に15万円を稼いだとして週に1、2回風俗で1時間働きます。
時給は5,000円として考えてみます。
週に5,000〜10,000円=月20,000円〜40,000円
昼職の給料15万円と合わせると17万円〜19万円の収入を得る事ができます。
風俗の仕事をメインにし、昼職の仕事を少なくした場合はもっと多くなりますが、昼職に復帰するつもりなら、徐々に風俗の仕事を減らし、昼職の仕事の時間を増やしていきましょう。

昼職の仕事を派遣社員として働きはじめた場合、勤務態度が良く長い期間勤めていれば正社員に雇用される事も少なくありません。
正社員になればボーナスも年2回あるので年収も大きく跳ね上がります。

昼職との掛け持ちのデメリット

昼職との掛け持ちにはメリットばかりではありません。
当然デメリットもあります。
まず昼職の仕事をはじめると、風俗の出勤時間も昼職に合わせる事になります。
勤め先の状況に応じて残業や休日出勤もあったりするので、風俗で働く時間が少なくなります。
昼職と風俗合わせて30万円稼ぎたい場合は、緻密なスケジュール管理が必要になります。

さらにもう一つ、昼職と風俗の仕事を掛け持ちするのは肉体的、精神的にかなりの負担がかかります。
そのため体調を崩しやすくなり、病気になってしまうと両方の仕事を休むはめになってしまいます。
そうならないためにも体調管理には今まで以上の気をつけなければいけません。

まとめ

風俗嬢が昼職できない理由は、給料や生活リズムがネックになっています。
風俗と同じくらいの収入を昼職で稼ぐ事は難しく、生活の水準を下げる事も難しいので昼職の仕事に就いたとしてもすぐに辞めてしまう女性が多いです。
風俗嬢で昼職で働く職業で最も多いのは介護師だと言われています。
風俗と介護の仕事には似通った部分もあるので、難なく働く事ができるようです。
しかし介護師の給料はかなり低いので、収入を上げるためには介護の資格やスキルを取得する必要があります。

風俗嬢が風俗の仕事を辞めて昼職に就くには、それなりの目標ややる気がないと難しいようです。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました