吉原の高級ソープは稼げますか?客入りのいい店はどこ?

「風俗業界の王様」との異名を持つソープランドは、お客さん向けに設定されている価格帯別に、一般的に「格安店(大衆店とも呼ばれています)」、「中級店」、「高級店」といったランク付けがなされています。
また、ソープランドは「ソープ」と短く称されることが多く、関東圏においては、なんといっても吉原が全国的に有名です。
高い知名度を誇る吉原では、格安店から高級店まで、数多くのお店が営業しています。
吉原の高級店には「稼げる」、「繁盛している優良店がたくさんある」とのイメージがありますが、実際のところどのような状況なのでしょうか。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

ソープランドが「風俗の王様」である理由

ソープ
スチームサウナが設置されていた

風俗店とは、一般的に「女性従業員が男性客に性的なサービスをおこなうお店」のことを指しますが、なかでもソープは、本番まで含めたサービスがあるということで、数ある風俗ジャンルの中でも「風俗の王様」という地位を誇っています。
日本では、1950年代には既にソープとしての営業形態が存在していた、といわれていますが、もともとはスチームサウナを備えた個室で、現代のサウナやホテルなどで見られるマッサージをおこなう(着衣の女性がマッサージサービスをおこなうが、性的なサービスはなし、とのことです)形態だったようですが、次第に性的なサービスをおこなうところも増えて、現在の業態をソープと呼ぶに至っています。

昔はトルコという名称だった

今でこそ「ソープランド」、「ソープ」という呼び名が定着していますが、この業態は1980年頃までは、「トルコ風呂」と呼ばれていました。
1950年代に日本のソープ第一号店が誕生した際に、スチームサウナを備え、あかすりサービスをおこなっていた中東の公衆浴場をモデルにしていたことから、当時の中東の代表的なイメージである「トルコ」の名称がつけられたようです。
しかし1984年頃、性的サービスをおこなう業態に、自国の国名がつけられていることに憤慨したトルコの留学生(東京大学に在籍していました)が、当時の厚生省に対して名称変更を訴えたことがきっかけとなって、現在のソープランドという呼称に変更されました(トルコ風呂の改称には、小池百合子氏も関係していたようです)。

今も高級店のイメージを守る吉原

ラグジュアリー
日本随一のソープ街

ソープランドは減少傾向にある、といわれて久しい昨今ですが、それでも日本全国に今でも1000店以上は営業しているといわれています。
店舗数が多い地域はやはり関東であり、東京都にはおよそ200店舗ほどソープランドが存在している、といわれています。
東京都のなかでも台東区にある吉原には、およそ140店舗ほど営業しているといいますから、全国的にみても、日本随一のソープ街といっても過言ではありません。
その吉原、1980年以降のバブルの時代には、当時の景気に呼応する形で、高級店がひしめいていました。
その後景気の減退や、風俗店の営業許可の厳格化などもあって、店舗数自体がが減少していく中で、高級店も少しずつ減少していきました。
今では(当時との比較では)かなり高級店が減ってしまっている印象ですが、それでもしっかり当時の高級店のイメージを守り続けているお店も、まだまだ健在です。
むしろバブル時代の、派手な看板や、やや過剰なネオンなどが影を潜め、今風のスタイリッシュな高級感を演出しているようなお店が目立ちます。

娯楽に求めるニーズが変化した?

高級店が減少してきた原因として、景気の減退も確かにありますが、現在の日本の男性の「娯楽に求めるニーズ自体の変化」もあるようです。
このため、かつては分不相応な高級外車で吉原に乗り付けるような風景をよく見られ、富裕層のお客さんなのかどうかの判断が難しいところもあったのですが、現在ではそういったユーザーは減少し、車種も高級外車ではなくミニバンなどが見られることが多くなりましたし、高級店にはむしろ本当の富裕層のユーザーが集中するようになった、とも考えられます。
高級店の店舗名の例としては、「夕月」「特別室」「ティアラ」などが有名で、風俗の紹介ページでも人気を集めているようです。

採用基準も価格設定も高めの高級店

採用
高いマナーが求められる

数は少なくなったものの、ターゲットユーザーを富裕層としている高級店は、(お客さん側から見た時の)価格設定は当然非高級店よりも高めですが、その分採用基準もかなり高めにしているケースも少なくないようです。
富裕層のお客さんは、芸能人や政治家、起業家など、経済的に余裕がある場合が多いことから、自身が紳士的にふるまうだけではなく、女性に対しても常識的なマナーや、それ以上の期待を持っていることが考えられます。
また、価格設定も高めであるだけに、お店が設定しているサービスレベルも、基本的に格安店や中級店よりも高くしていると考えてよいでしょう。
このため採用の際にも、非高級店と比較すると、容姿やマナーレベル、年齢も厳しめに判定されることが多いようです(もちろん若いだけでは採用されるとは限りません)。
また高級店の場合、芸能事務所などと同様に、目の肥えたスカウトマンが、条件に合致していそうな女性をスカウトすることも高い頻度でおこなわれています。
この理由は、求人を広く公募した場合に、ソープ店の中でも飛びぬけて高い報酬予定額を見た女性からの応募が殺到してしまうからのようです。

メリットばかりではない?

こうした敷居の高い採用基準をクリアして働くことができた場合、吉原の高級店の場合には、お客さんは富裕層を中心に、全国から来店することになるため、非高級店よりも相当高い報酬が期待できそうです。
このように考えてみると、吉原の高級店は、(働く女性からすると)メリットばかりが目についてしまうのですが、実はデメリットも存在しています。
まず、プレイ時間が長いことがあります。
これは、サービスの提供において、お客さん側から見てせわしないものではなく、ゆっくりとくつろげることが前提になるからです。
また、若い女性であっても、お辞儀の仕方や挨拶の仕方、富裕層を飽きさせないようなトーク力など、礼儀作法や接客マナーについて、かなり厳しく管理されることが想定されます。
もうひとつ、高級店ならではのサービスのひとつとして、「NS」というものがあります。
これは、ノースキンの略であり、文字どおり「コンドームなしのプレイ」になります(「NN」とも呼ばれていますが、「生中出し」の略になります)。
高級店の場合、非高級店では味わえないような「究極の性の悦び」を求めて、お客さんがお金を惜しまずやってくるわけですから、(サービスとして提供するのが妥当か否かはさておき)高級店に求められるニーズとしては、十分に考えられます。
しかし、働く女性側の目線で考えた場合、病気をはじめ、リスクがないとはいえないサービスです。
すべての高級店が備えているサービスではないものの、NNやNSの有無については、注意が必要です。

まとめ

概要
吉原の高級店の場合、採用基準はやや高めですが、地域のブランド力と全国区の店舗名の知名度や、高いサービスレベルの提供を武器に、全国からのネット鳴り(ホームページなどからの問い合わせや氏名が殺到すること)を見込め、大きな報酬が期待できます。
しかし、NSやNNをはじめ、一般企業かそれ以上の接客力や、若さや容姿などの高い要求レベルの維持など、リスクやハードルも、非高級店よりも高めになっています。
このあたり、しっかり考えてアプローチしていく必要がありそうです。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

ソープランド
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました